• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

幸せは動物から学ぶ!あなたの毎日を明るく楽しく生きる「7」の方法

Date:2015.05.02

shutterstock_131862809

書店に行くと「幸せになる為には…」というノウ・ハウ本が沢山並んでいたり、ウェブ上やテレビでも様々な考え方や方法などが紹介されていますよね?

でもそこまで一生懸命、幸せになる為に多くの本を読んで勉強しなくても良いのです。

隣のブロック塀の上で居眠りをしている猫や公園で走り回っている犬などの動物を見るとつい顔がほころんで、笑顔になってしまう事ってありますよね?

もちろん、動物はカワイイし、見ていて癒される事も多いのですが、実は動物たちの行動を観察すると本来私達人間が幸せで楽しい毎日を過ごす為にしていなければならない事、でも出来ていない事柄がハッキリと見えてくるのです。

そこで、動物から“人として幸せに暮らしてゆく”ための知恵を学びませんか?

外に出て思いっきり体を動かす

01
公園で一心不乱に、そして楽しんで走り回っている犬を見れば、外にでて身体を動かす事は幸せ感と切っても切り離せないモノだという事が納得できますよね?

定期的な外での運動無しで健康は保てないのは私達、人も同じなのです。

1日に15分でも30分でも良いので、外の空気を吸ってウォーキングからサイクリングと活動的に動く事で精神と体の安定を計りましょう。

食べ物は美味しく食べる

02
「夏までには、二の腕と脚を細くするぞ!」と再びダイエットをして、毎日食べ物を前にして“親の仇!”位の形相でカロリー表とにらめっこしてません?

基本ヘルシーな食材中心メニューにして野菜やフルーツで空腹にならない様にした上で少量のスウィーツはご褒美として、楽しく食べましょう。

そして、食べる時は犬が骨にかぶりつく様に全神経を集中し、食べている事を実感しながら食事をする事で過食が防げます。

チームワークを大切にする

03
人間と同様に、動物も社交の生き物。

単独で行動する事が多い人でも必ずどこかで人との交わりや関わりを持っているはず。

家族、友達、同僚にお隣さんと付き合い方は様々ですが、どんな時にでも周りとの調和を考えて行動をし、知り合いが困っていたら駆けつけて助けてあげましょう。

そうすれば、自然と貴女が窮地に立たされた時に頼もしい味方が複数表れてくれる事は間違いありません。

最近はクラウドファンディングの様な不特定多数の集団が募金活動などで資金援助をするなど、集団での活動が注目される中、やはり1人より2人、2人より3人と集団の力は個人より勝るのです

根に持たず直ぐに忘れる

04
「執念深い猫や犬」という言葉はあまり聞きませんよね?ペットの犬や猫もご主人に叱られたり、ごはんを貰えなかったり散歩に連れて行って貰えなければふて腐れる事も有るかもしれません。

でも、人の様に何日も、何年もその感情に縛られるという事は決してありません。

ここは、私達人間もイヤな経験や思い出は次の朝お日様を見たのと同時に忘れて新たな一日をスタートさせる事ができれば、これからの幸せ度はカナリ上がりますよ。

スキンシップは大切なコミュニケーション

05
言葉を持たない動物たちにとってスキンシップは無くてはならないコミュニケーションの手段。

付き合い始めの恋人ならともかく、結婚5年以上の夫婦や両親や兄弟そして中高生になった子供と最後に手を繋いだり、肩を寄せ合ったのはいつですか?

日本の習慣に“ハグ”はありませんが、人と人とのコミュニケーションでスキンシップは人間にとっても思いのほか重要な役割をしているのです。

子供の時にお母さんが痛い所を手で押さえてくれて「痛いの飛んでゆけ!」としてくれると、本当に痛くなくなったのを覚えていませんか?

悩んでいる時や辛い状況下にいる時に人のぬくもりを感じると苦痛や荒んだ心が和らぎ前向きになれる事も大いのです。

しかも、人との絆を深める“ラブホルモン”ことオキシトシンもスキンシップをすると分泌が促される事からも、夫婦やカップルはもちろんの事、親子にとっても重要なコミュニケーションの一つである事は間違いありません。

一生愛を貫き通す

06

オシドリ夫婦なんて言葉もあるくらい白鳥やオオカミを始めとする動物は一生を同じパートナーと添い遂げるって知っていましたか?

まぁ、中には人間と同じく浮気をするケースもある様ですが、一生相手を愛して暮らせたら…と考えるだけでも“幸せ感”が膨らみます。

何歳になっても好奇心を持ち続ける

07
何でも光る物に魅入られるカラスに、塀の穴から顔を出し覗き見をして、顔が抜けなくなった犬と、動物たちの好奇心はいつだって旺盛です。

私達人間も、ファッション、スポーツ観戦にバンドやグループのファンと何でも良いので好きな事や趣味を持っているとそうでない人とでは見た目の若さや、日々の幸せレベルにも違いが出てくるのです

仕事と家の往復では人生つまりません。何か夢中になれる物を見つけて自分の好奇心を駆り立てましょう。

育ちや性格が違っても分かり合える

08

人間だろうと全く違う種類の動物でも最初に見たものを自分の親だと思い込む鳥のヒナの様に、時に動物たちには見た目の違いや人種ならぬ動物種のギャップをもろともしない関係や愛情が存在します。

「筋金入りのお嬢様である彼女と私では話が合わないわ…」と育ち、年齢そして性別などで判断し、最初っから関わり合わない、話さないというのは実はもったいない事なのです。

意外と話してみると共通の趣味があったり、同じ意見を持っていたりする事も多いのでまずは話してみる、付き合ってみると思わぬ人脈や付き合いの幅が広がりあなたの生活にプラスになる事もあるのです。

人に笑われてもイイじゃない?

09

何でもそつなく出来てしまう女性って結構多いですよね?

そういう女性は多少の失敗はもちろん、自分が人に笑われるなんて考えただけで眉間にシワがよる傾向が強いのです。

でも、犬や猫が変な体勢で寝ていたりするとおかしくて笑ってしまうのと同時に愛情が湧いたりもしますよね?

これは人も同じで、人間らしいドジや勘違いをする事で周りを笑わせて明るい雰囲気をつくれる上に、人から好感を持ってもらえる可能性も高まるのです。

完璧主義者もずっとだと自分も周りも疲れるので、偶には笑われるぐらいおどけてみた方が人生楽しいですよ。

悪い事をしたと思ったらすぐに謝る

10

失敗して笑って貰えて済むのでしたら良いですが、時には相手に嫌な思いをさせてしまう事もあります。

動物は言葉で「ごめんなさい」と言わない代わりに毛づくろいしたり、食べ物を差し出して“お詫び”をし、仲間としての関係を修復します。

でも、人間は大人になり立場が複雑になればなるほど“面と向かって詫びる”事が難しくなり、無視したり、逆に嫌味を言ってしまう事もあります。

ここは、変なプライドや維持を張らずに自分に非がある場合は素直に誤る方が自分の気持ちも楽になるし、その後の関係も悪化する事を防ぐ事にもなりますよ。

動物を真似て自分がゆるキャラに変わる

動物から学んで“人間としての幸せを掴む”というのは何だかおかしな話ではあるのですが、動物のように自然体でいる事が現代社会に生きる私達には難しくなっているのです。

だから、気ままに生きてるペットに癒しを求める人が増えているのです。

でもいっその事、私達自身がペットを真似て自然体になり、自分が癒し系に変わってみた方が毎日楽しく幸せに過ごせそうな気がしませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント