• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大人になっても安心はしないで!遅延型アレルギーにご用心

Date:2012.10.24

seafood

花粉症というコトバは20年くらい前にはありませんでした。アレルギー性鼻炎と言っていました。世の中にはまだ、アレルギー性鼻炎の人が少なくて、「鼻づまり」と言って、いじめられていた子どももいました。

現在では、アトピー性皮膚炎に対する日本人の理解も高まって、アトピー性皮膚炎の人も、いじめられなくなって、いい時代になったと思います。

アレルギーが生まれる場所

アレルギーは、もともと、生まれた時から人のDNAに情報として記憶されていると言われています。最近、桃を食べると、口の周りが荒れるという人が増えましたが、桃が持っている酵素の成分が肌に合わないのです。

そして、そういう症状が、桃に限らず、アスパラ、きのこ、レタス…いろんな食材にまで広がっています。蕎麦や小麦やタマゴなど、まだメジャーなほうです。

メジャーなアレルギーは、世間の理解も得られますが、マイナーな食材のアレルギーを持つ人は、精神的にも、大きな苦痛をしいられます。

全員アレルギーだと思いましょう

アレルギー反応を引き起こす人が増えたのは、食品に毒素が入っているからだとも言われています。毒素……強烈なコトバですが、たとえば、野菜に残っている残留農薬。あるいは、お弁当やパンに含まれる防腐剤。水道水に含まれる残留塩素などです。

お弁当やパンには、小麦アレルギーやタマゴアレルギーの方に気をつかって、いろんな但し書きがパッケージに書かれていますが、防腐剤に対する注意書きは書かれていません。

メーカーも、天然のわざびから抽出した防腐剤を使用するなど、人体への影響が少なくなるように配慮していますが、なかなか、100%影響が出ないようにはなっていないのが現状です。

だから、自衛手段として、デトックスがはやります。半身浴や岩盤浴などで汗を流すことは、デトックスしやすいカラダになるので、とてもいいことです。半身浴をしながら、たくさんお水を飲めば、体内から毒素が排出されやすくなります。

肝臓をいたわろう

もっとも、デトックスとは、肝臓をきれいにすることが一番大切で、サプリメントに頼るわけにもいかないのです。サプリメントの成分は、それがどれだけ肝臓にいいサプリメントであっても、肝臓で処理をされます。

サプリメントを飲めば飲むほど、肝臓が酷使されます。お水をたくさん飲んで、自然に肝臓を洗ってあげた方がいいのです。肝臓に毒度が、ある一定以上溜まったら、ようやく出てくるアレルギー。これを食事による遅延型アレルギーと言います。

昔は、子どもの頃、アトピーやぜんそくであっても、オトナになると体質が変わるから、ダイジョウブと言われていましたが、最近の研究では、オトナになればなるほど、アレルギーになりやすいとも言われています。

ある日突然に金属アレルギーになる女性もいます。いままで、マッシュルームをおいしく食べていたけれど、急にマッシュルームを食べると、じんましんが出る人もいます。

アレルギーに対抗しちゃえ!

自分が、どんな食事をすればアレルギー反応を引き起こすのか。これは、病院で血液検査をすればわかります。たいていは、保険がきかないので、実費で1万円近くします。血液検査の検査項目が増えれば増えるほど、料金はあがっていくのが一般的です。

お金はかかりますが、これだけ、化学合成物質の多い食事がありふれているので、1度、アレルギー検査をしてみてもいいように思います。医学が発達したのか、生活環境が悪化しているからなのか、なんでもない食品のアレルギーだという結果も出ます。

人によっては、アスパラアレルギーでしたという人もいます。アスパラは、日本に入ってきて100年くらいしか経っていないので、アスパラの成分を体内でちゃんと処理できる日本人は少ないということらしいですが、そんなことを言ったら、西洋梨アレルギーの人だって多いはずです。

抗アレルギー体質を目指そう!

こうなれば、アレルギーになりにくい体質をつくるしかありません。いずれアレルギーになる可能性があるのであれば、その訪れを少しずつ遅らせることくらいしか、対抗手段がありません。

血液検査をしたら、ドクターが食事について指導をしてくれます。その意見を聞くと非常に参考になります。血液検査をしない人は、どの食材がダメなのか、よくわからないので、先に書いた岩盤浴や半身浴を積極的にやってみましょう。

食事は、バランス良く食べることです。遅延型アレルギーの人は、ある特定の食品を好んでたくさん食べる傾向があると言われています。それがアレルギーを引き起こす原因となっているとも言われています。

あなたがどれだけ大好きな食品であっても、アレルギーは、後ほど、あなたのところにやってきます。はやいと48時間以内に来ます。遅いと、オトナになってからなる花粉症のように、忘れた頃にやってきます。

せめて、デトックスをする…くらいの自衛手段はとっておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント