• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代女性必見!今より5歳若返る3つのアンチエイジング習慣

Date:2014.12.23

「化粧ノリが悪くなった」「すぐにだるくなる」これはエイジングの兆候かも…?

これから紹介する3つのアンチエイジング習慣を続けていけば、実年齢よりも最低でも5歳は若く見られるに違いありません。

①「赤」&「黒」の食べ物で心も体も若返る!

アンチエイジング効果のある食べ物のカラーをご存知ですか?それは、ずばり「赤」と「黒」です。

赤い食べ物

赤い食べ物といえば、トマトと人参とサケなどがパッと頭に浮かびます。

トマトに含まれるリコピンや人参のβカロチンは、体内で発生した活性酸素を除去する強い抗酸化作用があります。

カニやサケに含まれるアスタキサンチンは、紫外線によるメラニン生成を抑制し、シワやシミを作りにくくする働きがあるため、肌の老化防止には欠かせない食材でしょう。

赤身の肉や魚、レバーやかつおなどは鬱々とした気分を防いでくれる働きがあります。

黒い食べ物

黒い食べ物も老化を予防してくれる貴重な食材ばかり。

黒ゴマや黒米のアントシアニンは脂質代謝を促進し、脂肪を排出してくれる働きがあります。

カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれている黒糖やドライフルーツには、美肌効果が!

赤と黒の食べ物両方を

このように赤色と黒色の食べ物、両方ともに体の老化を予防し、若返り効果のある作用があります。

30代後半になると肌も体も老化の加速スピードが早まるばかり。その第一の原因がストレスといわれていますが、ストレスケアには赤い食べ物を、健康やダイエットを重視するなら黒い食べ物を積極的に食べるようにしてください。

②食物繊維と発酵食品で体の中からキレイをサポート

体の内側から綺麗になることで肌の調子が良くなったり、気持ちが前向きになったりするものです。体内にある毒素が排出されるので体の調子も良くなるでしょう。

腸内環境を整えて内部から綺麗になろうではありませんか。それには、腸内細菌を増やす必要があります。

・納豆やみそ、ぬか漬けなどの発酵食品
・ごぼうや大豆、切り干し大根や昆布などの水溶性食物繊維

これらは、腸内細菌のエサとなり、便通を良くしてくれる不溶性食物繊維も豊富に含まれています。体内の毒素や悪いコレステロールを排出し、老化を予防してくれます。

腸が喜ぶ「発酵食品(納豆やみそなど)」と「食物繊維(ごぼうや昆布など)」を積極的に摂り、腸内環境改善で肌も体内も若返ろうではありませんか。

③スロートレーニングで若返りホルモンアップ!

運動する習慣のある女性は、肌もキレイだし、見た目も気持ちも若々しいですよね。

アンチエイジングにおススメな運動は、筋トレです。筋トレをすると脳から成長ホルモンがわんさか分泌されます。この成長ホルモンは、筋肉量をアップさせ、余分な脂肪を落としやすくさせてくれます。肌もしっとりさせる美肌効果まであるのです。

毎日10分間、ダンベルやチューブトレーニング、腹筋をするだけで成長ホルモンは分泌されます。

今日からやってみてください。

筋トレが苦手な人はスロートレーニング

ただし、筋トレというとハードなイメージがあってイヤだという人もいるでしょう。そこでおススメしたいのが、スロートレーニングです。

スロートレーニングとは、動作がスローペースな筋トレのこと。最後までゆっくりと力を入れて動作するので、回数は少なくともかなりの負荷が筋肉にかかります。

たとえば…

・3キロのダンベルを3秒かけて上げます。
・そして、8秒かけてゆっくりと下していきます。

という感じです。一回ずつの動作に時間をかけますが、数多く行う必要はありません。

成長ホルモンは、気楽にできるトレーニング。血糖値の低い空腹のときに行うとより効果的ですよ。

終わりに

以上が、今より5歳若返るアンチエイジング習慣のご紹介でした。

10年後、同年代の女性よりも見た目が若く美しくなっていたいなら、今からアンチエイジングな生活習慣を身に付けておくべし!継続は力なり、ですよ。

この記事をシェアする

関連記事