• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

老化しない肌=アンチエイジングのための暮らし方のヒント4つ

Date:2012.10.18

この記事のタイトルとURLをコピーする
老化しない肌=アンチエイジングのための暮らし方のヒント4つ|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/anntieijinnguhada83777/

見た目を老けさせたくない・・・と、スキンケアや運動に励んでいる女子も多いと思いますが、アラフォーになってくると、やはり自分で「老化」を感じる瞬間も、増えてきますね。

でも人生まだまだ、老け込まない、アンチエイジングのためには、ストレスを溜めないことが一番だとか。ストレスの多い生活の中で、ストレスを溜めない暮らし方、ちょっとした気分転換のヒントを、4つ紹介します。

1.悩みごとの多い毎日のストレスを、「海」で解消する

昔から欧米では、ストレスの解消やアンチエイジングのために「タラソテラピー」と言った手法で、海の効果が利用されてきました。命の始まりは海だということが、海が心を癒してくれる理由なのかも知れません。

日本は海に囲まれていて、気軽に出かけられ、また季節も夏~秋にピッタリなので、日帰りで海に出かけてボーッとするだけでも充分。ただ、海を見ていたり浜辺を歩く、またヨットや船の旅で、海の上に浮かんでいるだけでも、心が癒される効果があるようです。

「海水浴は日焼けするから」「疲れるからイヤ」という女子も、少しシーズンオフに入った海の近くのリゾートや、気軽に出かけられる週末クルーズなどはいかが?少しゆったりした気分になるなら、1泊以上宿泊してノンビリすると、心がリフレッシュします。

また週末を利用したクルーズ旅行もオススメ。横浜や名古屋・大阪などからも、気軽に行けるプランも増えています。気の合う友人と出かけるのもヨシ、1人でも気軽に出かけても。ハイ・シーズンをはずすことで、お財布も痛みませんし、渋滞などで余計なストレスを感じることもないので、これからの時期こそ、大人女子の癒しには最適では?

2.庭やベランダで植物を育ててみる

植物を育てる、育った物を見て癒されるだけでなく、育てることで、生活習慣病の予防にもなるとか。好きな花、キレイな花だけでなく、ハーブ類で香りの良いラベンダーなどは、香りでも癒してくれる効果が。ハーブはお風呂に入れたり、お茶としても楽しめて、癒し効果もあるので、オススメ。

庭がある場合は、他にも良い効果が。体力アップも狙うなら、芝生を植えると良く、手入れが必要な分、体力維持のにも一役かってくれます。同時にウッドデッキ作りなどにも挑戦してみては?DIYも意外に楽しく、ストレス発散にもなるようです。

また少し郊外なら、鳥が来て癒してくれるような木を植えるのも。花もキレイなハナミズキや、ナナカマドなど鳥が好む木を。こちらも、餌台などを、かわいく手作りするのも、良いアイデアです。

初心者や苦手な人の場合、好きな植物を選ぶことも大切ですが、生きている物だから枯らせるとかえって落ち込むことになるので、専門店など詳しい店員さんのいる店で、相談にのってもらいましょう。育て方や植え方のコツ、土やプランターの選び方、置き場所などを詳しく聞いて購入すると、失敗がないと思います。

人気のハーブでも、水をやりすぎるとすぐにダメになる(乾燥させておくのが良い)ラベンダーと、湿った場所で日当たりが良すぎると枯れやすいミントなど、特性があるので、育て方の本などで、自宅の環境や育てる場所の状態なども考えて、選ぶのがポイント。

また一気に増やして、自分の手に負えなくなってしまうことにも注意して、世話が出来る範囲の中で、楽しめて好きな物をチョイスすること。これから、秋のお彼岸時期過ぎまでが、秋の植え時なので失敗しにくく、始めるチャンスです。

3.1人旅に出てみる

人との付き合いが、実はストレスの一番の原因という人が多いですよね。職場やママ友など、好きではない・合わない人ともしょっちゅう顔を合わせて、付き合わざると得ないことが、大きなストレスになり、落ち込んだり、イライラしたり・・。

そんな時は、いっそ1人でちょっとした旅行へ行ってみるのも、ストレスを失くすためには良いようです。1人なら、誰にも気を使う必要もなく、勝手気ままにしても、誰からも文句を言われずに済み、間違ったり思わぬことに巻き込まれても、自分だけの責任なので、意外に納得できて、スッキリできるよう。

コツは時期は思い立った時にフラッとでもOKだけど、行き先などはあらかじめ考えておくこと。行き先だけでなく、電車で行くのか、途中でレンタカーを借りるのか、宿は?など、プランを詰めて考える作業も楽しめます。

趣味や興味をテーマにして、行き先を選んだり、やりたいことが出来る場所を探すなど、思いっきり自分にワガママなプランを作って、実行できるのが1人旅の良さ。

ただし、女性の場合は、人けが無いなど危険がある場所は、事前に調べ避けるようにしたいもの。せっかくの旅が、悲惨な思い出にならないように、充分に注意して場所選び、プラン選びを。

4.家にこもっていても出来ることでストレス解消

気分がのらない、疲れて出かけたくない・・・。そんな状態の時や、子育てや介護などや事情があって出かけられない・・・。そんな時は、家の中でストレスを失くすことをやってみるのも。例えば、掃除の中でも拭き掃除は、かなりカロリーを消費し、動くことで運動と同じような、ストレス解消効果が。

また、音楽を聴いたり、歌を歌ったり、楽器を演奏すること、ちょっと時間をかけて凝った食事を作ってみる、部屋の模様替えなど、ちょっとしたことで、気分転換になるようです。

模様替えで、家具の位置を少し移動してみるだけでも、見える風景も変わり、気分転換にはピッタリ。家具などの大物を変えたり、購入しなくても、ファブリック類(カーテンやクッションカバー、ソファにお気に入りの布をかけるなど)で変化をつけたり、小物をプラスするだけでも雰囲気を変えられます。

中でも灯りは癒しの効果もあり、照明の色を変えてみる、照明器具を変えてみると、簡単に部屋全体が変わります。癒しのさくら色の照明器具なども販売されているので、そうした癒し効果のある灯りに変えてみるのも。

こうしたことで、日々の生活の中で、自分なりの気分転換法を見つける、良い機会にもなるのでは?

この記事のタイトルとURLをコピーする
老化しない肌=アンチエイジングのための暮らし方のヒント4つ|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/anntieijinnguhada83777/

この記事をシェアする

関連記事

コメント