• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏に甘えたいけど甘えられない。可愛く見える上手な甘え方

Date:2017.09.21

彼氏がいたら甘えたいと思うこともありますよね。疲れた時、何か悩みがある時など、優しくされたいという気持ちになるのは自然なことです。

しかし、実際に甘えようとした時、どんな風に甘えたら良いかわからない女性もいるようです。甘えたいけど甘えられないと寂しい気持ちになりますよね。

彼氏に甘えたいのに甘えることができない女性のために、今回は可愛く見える上手な甘え方についてご紹介しましょう。


約4割の女性は甘えたくても甘えられない

疲れた時や落ち込んでいる時、人肌恋しくなった時など彼氏に甘えたくなることは誰にでもあることでしょう。

彼氏だからいつでも甘えることはできると思われるかもしれませんが、実は甘えることができない女性もいます。

2017年1月にマイナビウーマンが、22歳から34歳の女性200人を対象にして、以下のような調査を行いました。

彼氏(又は配偶者)に甘えることはできますか?
YES 62%
NO 38%

なんと約4割の女性は、好きな人に甘えることができないという結果が出たのです。

甘えたいかどうかについての調査も行われたのですが、約7割の女性は「本当は甘えたい」と回答しました。

甘えることができない女性の中には、「甘え方を知らない」という回答がありましたので、ここからは上手な甘え方についてご紹介していきましょう。

力仕事や機械系など彼氏にだからできることをお願いする

何かをしなければならない時や必要性を感じた時は、意外と甘えやすいものです。

普通の男性には言えなくても、彼氏だから言えることをお願いしてみましょう。

例えば、女性にはできないこと、男性だからこそできることに絞ってお願いするのです。

  • 高いところにあるものを「取って欲しい」とお願いする
  • ペットボトルの蓋を「開けて欲しい」とお願いする
  • 夜道が怖いから「迎えに来て欲しい」とお願いする

