• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シートパックより効果あり!オールインワンゲルパックで潤い肌

Date:2015.09.14

shutterstock_264251102 - コピー

毎日のスキンケアにパックを取り入れている女性が増えています。パックをすることでプルプルの潤い肌になると人気で、特に肌が乾燥した時や日焼けした後などのパックは欠かせません。

1番手軽に使えるのがシートパック、お値段も手頃ということで1番多く使われているとも言われています。しかしこのシートパック、週に2~3回ならいいのですが毎日使うとなると以外にお金がかかる!

それにシートパックは潤いは感じられるけどすぐに肌が乾燥してしまい、潤いの持続が感じられないという人もいるようです。

シートパックでは満足できない、でも高いお金を出してパックを購入するのは気が引けるという人にオススメなのが化粧水がわりに使われる「オールインワンゲル」です。

オールインワンゲルは化粧水や乳液の替わりだけではない

皆さん、オールインワンゲルといったらどんな印象がありますか?オールインワンゲルにはスキンケアを1つで補うことができて、

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液
  • 化粧下地

といった役割を果たしてくれます。

でも肌の乾燥がひどい人はオールインワンゲルだけでは潤いが足りず、化粧下地にしてはベタつきが残り化粧よれを起こしてしまうのではないかと不安になってしまいます。

「1つ持っていれば便利」と言われているので、つい買ってしまったけれど使い道がなくそのままにしているという人も意外に多いようです。

しかしこのオールインワンゲル、使い方を少し工夫するだけで優れた美容アイテムに変身します。それが「パック」です。

元々、化粧水や乳液の替わりに使えるので、保湿成分は配合されています。これを上手に使ってあげればシートパックを使わなくてもオールインワンゲルだけでモチモチ、プルプルの肌に仕上げることができます。

オールインワンゲル1つでいろいろなパックができる

shutterstock_94290160 - コピー
シートパックの場合、普通に使うか冷蔵庫で冷やしてコールドパックぐらいしか違う使い方ができません。

お風呂で温めて使うホットパック専用もありますが、あくまでも「○○専用」という使い方なので1つ持っているからといって複数の使い方ができるわけではありません。

しかし、オールインワンゲルを使ったパックの場合は用途に合わせていくつものパック法を楽しむことができます。

お風呂の蒸気を有効活用、マッサージ&パック

入浴の時にパックをする人が増えています。その理由は蒸気と湿度で毛穴が開き、美容成分の浸透がいいからです。オールインワンゲルもお風呂でパックとして使用できます。

ゲル状なのでパックを塗る時に軽くマッサージをしてあげると顔の凝りもほぐれ、一石二鳥です。方法は簡単で、

  1. 洗顔後にたっぷりと顔にオールインワンゲルを塗る
  2. クレンジングをするように顔に細かいところまでゲルが行き渡るようにマッサージ
  3. 蒸気や湿気で流れ落ちないようにラップを貼り付ける(口や鼻は避ける)
  4. 10~15分置いて美容成分を浸透させる
  5. 終わったらラップを外し、再度残ったクリームでマッサージする
  6. 余分なクリームは水かぬるま湯で簡単に洗い落とす

たったこれだけで肌はもちもち、そして風呂上りの化粧水の浸透もグンとアップします。10~15分程度なので湯船に使っている間にできるのも嬉しいですね。

ただ注意したいのが洗い流す時です。洗顔フォームを使ったり、お湯を使うとせっかくの美容成分が落ちてしまうので、ぬるま湯か水で簡単に洗い流すのがポイントです。

メイク前や日焼けした時には毛穴シャッキリのコールドパック

皮脂分泌が多いと毛穴が開いてメイクが綺麗にノリません。特に暑い時期の朝などは洗顔をしても毛穴が開いているような気がします。こういう時にもオールインワンゲルがあればすぐにパックができます。

毛穴が開いている時や日焼けをした時は、毛穴をキュッと引き締めてくれるコールドパックをするのがオススメです。

シートパックも冷蔵庫などで冷やしておけばコールドパックが簡単にできますが、「つい忘れてしまった!」という時もあるので、オールインワンゲルで簡単にできるコールドパックを覚えておきましょう。方法は、

  1. オールインワンゲルを顔全体に塗る
  2. タオルを冷水に濡らして固く絞る(氷の入った水で冷やすとさらに効果大)
  3. クリームを塗った部分を覆うように顔全体にタオルをのせる
  4. 5分程度置いたら、タオルを取り残ったクリームを顔全体に馴染ませる

タオルをのせているので余分なクリームは自然に取れているので、特に洗い流す必要もありません。

それでもクリームが気になるという場合はタオルで軽く押さえるようにしてクリームを軽く拭き取りましょう。

このパックをしたら、朝の化粧水や乳液はほとんどいらないので、乾燥が気になるという部分に化粧水をつける程度で十分です。

目元の乾燥、疲れが気になる時はホットパックで目元ふっくら

目元の乾燥予防に目元専用パックをしているという人もいると思います。実は目元のシワはの原因は乾燥だけではなく、目を酷使するとシワができやすくなります。

目元の皮膚は薄く、動かす回数が多くなるとそれがシワに繋がるのです。

目が疲れた時によくホットマスクをします。このホットマスクとアイパックをオールインワンゲルを使うと一緒に行うことができます。方法は、

  1. 目元の乾燥している部分や眉間・まぶたなどのよく動かす部分にオールインワンゲルを塗る
  2. 40~42度の程度のお湯にタオルを浸し、固く絞る
  3. クリームを塗った目元にタオルをのせる

これだけで目元が温まることで血流も良くなりますし、クリームも浸透するのでパックもしっかりとできます。

寝る前などにすると目元が温まってぐっすりと眠れますし、目元パックをした後に目を動かさないので、パック効果も持続できます。

1つあれば便利!お手頃価格のオールインワンゲルでも効果アリ

shutterstock_271800461 - コピーパックで効果を期待する場合は少しお値段の高いものを使わないといけないというイメージがありますが、オールインワンゲルは元々美容成分なども配合されているので、ドラッグストアなどで売っているお手頃価格のものでも十分効果は期待できます。

毎回シートパックをするのもいいですが、オールインワンゲルだと使いたい時、使いたい量だけパックとして使えるので、1つ持っておくととても便利です。

「シートパックじゃ何だか潤いを感じられない」という人は1度、オールインワンゲルパックを試してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント