• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

サイボーグのような強い女だって誰かに甘えたい!上手な甘え術を紹介

Date:2013.11.09

強い女性というのには結構憧れたりしませんか。仕事をバリバリとこなすキャリアウーマンの方や家事に育児を完璧にこなしすお母さん。人に弱い部分を決して見せず、泣き言も言わずにしっかりと芯の通った女性ってすごくカッコイイです。

私なんかは泣き言ばっかりだし、すぐイライラしてしまうし弱い自分がいつも嫌になってしまいます。しかし、そんな強い女性だって辛い事や悲しい事は沢山絶対あるはずなんです。

それなのに周りから「強い」とか「完璧」とか言われてしまうと、それがプレッシャーになったりして、余計に辛くなっていって自分で自分の首を絞めてしまうのだと思います。

私の親戚で小さい頃から優秀で頭もよくてスポーツもできる人がいました。絵に描いたような優等生で大学にも進学したのですが、その時に今までのプレッシャーなどが爆発してしまい、重い精神病にかかってしまったのです。

幼い頃はたまに親戚で集まると一緒に遊んだりして、笑顔の似合う子でしたし一緒に遊んでいて楽しかったのですが、今では働く事もできず人と接する事もできず家から出る事もできません。

皆がきっと立派な大人になって、就職して自立していくんだろうと思っていたのに、その気持ちが重荷になってしまったのだと思うと、きっと誰かに甘えたかったんだろうなと思います。

私は一生その子に会う事はできないかもしれません。とても悲しいですが、本人は私が想像するよりもずっと孤独だったんだろし、苦しかったんだと思います。今だって苦しくて日々もがいているでしょう。

「強い」というのはいい事ですが、その言葉に振り回されていては自分が壊れてしまいます。周りが何と言おうと自分は自分。一人の人間なのです。

それでも強くありたいと願ってその為に努力しているのですから、なかなか弱い部分なんて見せたくないものです。それでもどこかで甘えられる場所を必ず確保しておかなければなりません。

時には甘えん坊になっちゃう!

例えば私は「オラニャン系」の男性が好みなのですが、オラニャンとは、普段はオラオラ、つまりちょっと強気なんですが、自分といる時だけはニャンニャン、つまり甘えん坊という男性の事です。

女性では「ツンデレ系」といわれる人たちの事です。普段強い自分で絶対にいたいならば、弱い自分を見せられる場所を一つでも作っておけばすごく楽になります。恋人だったり、家族でもいいと思いますし、親友でもいいと思います。

たった一人、自分の本音や弱音を何も気にせずにぶちまけれる人がいるだけで、精神バランスをとる事ができます。仕事でバリバリやっているならば、職場ではもちろん強い女性でありたいですよね。

それなら仕事が終わって職場を一歩出れば、そこからは甘えん坊な自分になっていいのです。仕事で嫌な事があった日は、恋人の膝でちょこんと寝てみると心が癒されます。

そんな恋人いない!という人はペットに甘えてみてもいいと思います。ペットは話しを何でも聞いてくれますから癒されますよね。育児で疲れきった夜は眠っている旦那様の手を握って眠ってみると心が温かくなります。

旦那なんかで癒されない!という人は眠っている子供のほっぺたと、自分のほっぺたをピタッとして眠ってみると心が安らぎます。起きている時は手がかかってイライラしても眠っている顔を見るとそのイライラは吹っ飛んじゃいますよね。

自分で自分に甘える

とてもイライラしたり落ち込んだりして心がもう限界だと思った時、ぜひ試していただきたい事があります。子供の頃、悲しい事があったりした時に誰かに背中をトントンと手でしてもらうと、心が何故か落ち着いたりしませんでしたか?

大人になったらなかなかそうしてもらえる事はありませんが、実は自分で自分の胸の上辺りを子供にするようにトントンとすると、心が楽になるんです。

私はそれを聞いて、実際に自分がもう精神的におかしくなりそうだと思うくらいストレスが溜まった時に実践してみたら、本当に気持ちが少し落ち着きました。それから悲しい事とかムカつきすぎる事があった時にはそうしています。目を閉じてすると、より効果的ですよ。

甘えられて嫌な人間なんていない

自分が誰かに甘えてしまったら、相手に嫌がられるんではないかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、甘えれるという事はそれほど相手を信頼していて、相手が好きだということ。甘えられるのが嫌な人間なんていませんよ。

愚痴ばっかり言ってしまったらうんざりされるかもしれないというのも、確かにいつでもずっと愚痴しか言わないような女性はちょっと嫌ですが、いつもはしっかりしている人が愚痴をこぼしていたら、大切な人ならば、それを聞いてあげたいと思ってくれるはずです。

愚痴がない人間なんていないのですから、思ってすぐに出さずに溜め込んでしまうから一気に次から次へと愚痴が出てきてしまうのです。思った時にすぐ出せるような甘え方は、まだまだ可愛い女の部類に余裕で入りますからご安心を。

甘え上手は生き上手です。強く生きている人ほど甘えている姿は可愛いのですから、ぜひ大切な人の前では甘えん坊さんでいてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事