お願いを続けていると徐々に男性だからできることだけではなく、自分でもできることでもお願い事を言えるようになるでしょう。

  • 自分で手が届くのにあえて彼氏に取ってもらう
  • 自炊が面倒だから彼氏に料理を作ってもらう

上記のような普通のお願いを言えるようになれば、甘えることができているということです。

普段のお願いから徐々に彼氏だからこそ言えることへ移行していけば、甘え方について悩むこともないはずです。

機械系が得意なら設定をしてもらう

上手に甘える方法として、力仕事だけではなく機械系や電化製品系でも可能です。

パソコンの配線や設定、スマホの使い方など、彼氏に教わることも甘え方の一つです。

「難しくてわからないから教えて」と設定について甘えることができれば、立派な甘え上手と言えるでしょう。

全て任せても良いですが、一部分だけ委ねるということでも甘えていることになります。

車のことや掃除のことなど、彼氏が詳しい分野でお願いすることでも甘えることができるようになるはずです。

できる、できないに関わらず助けてもらう、教えてもらうということが甘えの第一歩です。

「これくらいできるだろう?」と言われるかもしれませんが、男性の中には頼られることを好むタイプもいます。

「わからないから教えてよ」と言いつつ、全然覚えない彼女のことを「可愛いな」と思うようですから、少し抜けている天然キャラになっても良いかもしれません。

甘え上手な彼女と思われるといつでも甘えることができるようになりますので、どんどんお願いして、ご自身で甘えやすい環境を作りましょう。

手や服や髪の毛など彼氏に触れるきっかけ作りをする

触れ合うことは、カップルにとっては自然なことです。この触れ合いによって甘えることもできます。

年齢問わず誰でもできる触れ合いとは、手を繋ぐことです。

彼氏に触れていたいという気持ちの表れですから、恥ずかしがらずに実行してみましょう。

最初から彼氏の手を握ることが恥ずかしい場合は、まず歩く時の距離を縮めることから始めましょう。

二人並んで歩く時に距離が近いと、手がぶつかり合うはずです。そのタイミングがチャンスです。

手を繋ぐきっかけになりますので、しばらく手をくっつけてみましょう。すると彼氏のほうが手を掴んでくれるはずです。

彼氏の反応がない場合や手のひらをギュッとつかむことが恥ずかしい場合は、彼氏の指を1本掴んでみても良いでしょう。

彼氏は「可愛いな」と思って指をそのままにするか、手を握り返してくれるかもしれません。

甘えに応えてもらうことを重ねるうち自信になって、手を繋ぐことに恥ずかしさを感じなくなるでしょう。

手が無理なら服を引っ張る

手を触れることが難しいという方の場合は、彼氏の服を引っ張るという甘え方もあります。

服ですから難易度は少し下がるでしょう。

この場合も彼氏の後ろを歩く時や置いていかれそうになった時に、「待ってよー」、「置いていかないでよー」などと言いながら袖や背中などを優しく引っ張ってみるのです。

彼氏に触れるという行為は甘えているということですから、彼氏も好きな彼女の行為を不快には思わず、「可愛いな」と思ってくれるはずです。

また、服だけではなく、彼氏の髪をいじることも甘え方としてお勧めです。

「○○君の髪の毛は柔らかくて触り心地が良いね」と言ってから、「私の髪はどうかなぁ。触ってみて」と彼氏と触り合いっこすることも甘え方の一つです。

まずは、彼氏に触れることから始めてみましょう。

触れ合うという甘え方を覚えればいくらでも応用できるようになるはずですから、スキンシップを積極的にすることをお勧めします。

言葉や手紙でどれだけ想っているかという気持ちを伝える

彼氏にだからこそ言える率直な気持ちを伝えることも可愛い甘え方の一つです。

好きな気持ちは、「好き」や「愛してる」だけではなく、他の言葉でも伝えることができます。

例えば、以下のような気持ちを伝えるのです。

  • 「会いたい」
  • 「寂しい」
  • 「もっと一緒にいて欲しい」

上記のような言葉は、彼氏にだけ言える甘えです。この言葉を言えるようになれば、甘え上手になれるはずです。

あくまでも彼氏に余裕がある時に言いましょう。仕事している時や圏外にいる時など、絶対に無理時な状況は避けるのです。

そして、子供ではないので長時間に渡ってのわがままは避けて、彼氏が困っている時には「嘘だよ」、「ごめん」など言葉でのフォローも忘れずにしましょう。

また、先程ご紹介したワガママな気持ちはデートの帰り際にお勧めです。

「○○君ともっと一緒にいたいけど、無理かなぁ?」と質問してみましょう。

甘えつつ、相手を気遣う様子も見えるので、優しい彼女の精一杯見せたワガママに彼氏も「あと30分くらいならいいよ」と承諾しやすくなります。

手紙で気持ちを伝えて甘える

実際に会って伝えること、電話で伝えることなど、甘え方は様々ありますが、手紙で気持ちを伝えて甘えるという方法もあります。

例えば、お弁当や手作りのお菓子などを差し入れする時に手紙を入れておくのです。

「いつも忙しそうだね。お疲れ様。○○君と一緒にいたいのに全然会えなくてとっても辛いけど、お仕事を頑張って欲しいから我慢しなくちゃね。落ち着いたら連絡してね」

自筆の手紙には温かみがありますので、気持ちが伝わりやすいのです。

普段甘えることが難しい場合は、直接ではなく間接的な方法で伝えることはお勧めです。

いつも言いたくても言えないことを書いて、手紙を通して彼氏に甘えてみましょう。

クールな彼女と思われている場合は、彼氏は手紙で甘えてくる彼女に対して可愛いと思うはずです。

バレンタインや誕生日などイベント時から始めてみてはいかがでしょうか。

猫や犬などわかりやすい動物の真似をする

彼氏に甘えたい時に甘える方法として、動物の真似をすることもお勧めです。

真似をすると言っても、物まね芸人のように本気で真似るのではなく、動きを少し真似るということです。

普段甘えられないのは、それが自分だと思い込んでいるからです。

そんな時には自分ではなく、動物になりきってみましょう。簡単に真似できる動物は猫です。猫は、動く物にじゃらけますよね。

手を丸めて、猫のように彼氏にじゃらけてみましょう。

アルコールを飲む、コーヒーを飲むなどでテンションを上げれば、「にゃー」という鳴き声も真似できるはずです。

気分を高めてから真似をすれば恥ずかしさはそれほど感じないでしょうから、猫になりきって腕や顔などを触ってみましょう。

彼氏にこれまで甘えたことがない場合は、「猫の真似か。可愛いなぁ」と彼氏から頭を撫でてもらえるかもしれません。

犬の真似も可愛く見える

猫以外なら犬もお勧めです。

犬がお手やおかわりをするように、彼氏の手や膝などに丸めた手を置いてみましょう。

彼氏の顔を見ながら「ワン!」と鳴けば、犬だとわかってもらえて「可愛いなぁ」と、甘えるあなたのことを愛しく思うのではないでしょうか。

動物の真似をすることは恥ずかしさがあるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単な甘え方になるはずです。

