• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

甘い物は止められる!糖分に依存しない女性になるための克服法

Date:2014.10.27

「イライラした時にはチョコレート」、「仕事を頑張った時にはケーキ」など、砂糖やグラニュー糖などが含まれている甘い物をご褒美やイライラ解消法の一つにしている方は居ませんか?

甘い物は依存性が高いと言われており、特にスイーツ好きの女性は肥満や病気を招くこともあるので、できるだけ避けて健康的な食事や趣味などに気持ちを向けることをお勧めします。

今回は、ケーキやチョコレートなど糖分に依存しない女性になるための克服法を6つご紹介します。

1 料理は砂糖を使わずみりんで代用する

糖分は、ケーキやチョコレートなどお菓子類だけではなく料理にも含まれています。煮物や照り焼きなど甘さを必要とする場合は、糖分を控えるために砂糖を使わないことをお勧めします。

塩や醤油など塩分だけで満足できない時には、隠し味程度としてみりんを入れてみましょう。砂糖のようにはっきりとした甘みはありませんが、味がまろやかになりほんのりとした甘みを感じることができるでしょう。

最初はみりんの甘みに気づけず物足りなさを感じるかもしれませんが、次第に舌も慣れていくでしょう。

2 天然の糖分を摂取する

糖分は、白砂糖やキビ砂糖など砂糖以外からも摂取できます。例えば、果物やサツマイモ、かぼちゃ、栗、糖分を加えていないドライフルーツ、干し芋、干し柿などにも含まれています。

白砂糖で作られているお菓子類を食べたくて仕方がない時には、砂糖が入っていない天然の食べ物で気持ちを抑えましょう

3 美肌や健康へ気持ちを向ける

砂糖やバターが沢山使われているお菓子類は甘くてとても美味しいですが、肌にとっては嬉しいことばかりではありません。甘いものでストレス発散できても、糖質や脂質などが原因で肌荒れを起こすことがあります。

また、糖分過多は糖尿病を招くこともありますし、血液がドロドロになって体内の酸化を招くことから肌質を低下させることもあります。

体のことを考えずに好きな物を食べ続ければ、いずれどこかに歪みが出てしまいます。美肌や健康へ気持ちを向けることで、ご自身の口に入れる物を吟味し始めることでしょう。

日本人が昔から食べている玄米食を取り入れれば、満腹感が持続してケーキやチョコレートなどの間食を控えることに繋がります

美肌や健康を求めて高価な化粧品を使用してサプリメントを飲んでいても、糖分を摂取し続けている限りは無駄な出費になるでしょう。

食生活を見直すだけでニキビや吹き出物などが劇的に改善されることもありますので、美肌と健康を目指している方はお菓子の新商品ではなくご自身の体に目を向けてみてはいかがでしょうか。

4 食べたくなったら害を思い出す

チョコレートがかかっているドーナッツや生クリームたっぷりのケーキなど、美味しいお菓子には糖分が沢山含まれています。

濃厚な味わいの食べ物ほどカロリーも高いのですが、食べたい気持ちが優先して体のことを考える余裕がなくなることでしょう。

そんな時には、糖分の害を思い出して気持ちを抑えることをお勧めします。害として5つご紹介します。

・甘い物には、依存性があるので食べて続ける限り止めることはできない
・自律神経の働きが悪くなり情緒不安定を招く
・血糖値が一気に上がって落ち込むことで低血糖や頭痛を招く
・砂糖によって快楽は得られるが持続せず、一時的なもので結局ストレスを招く
・禁断症状が出るまで食べてしまうと自己制御できなくなる

ご紹介した5つの害は必ず起こるとは限りませんが、起こる確率が高い項目ばかりです。甘い物を食べたくなった時に思い出してそれでも食べたいか自分に問いかけてみてはいかがでしょうか。

5 お菓子を買わない

ケーキやチョコレートなどの甘いお菓子に依存傾向がある女性は、少量で我慢できずに無くなるまで食べ続けてしまうのではないでしょうか。袋菓子の場合は、開けたら最後ひとつまで食べて続けてしまいませんか?

お菓子は手の届くところに置かないようにしましょう。お菓子類や白砂糖などはセールや特売でどんなに安くても買わないことをお勧めします。店頭で新商品を見れば食べたい気持ちを抑えることは難しいでしょうから、お菓子売り場に足を踏み入れないこともポイントです。

6 糖分は特別の日だけにする

糖分に依存している女性は、特別な記念日ではなくても一日のご褒美としてケーキやチョコレートを購入して毎日食べることを習慣にしているようです。

糖分は特別の日限定にすることをお勧めします。ご自身の誕生日やクリスマスなど、「何かイベントを祝う時だけは食べていいけれどそれ以外の日には食べない!」と決めることで糖分と距離を置くことができるでしょう。

続けることで体が慣れる!?

我慢することは大変ですが、我慢を積み重ねることで糖分を摂らなくても平気な体を作ることができます。まずは1日糖分を摂らず生活して、2日、3日と継続してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事