• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アパレル勤務10年の女性に聞いた!成績の上がる接客法

Date:2013.10.05

接客業をされているあなた、お疲れ様です。仕事とはいえ、毎日気を遣うお仕事ですよね。今回は、アパレルに10年務め、接客や店長などの経験が豊富な女性に、接客で成績を上げるコツを聞いてきたのでレポートします。

声をかけるタイミング

洋服屋で、店員さんに声をかけられた時の印象は、そのタイミングによると思いませんか?ちょうど、人に聞きたいな~と思っていた時に「○○をお探しですか?」などと言われると、タイミング的にうれしいものです。

アパレル勤務10年のAさんは、まずお客様に声をかける前に、相手の事をよく観察することが大切だと言っていました。

お客様の動きを見て、適切な声掛けを行います。「試着できますよ~」などと言うありきたりで、誰にでも言えるシチュエーションの声掛けは、あまりしないそうです。

ゴリ押しは禁止事項

たまに、明らかに似合っていない洋服なのに、ゴリ押しする店員さんもいるそうです。似合っていたとしても、本人が気に入ってない場合も同じです。

本人が躊躇しているのに、「それすごくいいですよ~!」「似合ってますよ!」などと、あまりにも強く勧められると、お客さんはその場では購入してくれるかもしれません。

しかし、このような購入の仕方をした場合、家に帰って「なんか違う」という事になる確率がグッと上がります。

ほとんどのお客さんは、ここで我慢して泣き寝入りと言った事になるでしょう。お客さん側の満足度は大幅に落ち込み、評判が落ちたり、リピーター率低下にもつながりかねません。

そして、あまりにもお客さんの逆鱗に触れる事になってしまえば、クレームや無理な返品へとつながっていくそうです。この事から、Aさんはゴリ押しは絶対してはいけないと言っていました。

明らかに似合っていないお客さん

洋服屋さんで働いていて、店員さんが困る事の一つに、試着室から出てきたお客様への反応と言うものがあるのではないかと思います。明らかに似合ってない洋服を着て、試着室から出てきたお客さんにあなたならどうするでしょう?

Aさんは、「似合ってますね」と無理に褒めるのではなく、「こんな物もありますよ」とさりげなく、もっと似合いそうな服を選んできて渡すそうです。しかし、最後に商品を選び、購入するのはお客さんです。

やはり、最後まで似合ってない方の服を気に入り、購入される方も少なくないんだとか。そんな場合も、無理に自分の意見を通す事をせず、お客さんが気に入った商品の購入を促してあげるのがいいようです。

ちなみに、お客様に似合っておらず、お客様自身も不満気だった場合、そこは店員さんの腕の見せ所、お客様の好みに合いそうな服や、似合いそうな服を持ってきて、試着を促すそうです。

例外!スタイリスト買いするお客様

Aさん自身のお客様ではないのですが、店員さんがスタイリストとなり、全身コーディネートを手掛けてもらうお客様もいたそうです。

そのお客様が来店されると、ご指名の店員さんがその人に似合いそうな全身コーディネートの洋服を、次々とシングルハンガーにかけて行きます。

お客様は、指名の店員さんに言われるがまま、次々と洋服を試着していきます。その様は、まるで着せ替え人形のようだったと言います。

そして、着せ替え人形のお客様は、自分にコーディネートされた洋服を丸ごと買っていくんだそうです。このような例は、特例ですが、お金持ちのお客様のお気に入り店員になる事で、まとまった利益を上げる店員さんもいるのは事実のようです。

変わったお客さんにも、変わらない接客態度を

長い事アパレルの店頭で働いていると、色々な種類のお客さんが来店されたそうです。例えば、女性の格好はしているものの、明らかにオカマのお客様。最初は、普通に声をかけていいものか戸惑ったそうですが、Aさんはいつものように声をかけました。

結果的に、お客様は喜んでくれ、リピーターとなってくれたそうです。

自然体でいる事の大事さ

Aさんから色々な話を聞く中で、Aさんの接客技術にとくに裏技と言ったものを見つける事はできませんでした。それでも、Aさんの成績は常に上位をキープし、店長になる事も叶いました。

この事からわかるのは、自然体に接客し、真心を込めて接すれば必ず結果は出ると言ったところでしょうか。

客観的に見て、Aさんは挨拶の時の笑顔が素敵で、話しかけやすい雰囲気を持っています。あまりガンガンと話しかけてくるタイプではないので、自分から話しかけたくなる人は多いのではないかと思います。

このようなゆるい自然体こそが、Aさんの成績を上げる要因に大きく貢献したのではないかと思います。

接客で成績を上げたいと思っているあなた、あなたはあなたらしく、無理せずに自然体で接することで、お客さんにも安心感を持たせることができるのかもしれません。是非、試してみてください。

この記事をシェアする

関連記事