• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これで好きな人からデートに誘われる!効果抜群アピール方法

Date:2017.06.16

「彼氏が欲しい」、「恋愛したい」などと思う時は、彼氏候補の男性とデートする必要があります。

しかし、誰からも声をかけられなければデート相手がいないので、恋愛へ発展する可能性はない状態です。

そこで誘うという行動ができれば問題ないですが、恥ずかしい、勇気が出ないなどの理由から「なかなかこちらから声をかけることができない」という女性は多いのではないでしょうか。

今回は、デートに誘われない女性から卒業して、デートの誘われる女性になる方法をご紹介しましょう。


これで彼氏候補が現れる!デートに誘われる方法を大公開!

デートに誘われたくても誘われない時は、相手ではなく自分の言動に問題があるかもしれません。

自分が男性だったら誘いたいと思う女性になっているかどうかを客観的に考えてみる必要があるでしょう。

周りの男性を意識せず、どんな相手にも興味を示さず過ごしていたらいつまで経ってもデートに誘われることはないかもしれません。

ここでは、男性からデートに誘われる方法をご紹介しますので、できそうなことから挑戦してみましょう。

フリーであることを知ってもらう

デートに誘われるためには、独身であること、彼氏がいないことなどフリーであることを知ってもらう必要があります。

スタイル抜群、顔が可愛いなどの女性は、「もう彼氏がいるんだろうな」と思われていて誘われないということは意外と多いのです。

自分の周りにいる人たちにも、彼氏がいないということ、探していることを常日頃から伝えましょう。

既に意中の男性がいる場合は、直接言ってみても良いでしょう。

デートへ誘っていい女性であるということを知ってもらえれば、男性も誘いやすくなって声をかけてくれるはずです。

ですが、「私、彼氏がいないの」と伝えることは不自然ですから、以下のような伝え方がお勧めです。

  • 「休日はいつも一人です」
  • 「元カレと別れてから彼氏ができないのです」
  • 「一緒に出掛ける相手がいないから欲しいです」

この他にもカップルで過ごす人たちを「羨ましい」と言うこともお勧めです。

上記のような言葉を聞いた男性が「それなら僕が楽しませたい!誘いたい!」という気持ちになってデートに誘われるかもしれません。

一人で過ごすあなたのことを応援したいという気持ちになった友達や同僚などが動いてくれるかもしれません。

フリーの男性に「あの子もフリーみたいだから誘ってみたら?」と、デートのお膳立てをしてくれる可能性もあります。

まずは、彼氏がいなくて募集中であるということを公にする必要がありますので、デートに誘われたい場合は自分からフリーであることを発信していきましょう。

誕生日を覚えておく

男性の誕生日を忘れずに覚えておくということもデートに誘われる方法としてお勧めです。

さりげなく誕生日を聞いておいて、忘れないようにスマホや手帳へ記入しておきましょう。

忘れっぽい方はスマホのカレンダーアプリにあるお知らせ機能を使うと良いでしょう。

当日になったら、「お誕生日おめでとう」とお祝いを言ってプチギフトを渡すと喜ばれるでしょう。

誕生日はこの世に誕生した記念の日なのでささやかでも祝ってもらうことは嬉しいものです。

男性は「○○さんは俺の誕生日を覚えていてくれたんだ」と、異性として意識するきっかけになるかもしれません。

予期せぬことにびっくりされるかもしれませんが、不機嫌になることはないはずですし、誕生日にお祝いの言葉やプレゼントをもらうことで、「何かお返しをしたい」という気持ちになりやすいでしょう。

以下のような形で、食事やショッピングに誘われる確率が高くなるのです。

  • 「誕生日を祝っていただいたお返しにご馳走させてください」
  • 「誕生日はいつですか?何かプレゼントさせてください」

お返しの形として、デートに誘われやすくなりますので誕生日を覚えておいて損はありません。

短時間や近距離デートでも、その外出が楽しいものであれば次回のデートにも誘われやすくなるでしょう。

誕生日をきっかけに距離が縮まるということは珍しくないので、恋愛に発展したらいいなと思う男性がいたら誕生日を聞いて覚えるという習慣を付けましょう。

笑顔で過ごす

道を聞く時、あなたはどんな人に声をかけますか?仏頂面や怒り顔の人には声をかけにくいものですよね。対して笑顔の人には、声をかけやすいですよね。

日頃から笑顔で過ごすことは男女問わず声を掛けられやすくなるので、当然デートにも誘われやすくなります。

つまり、笑うことはデートに誘われる方法になるのです。

笑顔で過ごす習慣を付けていれば、職場や学校などの知り合い男性からはもちろんですが、電車で同じ車両になる男性や通りすがりの男性からも声をかけられやすくなるでしょう。

