• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットにも美容にも驚きの効果あり!亜麻仁油の万能パワー

Date:2014.06.12

みなさん亜麻仁油ってご存知ですか?亜麻仁油とは、オメガ3と呼ばれる「n-3系脂肪酸」のαリノレン酸を豊富に含む食材として、大変注目を集めています。亜麻仁油は、「オメガ3」や「オメガ9」といった必須不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。

油と言うと、ちょっと・・・という女性も多いかとおもいますが、油にも、身体に「良い油」「悪い油」があるのです。

脂質の主な働きは、血液を作る、細胞膜を作る、ホルモンを作る、脂肪を燃やす、エネルギーになる、などがあります。そして、脂質の中には大きく分けて、動物性の「飽和脂肪酸」植物性の「不飽和脂肪酸」があります。

みなさんが、あまり良くないイメージを持つのが、動物性の「飽和脂肪酸」です。こちらの油はなるべく減らしたほうが良いでしょう。

不飽和脂肪酸とは?

不飽和脂肪酸の中には大きく分けて、「オメガ9」オリーブオイル「オメガ6」べに花油、コーン油など一般的なサラダ油「オメガ3」亜麻仁油、エゴマ油などがあります。

なぜ亜麻仁油なのか?

不飽和脂肪酸はいろいろな油がありますね。そこで、なぜ亜麻仁油なのかというと、
「オメガ9」は、人の身体で作ることができるのです。近年オリーブオイルがとても流行っていますが、無理して摂取しなくても実は大丈夫なんですね。

そして「オメガ6」と「オメガ3」は、必須脂肪酸と言って、食事で取るように!となっている油なのですが、「オメガ6」の効能というと・・血液ドロドロ血管収縮アレルギー反応を起こす細胞膜を固くするなどなどなんですね。

すごく必要のないものに感じますが、これも身体にとっては大事な役割を果たしているのです。ですが、あんまりいい効能じゃないですよね。そこで必要になってくるのが「オメガ3」ということになります。

「オメガ3」の効能は、

血液サラサラ

血管弛緩

アレルギー反応を抑える

細胞膜を柔らかく頑丈にする

といった「オメガ6」と逆の働きをします。「オメガ6」と「オメガ3」のバランスが大事なんですね。理想のバランスは「オメガ3」1:「オメガ6」4 なのですが、現代人は大きく「オメガ6」に傾いてしまっています。

「オメガ6」を減らして「オメガ3」を増やすのが一番なのですが、「オメガ3」をとれる食品がそうそうないんですね。イワシやサンマ、大豆製品、緑黄色野菜などからもとれるのですが、含有量が少ないんです。

そこで亜麻仁油からダイレクトに取ってしまおうと言うことなんですね。

亜麻仁油の美容効果

亜麻仁油が身体にいいのはわかったと思うのですが、他にもたくさん亜麻仁油の効能があります。亜麻仁油は、女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、ダイエットにありがちなイライラや、暴飲暴食を防いでくれます。

更に毎日スプーン一杯の亜麻仁油を摂取することで、腸内の便がスムーズに排出されるようになり、便秘解消にも効果があるということ。これは、美肌、生理痛の改善にも効きそうですね。

油=悪いものという考えではなく、自分で良い油を選んで健康美を目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事