• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

雨に負けない!きれいを守るメイクの仕方、コスメ、持つべきもの

Date:2014.06.01

メイクもヘアスタイルも完璧に決めて、さあ出かけようと元の扉を開けたとたん・・・どしゃぶりの雨!こんなことって・・・経験したことありますか?

天気は私たちにはコントロールできませんが、どんなお天気でも、私たちのメイクとヘアスタイルをとびきりに保っておくことはできます。雨の中でも歌って踊ってしまいたくなるようなヘアスタイルとメイクのヒントをご紹介しましょう。

シンプルに行こう

お天気が優れない日が続いているときは、ナチュラルメイクを試しましょう。たっぷりメイクは雨に当たるととってもドラマチックになってしまいます。

フォギーなスモーキーアイは濡れると修復が大変ですが、シンプルで軽いメイクなら、お直しも簡単です。

必須道具は持ち歩く

あなたのメイクに必要なものを全て可愛いポーチに入れ、いつでも持ち歩きましょう。雨の時期にはベースメイクに必要なものも入れておきます。

仕事場には余裕をもって到着し、就業1分前にあたふたお直し・・・なんていう状態を回避します。コットン、清潔なスポンジ、綿棒などもそろえておけば完璧。

すっきりとしたヘアスタイル

ポニーテールやサイドに寄せたシニヨンで雨に備えましょう。髪を下していたほうが私らしいわ、なんて冴えないお天気の中でもスタイルを貫いてもいいですが、せっかくのストレートヘアが湿気で膨らんだりちりちりになっては、残念。

外では軽く丸めてピンで留めておき、室内で下ろすといった方法をとりましょう。これで、髪を下した時には自然なウェーブがかかり、ゴムで結わえた跡が出にくくなります。

パウダーよりクリーム

アイシャドウは、パウダーではなくクリームタイプのものをチョイス。雨などでも落ちにくく、肌馴染みもよいのです。パウダーのものは、雨などに塗れると、みにくく流れてしまいます。

ベースも同様。薄い色のついた乳液や、BB、CCクリームでカバーするのが最適。これらはお直しするのも簡単で、かつ肌に長く残ってくれます。

ウォータプルーフ

アイライナーやマスカラはウォータープルーフのものを。密着力が高く、雨でも流れません。コツをお教えするとすれば、雨に塗れてもこすらないこと。こすってしまうと、マスカラなどが取れて肌が汚れてしまいます。

ウォータープルーフのコスメを使った日は、専用のメイクリムーバーできちんと落としてあげましょう。

いかがでしたか?雨の日には雨の日の対策が必要です。すこし面倒くさいかもしれませんが、いろいろなシチュエーションでもメイクやヘアスタイルを楽しんで、魅力的に見せてこそ、女性の醍醐味ではないでしょうか。

今年の梅雨も、夏の雨も、きれいなあなたでいられますように。この記事がお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事