• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼にドキドキしない!結婚で女性が手に入れる安心のメリットとは

Date:2014.09.13

付き合っている時は、彼氏と手を繋ぐ、ドライブする、買い物するなど一緒に居る時間だけではなく、離れている時も想いをはせるだけでドキドキすることでしょう。しかし、結婚して生活を共にするようになると、徐々にドキドキする気持ちがなくなってしまいます。

ドキドキがなくなることは残念かもしれませんが、その代わりに安心や穏やかな日々を手に入れることができます。今回は、結婚すると手に入れる安心が女性にもたらすメリットを4つご紹介します。

1 辛いことも楽しいことも二人で味わうので精神的に落ち着く

結婚すれば親戚や家族の問題や仕事、近所、ママ友など悩みや問題は何でも二人で解決することになります。独身で一人暮らしであれば、電球が切れてもゴキブリが出ても一人で対処しなければなりませんが、結婚していればご主人が家に帰ってくるので対処してもらえます。

辛いことも楽しいことも二人で分かち合って生きていくので、不安を感じるということは少なくなるでしょう。特に、女性ホルモンの乱れに悩む女性の場合は、月経前後に精神が不安定になりやすいので安心できる人と場所があることはとても大きなメリットではないでしょうか。

2 子供を産み、育てる環境が整う

結婚すれば生活が安定するので子供を作ろうという気持ちになりやすいようです。

ご主人の収入によっては、専業主婦やパートなど仕事の負担を減らしながら子育てをすることが可能になります。婚期が遅くて不妊治療になった場合も夫婦二人で向き合い、頑張ることができるでしょう。

妊娠して無事に出産した後も結婚しているからこそのメリットがあります。それは両親の存在です。

両親が近くに住んでいる場合は子供を預けて二人でデートへ出かける、仕事へ行くなど面倒をみてもらうこともできますし、子育てについて色々アドバイスしてもらえることもあります。

シングルマザーでも子供を育てることはできますが、一緒に過ごす時間が短くなる、留守番させることが増えるなど心配な面もあります。結婚していれば専業主婦となって子供と過ごす時間を増やすことができることもメリットではないでしょうか。

3 老後も一人になることはない

独身女性の悩みで最も多いことは、老後の不安と言います。貯蓄や保険加入などしていても将来周りに誰も居らず一人で暮らすのではないかという不安を抱いているようです。

結婚していれば家族や親戚だけではなくわが子も居ますので一人になる不安から解放されることができます。家族が増えれば葬儀やお墓の問題も自分一人で抱えて悩む必要はなくなります。

結婚し家族に恵まれれば、孫の面倒をみる、定年後にご主人と旅行するという楽しい未来を思い描くこともできるというメリットもあるので、女性が閉経期に陥りやすい更年期障害になっても前向きに乗り越えることができるのではないでしょうか。

4 自分の好きなスタイルで生活できる

結婚するまでは、好きな人や彼氏の好みに合わせて自分のしたい服装や髪形ができなかったという女性は意外と多いようです。

自分自身を飾って女子力を上げることは独身時代には当たり前のことかもしれませんが、結婚すれば自分の好きなスタイルで生活することができます。

あなたの全てを受け入れてくれた男性なので、化粧や服装が変わったからといって嫌いになることも離婚されることもないからです。

自分のありのままの姿を認めてくれる存在が居るということもメリットの一つでしょう。結婚前と結婚後では、メイクや服が変化したという女性はそれだけ安心できる場所を見つけたということかもしれません。

この他にも自分の内面を磨く趣味の時間を楽しめるというメリットもあります。

結婚すれば自分だけにかける時間が少なくなりますが、男性を探して気に入られるようにと努力する必要はなくなりますので、うまく時間を使うことができれば読書や庭のお手入れなど趣味を探求できます。

様々なことに目を向けられるようになると心の余裕もできるので、周りの人に優しくなれるというメリットもあるようです。

ご主人との愛を深めるために…

付き合い始めの気持ちを思い出したい時には、結婚前にしていたことをしてみることをお勧めします。

デートしていた場所や旅行した場所などを二人で訪れることで、付き合っていた時の気持ちを思い出すことができるでしょう。また、結婚前の写真を見ながら思い出話をしても良いでしょう。

ドキドキしていた過去を思い出すことで、好きだった彼氏から愛すべきご主人へ変わった今をより一層大切にできるかもしれません。安心できる日々を与えてくれるご主人に感謝して、これからの日々も更なる安心を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事