• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

抜群のアンチエイジング効果を期待できる化粧品成分ベスト7

Date:2014.09.22

完全にお肌のエイジングをストップする事は不可能だとしても、毎日のスキンケアで老化の進行を遅らせたり、やわらげる事はできますよね?

そこで、海外の皮ふ科医やお肌の専門家がおススメしているアンチ・エイジング効果の高い化粧品の成分のベスト7ランキングをご紹介します。

ベスト1:アンチ・エイジングの王道“レチノール”

海外の皮ふ科医や肌の専門家たちも絶賛するアンチ・エイジングの王道ともいえるのが、レチノールを含む化粧品。

でき始めのシミを薄くし、毛穴の黒ずみを改善、そしてなにより新たな肌の細胞の生成を促進する作用があるため、レチノールほどシワの軽減に効果を表すものはないのだそうです。

但し、海外ではレチノールは皮ふ科医から処方される事が多い化粧品でもあるので、使用をする際には充分な注意も必要なのです。元々、敏感・乾燥肌や以前に化粧品でアレルギーを起こした事のある方は専門医に相談してからにしましょう。

それから、レチノールの性質上から肌荒れを起こしやすいので直射日光を避け、夜寝る前の美容液として使用し、翌朝は保湿と紫外線防止対策を万全にする事をお勧めします。

ベスト2:肌のハリ・シワ予防には必須“ヒアルロン酸”

「湿気の多い夏の時期だから…」と肌の保湿・保水を怠ると秋・冬になった時に目じりなどに深いシワを作ってしまう事になります。

夏の強い日差しは乾燥の元でもあるので、ヒアルロン酸は保水・保湿効果が高い上に、コラーゲンの生成も助けてくれる有りがたい成分なのです。しかも、レチノールとは異なり刺激性も少なく、他の美容液との併用もOK。

ただ、乾燥が気になる部分にはヒアルロン酸の成分に“フタ”をする意味でも他の保湿剤、特にセラミドなどが含まれている美容液を使う様にするとシワにダブルの効果をもたらしてくれますよ。

ベスト3:肌を清潔に保ってくれる“AHA & BHA”

ヒアルロン酸で潤いを与える前には余分な皮脂や古い角質、角質に巣食う雑菌を取り除く除く必要があります。

そんな時にはアルファヒドロキシ酸(略してAHA)配合のフェイスウォッシュやメイク落としで角質除去をするのが理想なのですが、人によっては肌荒れやアレルギー反応を起こす事もあります。

そこで、AHAより刺激の少なく、殺菌効果の高いBHA(ベータヒドロキシ酸)を勧める肌の専門家も多い様ですが、最近は両方の‘イイトコどり’した2つの成分を配合した製品も発売されているそうです。

是非、角質+余分な皮脂を除き、シミが残りやすい大人ニキビや老化のサインである毛穴の黒ずみ・広がりを防ぎましょう。

ベスト4:夏の肌の救世主“ビタミンC(Lアスコルビン酸)”

日差しが強くなる夏は、日焼けによるシミ・ソバカスが気になります。そこで登場するのが美白作用の高いビタミンC配合のコスメ。

ですが、皆さんもご存じの通りビタミンCは空気に触れると酸化して壊れやすい物質でもあります。なので、できれば原材料のところに“Lアスコルビン酸”の文字がある美容液だとよりビタミンCの効果が期待できるのだそうです。

ビタミンCは美白以外にも肌免疫を高め、コラーゲンの生成も高める事が様々な研究で証明されているので正に“夏の肌の強い味方”なのです。

ベスト5:DNAからエイジングに対抗する“抗酸化作用成分”

ビタミンCも抗酸化作用の高い成分の1つでも有りますが、ビタミンEとのコンビで使用すると細胞の奥からダブルで老化を遅らせてくれるのだそうです。原材料に酢酸トコフェロール、α-トコフェロールリノレアートなどと表示があったらビタミンEが入っている証拠です。

その他、緑茶エキス、グレープシードに大豆イソフラボンやコエンザエムQ10も紫外線等に含まれるフリーラジカル等の肌へのダメージから守ってくれ、更にはコラーゲンの生成にも深く関わっているので正真正銘、細胞レベルでエイジング防止をバックアップしてくれます。

ベスト6:日焼けによるシミ対策応援成分“ナイアシンアミド”

ナイアシンアミドは聞いた事がないかもしれないけれど、ビタミンB3と言えば分かりますよね?

この成分も夏には大活躍してくれそうで、ニキビ跡の黒ずみや日焼けによるシミ・ソバカスの原因であるメラニンの生成を抑制してくれる上に、保湿、コラーゲンの生成を助けてくれるそうです。更に、抗炎症作用があり、大人ニキビには特に効果があるようですよ。

ベスト7:エイジング予防の必須アイテム“サンスクリーン”

ランキング最後ではありますが、実はこれがアンチ・エイジングの基本中の基本。 

夏・冬構わず、1年を通して毎日UVA/UVBに対応しSPF30以上の物を使う事で肌年齢が低くなる事は既に海外の研究で立証済み。なので、化粧水やメイクをする前の素肌に毎日塗り、汗をかく季節には日中塗り直す事も大切です。

紫外線吸収剤が入っていると肌が荒れてしまう方には二酸化チタンや酸化亜鉛が入っていて、肌にも優しい紫外線反射剤を選ぶようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事