• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アラサーからの女性は要注意!その恋愛観、もう時代遅れかも!?

Date:2015.04.16

shutterstock_151862288 - コピー

アラサー以上の女性は、恋愛に対して自分が常識と思っていることも、既に時代遅れとなっているかもしれません。

後輩の女子に笑われたり、せっかくの年下男子との恋愛のチャンスを逃してしまったりしないよう、認識を改めておきたいところです。

そこで、イマドキの女としての恋愛観とはどのようなものか、また、もう古いとされるのはどのようなことかなどを、比較しつつ取り上げてみようと思います。

デート代は男性負担はNG!

かつては、デート代は男性が全額支払って当たり前・・・のような時代もありました。そこから徐々に、不景気が長引くとともに、男性だけが負担をするのは無理になり、自然と女性も支払いをするようになってきました。

そして、いつしか割り勘するのは当たり前という風潮に。しかし、30代以上の女性では、まだまだ男性に多く支払ってもらいたい、と思っている人も多いようです。そして、割り勘にされると嫌な顔をしてしまったりする女性も・・・。

今や、男性に金銭面での負担を押し付けるのはNGで、「ある方が支払う」という持ちつ持たれつの関係を築くのがベストだという風潮が高まっています。どちらかだけが毎回負担が大きいというのは、好ましくありません。

このため、男性がデート代を全額支払ってくれなかったからといって、「良い相手ではない」と決め付けるのはナンセンスです。そんなことでは、この先恋愛していくのが難しくなってしまうかも・・・。

逆に、お会計の時にサっと外に出てしまったり、財布も出さずにボーっとしているようでは、”常識のない女性”と思われてしまいかねません。

同棲も金銭的負担は半々程度に

同棲をするカップルにおいても、かつては、家賃など男性が全額出してくれるというパターンが多かったようですが、今は、家賃や光熱費などの金銭的な負担は、ほぼ折半しているというカップルが増えているようです。

女性の方が収入が多いという場合もあり、そんなカップルは女性が多く負担をしていることも、珍しくなくなってきています。

「来ちゃった」はかわいくない!

今ほど、携帯電話が普及していない頃は、突然彼の家に行って「ピンポ~ン!」とチャイムを鳴らし、「来ちゃった♪」ということをする・・・そんな経験を持っている女性もいるのではないでしょうか。

かつては、そんな風に突然彼女が家にやってきても、かわいいと思われて歓迎されていた場合が多かったのかもしれません。

しかし、今や誰もが携帯電話、スマホを持っている時代ですので、事前に連絡してから行くのが当たり前。アポ無しの突然訪問は、かわいいと思ってくれるどころか、「なんなんだ!?」と、彼氏を怖がらせてしまいかねません。

待っていても始まらない!

shutterstock_124610029 - コピー
以前は、告白やプロポーズは、男性からしてくるのが当たり前という風潮がありました。そのため、女性が自分から告白したり、結婚しようと言い出すのは、はしたないと思われたり、女性自身のプライドが許さなかったりしたものです。

でも今は、草食系の男性が増えている時代。男性から何か言ってくるのを待っていたのでは、いつまで経っても恋愛がスタートしないこともありそうです。

イマドキの女性は、気に入った男性、気になる相手がいたら、自分からアクションをすることが多いのです。

男性の方でも、女性からメアドやLINE IDを聞いてきたり、告白してくれることは、むしろ好ましく思っている人が多いようです。肉食女子と思われそう、というためらいを捨てて、アプローチしてみるのが良いかもしれません。

プロポーズにしても、最近では、全然結婚の話を出してこない男性に業を煮やし、女性の方がリードして話を進めているカップルが多いようですよ。待っているうちに歳をとってしまったということを避けるために、「男性から言うもの」という意識を捨てましょう。

告白はきちんと会ってするもの?

昔はといえば、告白の手段は下記の3つでした。

  • 会ってする
  • 電話でする
  • 手紙でする(ラブレター)

それでも、出来れば告白は、きちんと会ってして欲しい(したい)と考えている女性が多かったようです。

でも今は、気軽にメールやSNSでコミュニケーションが取れる時代で、普段から電話を活用するよりも、それらの文字でのコミュニケーションが増えてきています。

そんな背景から、会って面と向かって告白、という形にこだわらない女性が増えています。

メールやLINEなどで告白するのもされるのも、OKと考えている女性が多いのです。アラサー以上の女性も、会って言わなかったからといって、不真面目なのでは?本気ではないのでは?と疑心暗鬼になりすぎなくても良いのではないでしょうか。

デートコースは積極的に意見を!

デートコースは、男性が事前に色々とリサーチして決めておくもの・・・と多くの女性が考えていた時代もあります。今もそのつもりで、全てを男性に任せていると、実は男性はちょっとうんざりしているかもしれません。

デート代も割り勘が当たり前になった今、女性も積極的に、デートで行きたい場所ややりたいことを言ってくれた方が、男性はラクでもあるのです。

インターネットも普及して、気軽に何でも調べられるようになりましたので、女性も事前リサーチをして彼の負担を減らしてあげましょう。

控え目は美徳ではない

デートコースに限らず、イマドキの女性は、自分の思ったことはしっかり表現するというタイプの人が増えています。控え目にしているのは、もう美徳ではなくなってきました。

意見をちゃんと言える女性の方が、自分をしっかり持っているようで好感が持てると感じる男性が増えているのです。

常識は変わるもの

shutterstock_19831852 - コピー
常識は、恋愛に関するものに限らず、時代に応じて少しずつ変化していくようなものも多いということが分かります。その時に、多くの人が「これが正しい」と感じていることが常識となっていったりすることもあります。

ですから恋愛でも、今まで抱いていた恋愛観にとらわれ過ぎることは、時に前に進むことへの障害になってしまうかもしれません。また、その時代にそぐわない常識にいつまでも固執していると、周囲から「付き合いにくい人」と思われてしまうことも。

せっかくの男性と親しくなる機会を、時代錯誤な常識にとらわれたために逃してしまわないように、古い恋愛観は頭の中から追い払ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事