• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線を防ぐだけで良いですか?貴女の顔に似合う帽子の選び方

Date:2015.07.16

shutterstock_275196686 - コピー

春先からこれからの夏本番に向って、白く美しい肌を守るためにも外出時には、帽子、UVクリームとサングラスは絶対欠かせないアイテムです。

このアイテムの中でも帽子って皆さん、「紫外線を防げればOK!」などと言って形、色やこの春夏のトレンドのチェックを怠っていたりしません?

特に、自分の顔の形に似合う帽子やデザインは基本の知識として知っておいても決して損にはなりませんよ。

そこで、顔の形別にあなたに似合う帽子をこの春夏のトレンド共に紹介します。

「丸顔」には角ばった帽子でシャープな印象に

shutterstock_211833925 - コピー可愛らしく若々しい印象を与える丸顔ですが、丸顔の女性が憧れるのがシャープな顔の印象…。

シャープさを出す為に、今年イチオシの帽子でもある頭の部分が角ばり男性的なイメージを持つパナマ帽。

ぐるっと180度についている短めのツバが外に張り出していて、帽子の真ん中が折れていたりするとシャープさが増し、しかも頭の部分が少し高いモノを選べば顔の長さのバランスを取ることも可能です。

「シャープ過ぎるのはチョッと…」と言う方は、ピンクや赤系の明るい色や頭部に丸みが有るものを使えば女性らしさも強調できるので、2、3種類、色やデザインに素材の異なるパナマ帽を持っているとこの夏は重宝しますよ。

オールマイティな「タマゴ型」

shutterstock_257382403 - コピータマゴ型にもパナマ帽は良く似合いますが、シャープなアゴの印象を少し和らげたいと思われる場合には、今年これまた大注目で紫外線防止目的の帽子デザインに多いツバが大きく波打つように曲線を描いているツバ広帽、またの名をフロッピーハットです。

素材も定番な布で出来ているものもあれば麦わら帽子の様な物もあり、ツバの広さも顔が隠れる位のものから肩や背中に垂れ下がるくらい大きい物も今年は流行るので、その時のスタイル別に選んでみましょう。

また、オールマイティなタマゴ型のあなたはその他、野球帽を始めとする前だけにツバのあるサンバイザーやデザインキャップも楽しめてしまうのでカジュアルな服装にはこちらもおススメです。

「ベース型」、「エラの張った四角い顔」は曲線でカバー

shutterstock_164096663 - コピーアゴのラインが横に張り出てシャープな印象を与えがちな四角い顔やベース型は間違っても頭部が角ばっているパナマ帽やカウボーイハットは避けるのが無難です。

釣鐘型の帽子、クロッシェや、ニット帽もこの春夏のトレンドなので薄手ニット帽で横の髪を耳の前か垂らす事でエラの張りをカバー。

その他、ボウラーと呼ばれる山高帽もツバがほとんどなくクルンと上に曲がっているのでその曲線により顔に柔らかな印象をプラスできます。

「面長な顔」は帽子のサイズで調整

shutterstock_292461935 - コピー丸顔とは対照的に顔の縦の長さを調整したい面長さん。

1つの方法は、横に目線を向けたいのでツバが張り出たパナマ帽やクロッシェなどの定番の帽子。

そして、ツバの大きいフロッピーハットもツバが大きすぎない普通サイズの物でしたらあなたの顔に映えますし、左右どちらかに飾りがついていると目線が横に行くので更に効果的です。

またニット帽でも、まるで頭部にターバンの様に巻いてあるようなデザインの帽子のサイドを耳の下まで被る事で縦の長さを隠す事も出来ます。

洋服と同じで帽子も自分に似合う物を選ぶ

日差しや紫外線が益々強くなるこれからの季節にはどうしても帽子を被らなければ、恐ろしい肌の老化であるシミ・ソバカスにシワができてしまいます。

でもだからと言って、何でも被っていれば良いというものでもないし、いつも同じ帽子を何処にでも被って行くのも考えものです。

洋服を慎重に選ぶように帽子も自分に似合う形やデザインを知り、場所と用途に適応した物をいくつか揃えておきませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

コメント