笑顔に惹きつけられる男性から気軽に声を掛けられるようになると、出会ってすぐでも食事やお酒に誘われることが増えるのです。

逆に、不機嫌な顔で過ごしていると「デートに誘っても断られそうだな」という決めつけから声をかけられることも、デートに誘われることも難しいのです。

笑顔で過ごすことで近所の人や店員さんから挨拶や世間話される、子供が寄って来るなど声を掛けられることが増えれば、デートに誘われる可能性は高い状態にあると言えるでしょう。

普段から口角を引き上げて、微笑む程度の自然な笑みを浮かべて過ごしましょう。

隙を見せる

完璧な女性になってしまうと男性が近寄りがたくなってしまうので、隙がある女性になる必要があります。

ちょっと抜けた部分があるように、適度な隙を見せることがデートに誘われる方法としてお勧めなのです。

隙を見せると言っても、肌を露出する、頭が悪いふりをするなどをする必要はありません。

隙のある女性の特徴は以下です。

  • 虫が苦手
  • 雷が怖い
  • 蓋が開かない
  • 手が届かない
  • お酒に弱い
  • 方向音痴
  • 自虐ネタを披露する(軽い程度)

また、天然系の女性も男性からモテる傾向があるので、デートに誘われるためにキャラを演じても良いでしょう。

例えば、以下のようなことは軽い天然系に見えます。

  • 言い間違い→キャラクターや芸能人の名を間違える
  • 忘れっぽい→教えてもらってもなかなか覚えられない
  • おっちょこちょい→よく転ぶ、躓く

度が過ぎると天然系ではなくおバカキャラになってしまいます。デートに誘われるためには程度が軽い天然ということもポイントです。

あくまでもやり過ぎず、ほんの少しだけ見せることをお勧めします。

話し役ではなく聞き役になる

デートに誘われるためには相手を受け入れる姿勢が大切です。

会話の時は、話し役ではなく聞き役になることがデートに誘われる方法になります。

そもそも人の話を聞かない人とは会話になりませんから、デートに誘いたい相手としては除外されてしまいます。

日頃から男性の話を聞いて、自分の意見は求められた時に発する受け身の姿勢をとりましょう。

そうすることで「話しやすい人だな」、「黙って聞いてくれるから何でも話せる」と好印象を残すことができます。

「話したい」、「話を聞いて欲しい」というように、求められる女性になればデートに誘われやすくなるのです。

特に、男性は女性のように長電話や立ち話などをすることが少ないので、日頃抱えている思いをなかなか外に発散できないようです。

話を聞いてくれる女性は安心できる存在になるので、一緒に過ごしたいという気持ちが強くなれば自然にデートへ誘われるようになるでしょう。

男性の気を引く格好をする

デートに誘われる方法として、自分のスタイルを男性好みにすることもお勧めです。

いくらデートしたいという気持ちがあっても自分の格好を疎かにしてしまうと男性の気を引くことは難しいものです。

ヘアスタイルやファッションに力を入れず、体型が崩れても放置している男性より自分磨きをしている男性のほうが興味を惹かれますよね。

声をかけられるチャンスが増えるように、着心地や機能性など自分が楽な格好ではなく、男性の気を引くような格好をすることを心がけるのです。

メイクや服装やヘアスタイルのお勧めは以下です。

  • 厚塗りではなく素肌に見えるナチュラルメイク
  • 女性らしいスカートやワンピーススタイル
  • 自然に見える茶色や黒色のヘアスタイル

金髪や奇抜なファッションでは、中身を知るまでどんな女性かわからず、外見から話しにくそうと判断されかねませんので、上記のような一般的なスタイルをお勧めします。

普段はボーイッシュな格好をしている方は、女性らしい格好をしてみることで男性の目を引くこともできるでしょう。

男性は狩猟をしていた時代から動く物を追う傾向にあるので、ネックレスやピアス、ポニーテールなど揺れる物を付けて視線を釘付けにすることもお勧めです。

揺れる物からあなたへ目が行き、いつの間にかあなたを見つめることが増えていけば、「もっと見つめていたい」、「デートしたい!」という気持ちになるでしょう。

最優先であることを日頃から伝える

好きな男性や気になる男性がいたら、普段から一番大事で最優先人物であるとを伝えることもデートに誘われる方法の一つです。

他の予定があっても最優先で選ぶ人だということを伝えておくことで、少し時間が空いた時や予定がキャンセルになって相手を探す際にも候補として挙がりやすくなります。

  • 「○○さんから誘われたら全ての予定をキャンセルしますよ」
  • 「○○さんは優先順位の一番上です」

上記のようにさりげなく伝えておくことがポイントです。

デートができる存在であることを忘れられないように日頃から伝えておけば、「誰かいないかな。あ!そういえば○○さんがいつも声をかけてくれていたっけ」と思い出してもらえるでしょう。

また、食事やお酒などのデートに誘われやすい人は、フットワークが軽い傾向にあります。

デートに限らず食事に誘いやすい人は、返事が速くて断らずに「行きます!」とすぐ返事をするので男女問わず誘いが多いようです。

「今からどう?」と誘われた時に、「ちょっと予定を確認してみないとわかりません。少し時間をください」と返事をすると、その間に相手を見つけられてしまうかもしれません。

「すぐ返事がもらえないなら誘わないほうがいいか」と相手の男性から誘われなくなることも考えられます。

日頃から最優先の人ということを伝えるだけではなく、即OKの返事もしましょう。

返事が速くて自分を優先してくれる女性なら、一度ではなく二度、三度とデートに繋がっていくはずです。

メールや電話はその日のうちに返す

デートに誘われるためには、先程の項目でもご紹介しましたがフットワークが軽い女性になることも一つの方法です。

中でもメールや電話をきちんと返すことで人ときちんと向き合う人、マメな人という印象を残すことができます。

すぐに返事ができない時でもできるだけその日のうちに返すように心がけましょう。

デートに誘う男性側としては、時に最初の時には躊躇や緊張もあるでしょう。

その時にいつまで経っても連絡が来ないと、以下のように気持ちが変化していきます。

「○○さんとデートしたい」という気持ちから、
「○○さんはデートしたくないのかな?」という不安な気持ちへ変化

返事をすることを躊躇っていると「ちょっと用事ができたのでまた今度」と断られる可能性もあります。

恋愛に発展するかどうかがわからない段階であっても、男性と連絡をするほど仲も深まります。

メールや電話が来たらデートの誘いではなくてもなるべく早く返事をするようにしましょう。

体調不良に気づく

普段から男性の体調を気にかけて、怪我や風邪などの体調不良に気づくこともデートに誘われる方法の一つです。

鼻声や咳など、体調不良は普段からしっかり見ていないと気づきにくいものです。

些細な変化を見逃さずに気づくことで他の男性とは違うという特別感を出すことができるのです。

  • 「大丈夫?」と声をかける
  • 市販の風邪薬や栄養ドリンク、ゼリーなどを差し入れる
  • 体を支える手助けや仕事の手伝いなどを率先して行う

上記のように気遣うことで好感度がアップします。

体が弱っている時は人の優しさが身に沁みるものですから、お見舞いの言葉と差し入れをすることで、他の女性たちと差を付けることができます。

デートの相手に迷った時や誰かを誘って飲みに行きたくなった時などに、「あの時、優しくしてもらったからお礼をしよう」と思い出すかもしれません。

元気になったらお礼という形で食事やお酒に誘われることもあるでしょう。

自分を気にかけてくれない女性より、些細なことでも気づいて心配してくれる女性は、優しくて気遣いができるという印象を残すことができます。

日頃から周りにいる男性の変化に気を配って、デートに誘われるチャンスを増やしていきましょう。

好きな物を日常から伝える

デートに誘われるためには、自分のことも知ってもらう必要があります。好きな物が何かも知らない相手では、男性が誘う際に悩むからです。

誘う側の男性としては、食事でも映画でも好きな物を知らない状態ではデートに誘おうとしても難しいのです。

ですから、好きな食べ物や映画のジャンルなどをデートに誘って欲しい相手には特にさりげなく伝える必要があります。

野球観戦好きの男性に伝える場合は、「最近野球観戦にハマっているんですよ」と相手に寄せて伝えても良いでしょうが、わからない場合は無難系で伝えてみましょう。

  • 「パンケーキ屋巡りが一通り終わったので、最近はラーメン巡りをしています」
  • 「ラブコメディーが好きでしたがホラーの面白さもわかってきてハマっています」
  • 「フェスって楽しいですね。色んなミュージシャンの歌を聞いてみたくなりました」

上記のように、好きなことや気になること、ハマっていることなどを日常会話の中でさりげなく伝えておくのです。

どんなジャンルにおいても「誘うならこの子!」という女性になることができればデートに誘われやすくなります。

デートに誘われるためには会話で近づくということもポイントですから、天気や芸能ネタなどから自分と相手の趣味や好みの話に持って行って二人の距離も近づけていきましょう。

男性が得意なことに悩んでいる様を見せる

ある製品を決めかねて悩んでいる様子を見せることも、デートに誘われる方法になります。特に男性が得意な電化製品がお勧めです。

気になる男性や片想いの男性がいる場所で、スマホやパソコンなどのパンフレットを広げて悩むのです。

「どうしたの?」と声を掛けられたら「機能があり過ぎて難しいので悩んでいます」と言い、相談に乗ってもらうのです。

電化製品ではなく、車や賃貸物件でも何でも良いのです。「力になるよ」と言ってもらえたらデートに誘われるのは時間の問題です。

「実際に商品を見ないとよくわからないですよね」と売り場や物件などへ一緒に行ってもらえるような流れを作るのです。

「そうだね。週末なら空いているから一緒に付き合おうか?」と言われたら、それは立派なデートです。

一つのことを二人で共有する時間を楽しいものにするためには、同行してくれる男性に感謝の気持ちを示し、あまり優柔不断にならないことがポイントです。

男性が得意なジャンルの製品であれば、男性側も知識を深めることができる貴重な時間になるでしょうから、「次回も何か迷ったら声を掛けて」と言われるかもしれません。

最初は、悩んでいる製品があるからこそのデートになるかもしれませんが、いずれは特に買うという目的がなくても自然に食事やお酒に誘われるようになるでしょう。

デートに誘われる関係になるように、まずは男性が得意な製品の相談に乗ってもらって徐々に絆を深めていきましょう。

暇であることを伝える

いつも忙しそうにしている人には声を掛けることを躊躇いますし、デートに誘い辛いですよね。

「忙しい」が口癖、忙しそうに動き回っているなど余裕がないような女性は、「どうせ断られるだろう」と男性に思われがちです。

ですから、実際には忙しくても言動では見せないようにするのです。

暇を持て余していること、プライベートは予定がないことなどを伝えることでデートに誘われやすくなるのです。

誘われる方法としては、以下のような言葉を会話に盛り込みましょう。

  • 「仕事ばかりでリフレッシュしたいのですが、一人で何をしたらいいかわからないんです」
  • 「休みの日はぼーっとして終わってしまいます」
  • 「趣味でもあれば一人の時間を楽しめるのでしょうが何もないことが悩みです」

プライベートが充実していないという話をすることで、暇を持て余していることが男性に伝わります。

フリーだと伝えるという項目でもご紹介しましたが、同僚や友達などにも暇であることを伝えておくことがお勧めです。

間接的に男性の耳へ伝わることもありますので、グループ交際中や職場の同僚などの場合は周りから味方にしていくこともお勧めです。

「○○さん、いつも暇みたいだからデートに誘ってあげたら?」と思わぬところから助け舟が期待できるかもしれません。

仕事や学校などで忙しいとしてもあまり多忙な姿は見せないことで誘われやすくなるので、言動に注意することがポイントになります。

遊ぶ時間やリフレッシュする時間があること、そのような時間が欲しいことを男性に伝えてデートに誘われやすい雰囲気も作りましょう。

興味を持って話を聞く

デートに誘われるためには、気が合うことも重要です。

気が合う女性と思われるように、男性の何気ない話であっても興味を持って聞くのです。

「物知りですね」、「勉強になります」など興味を持っていることがわかるような相槌を打ちましょう。

自分の話に興味を持ってくれる女性だと認識してもらうことができれば、デートに誘われやすくなるからです。

この他にも、話の中で出てくる男性の好みについて共感することもお勧めです。

共感しつつ更に自分の希望を伝えることでデートに誘われやすくなります。

男性の好きなこと、ハマっているものなどの話を聞いたらどんな風に返せば良いか、例文をご紹介しましょう。

男性の話 共感を示す返し方
「俺、○○球団が好きでさ、球場での観戦が好きなんだ」 「野球楽しいですよね!一度も野球場へ行ったことがないのです。いつか行ってみたいなぁ」
「美味しい○○屋(カレー屋やラーメン屋、パン屋など)探しにハマっているんだ」 「私も○○が大好きです!一緒にお店探しをしたいなぁ」
「最新機種が出たから、そろそろスマホを機種変しようかな」 「ニュースで見ました!スマホが古いので、そろそろ私も機種変更したいなぁ」

男性の話に乗った上で、自分の希望も伝えれば「じゃあ、一緒に行こうか(食べようか)など誘われやすくなるでしょう。

日々の言動がデートに誘われる女性への近道!

ご紹介したように、デートに誘われる方法は様々あり、決して難しいことではありません。

男性目線になって考えることで、どのような女性と一緒に過ごしたいか、デートしたくなるかということがお分かりになるでしょう。

デートに誘われる女性になれるかどうかは、日々の言動の積み重ねです。

「デートに誘われない」と嘆くばかりではなく、まずはできそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント