• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「肌のうるおいは化粧水で」はもう古い!?アラサーの保湿の真実

Date:2012.12.13

子どもの肌がうるうるなワケ

子どもの肌は、高価な美容液を使用しなくとも、うるおいを保っています。それは角質と角質の間に存在するセラミドが水分を守っているから。セラミドは歳とともに減っていきます。私たちオトナはセラミドが少ないから肌が乾燥するのです。

洗顔後に化粧水をつける。この行為自体はあながち間違いではないものの、化粧水のほとんどすべての成分は水です。化粧水のボトルには配合成分が多い順番に成分を表記してくれていますが、最初に書いてあるのは、どんな高価な化粧水でも「水」。

水はご存知のとおり蒸発します。水をつける(=化粧水をつける)よりもセラミドを補うことのほうが重要なのです。

セラミドの補い方

  • ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸などが入った美容液を使用すること
  • セラミドを効果的に補おうと思えば、ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸などが入った美容液を使用することです。ビタミンC誘導体は、美容液のパッケージに「ビタミンC誘導体入り」と書いていることもありますが、書いていないこともあります。

    「リン酸パルミチン酸アスコルビン3Na」とか「リン酸アスコルビン酸Na(APS)」などと書かれていたら、それがビタミンC誘導体です。

    また、ヒアルロン酸やアミノ酸、大豆イソフラボンでもOK。こういう成分はそのまま素直にパッケージに書いてあるのでわかりやすいですよね。

  • コットンでパッティングをしないこと
  • ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などは、そのまま肌に放置しておくだけで浸透するように設計されています。コットンに染み込ませてパッティングして肌に浸透させないと!と思う方もいるかもしれませんが、肌に刺激を与えるとそれがシミ・しわの原因になります。

  • ほお→目元・口元の順番につける
  • 手のひらに美容液を馴染ませて、ほおを両手で包みこむようにします。その次に、乾燥しやすい目元や口元に。最後に残った分をTゾーンにつけましょう。Tゾーンは乾燥するというよりも、皮脂がたくさん出てくる場所で、美容液をつけなくとも、自助作用でうるおうものです。

いかがでしたか?私たちは保湿=化粧水という思い込みのもとでスキンケアをしていますが、保湿は実はセラミドの役割だったのですね。セラミドを大切にするスキンケアをして、いつまでも若々しい肌をキープしましょう。

この記事をシェアする

関連記事