猫や犬以外にも動物は沢山いますので、甘える度に違う動物の真似をすることもお勧めです。

「今日は何の真似だ?」とクイズ形式になって、彼氏は楽しみながら相手をしてくれるはずです。

彼氏の前だからこそできることなので、彼氏にも「彼女がこんなに可愛い姿を見せるのは俺の前だけ」と喜ぶのではないでしょうか。

甘えやすくなるような可愛いニックネームを考える

彼氏に甘えたい時には、呼び方を変える方法もお勧めです。

名前で呼び合っている場合は、ニックネームを付けてみるのです。

他人に話すのは恥ずかしい名前でも、二人の中で成立する呼び方なら何でも良いのです。

ニックネームにすることで距離感が近くなり、甘えやすい状況にもなります。

  • 「名前+ぽん」
  • 「名前+ぴょん」
  • 「アニメの主役や脇役など可愛い系の名前」

上記のように、何でも良いですが、できるだけ可愛い名前にしてもらったほうが甘えやすくなるでしょう。

先程動物の真似をするという項目で猫になるのであれば、「○○にゃん」という名前を付けてもらい、彼氏には「飼い主」とつけても良いでしょう。

甘える時は、基本的に二人の時でしょうから甘えやすい名前にすることが甘える近道です。

敬語をやめて甘えよう

二人だけのニックネームを決めたら、敬語をやめることもお勧めします。

上司と部下、先輩と後輩などの関係からカップルになるといつまでも敬語が抜けないことがあるようです。

敬語ではないほうが甘えやすいので、プライベートの時間くらいは敬語をやめてみましょう。

「恋人なんだから、二人の時は敬語はやめない?」と聞いた場合、多くの男性は拒否しないはずです。

敬語をやめることで心の距離が近くなれば甘えやすい環境になります。

甘える時だけタメ口になることで、普段と二人の時の二つの顔を見せることができるので、彼氏も彼女の色んな表情を見ることができて嬉しい気持ちになるはずです。

職場や周りに人がいる場合は敬語でも二人になるとタメ口で甘えてくる彼女なら、場をわきまえて考えることができる彼女と思ってもらうこともできるでしょう。

また、甘える時と甘えない時を作ることで、切り替えができて甘えやすくなる人もいます。

彼氏と自分の間に壁を感じて甘えることができない方は、是非彼氏との間にニックネームを付けて、更にタメ口で話すことをお勧めします。

彼氏が集中している時に「寂しいよ」と声を掛ける

彼氏に甘えたい時は、集中している時を狙うのもお勧めです。

彼氏がテレビや雑誌、パソコンなど、何かに集中している時に声を掛けて甘えるのです。

  • 「かまってよ」
  • 「全然こっちを見てくれない」
  • 「あそぼ」

集中している時に、声を掛けづらいと思われるかもしれませんが、彼氏が集中している時はこちらから関心が逸れており、視線が合わないので甘えやすい状況です。

バイクや車などの運転中や料理中は危険ですが、それ以外の場合は生死に関わることではないので、怒られる心配も要りません。

驚かせないように優しい声で甘えてみましょう。

彼氏が集中している時は、自分のタイミングで声を掛けることができますし、視線もこちらに向いていないので恥ずかしさも感じにくいでしょう。

反省させれば甘えも受け入れてもらいやすい

彼女のことを放っておいて自分のしたいことをしていた彼氏は、「寂しかったのか」、「悪かったな」など反省し、甘える彼女を無視しないでしょう。

寂しがる彼女の様子を見て、「可愛いな」と思うはずです。

彼氏が集中していたからという理由があるので、甘えた声や言葉も掛けやすい状況ですから甘え下手な女性にお勧めです。

大人ではなく子供の気持ちに戻って気持ちをぶつける

甘えたい時は、口に出すこともお勧めです。

言葉を直球でぶつけてみましょう。

彼氏に直球をぶつけるということが甘えになるからです。

  • 「撫でて欲しい」
  • 「抱きしめて欲しい」
  • 「荷物を持ってほしい」

甘えは、上記のようにして欲しいことだけではなく、自分でできるけれどあえてしてもらうことです。

子供の気持ちになると簡単に甘えることができる

子供は、親に無条件で甘えることができますよね。疲れて歩けない時はだっこやおんぶをしてもらいますし、眠くなったらベッドへ運んでもらうこともあるでしょう。

子供は自分の要求を親に伝えるという行為で甘えているわけです。

ですから、彼氏に甘えたい時には子供の気持ちになるとわかりやすいでしょう。

本当は自分でできることでも、あえて「してもらいたい」と言うことで彼氏がそれを叶えてくれます。

何度か繰り返すと甘えたい時、簡単に甘えることができるようになるはずです。

「またかよ」と彼氏に言われたとしても、「だって、○○君にして欲しいんだもん」と笑顔で言ってみましょう。

笑顔で甘えてくる彼女の顔を見た彼氏は、頼られていることや必要とされていることなどを感じ取って嬉しい気持ちになるはずです。

彼氏に甘えたいなら恥ずかしがらずに実行あるのみ!

彼氏に甘えたくて甘えられない女性の中には、「恥ずかしい」という気持ちが邪魔してしまうようです。

普段から、クール系や年上女房系の場合は、なかなか難しいことかもしれませんが、ギャップがあるほうが甘えた時に彼氏から喜ばれることになります。

彼氏は普段見ることができない彼女の甘える姿によって「甘えさせてあげよう」と受け入れてくれるでしょう。

また、甘える度に甘えることは簡単になっていきます。

恥ずかしさがなくなって慣れも出てくるからです。

恥ずかしがらずに実行することで「甘えたい」という気持ちを自分で解消していくことができるようになるでしょうから、是非ご紹介した方法をためしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント