• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

邪魔な袖を抑えて家事も楽々、簡単で可愛いアームバンドの作り方

Date:2014.05.21

長袖の時期、家事をする時に袖口が邪魔になりますよね。洗いものをしていて、まくり上げていた袖が落ちてきて水にポチャン…としそうだから、慌てて反対の手で押さえたら、その手は洗剤の泡だらけ。

そんなこと、繰り返してます、私。折り返すと袖口が伸びちゃうしなぁ…というわけで、ここで登場、アームバンド。せっかくだから、ちょっと可愛く、ちょっとお洒落に。

でも、家で使うものだし面倒な作業はイヤ!なので、作り方はとっても簡単。普段づかいの簡単アームバンド、ぜひ作ってみてくださいね。

<準備するもの>

・ゴム(1.5cm幅):24cm×2本。
・布:4cm×60cm。2枚
・グログランリボン(9mm幅):30cm
・ミシン
・針
・糸
・ゴム通し
・安全ピン:1つ
・はさみ
・アイロン

使用した布は、こちらです。

なにやらよくわからないけど、筆記体の文字がいっぱい。何かを作ったあまり布です。60cmに足りない場合は、継ぎはぎでも大丈夫ですよ!

さて、まずはこの布の、短い辺を1cmほど、裏に向かって折り返します。アイロンをかけておくと、綺麗な仕上がりになります。

両側を折り返してアイロンをかけたら、マチ針で留めておきましょう。

つぎに縦半分に折り、マチ針で留めます。

ここではアイロンをかけないので、きっちりマチ針で留めまくりましょう。ミシンで縫っていきます。

ゴムは、幅の確認のために置いてみただけです。数ミリ余裕をもって、でも余裕がありすぎないように(難しい!)、真っ直ぐに縫いましょう。

あまりよく見えませんが、縫いました。これを裏返しましょう。

とってもやりにくいので、針などを使って内側の布を引き出しつつ、頑張りましょう!裏返し終わったら…

縫い目が中心になるように置いて、アイロンをかけます。かけ終わったら、ゴムを通していきます。もちろん、ゴム通しでどうぞ。

少し通した所で、端を安全ピンで固定すると行方不明にならずにすみます。

通し終わったら、端と端をミシンでしっかりと縫いましょう。

余分な所はカットしちゃってくださいね。

布の両端も縫い合わせます。すくい取るように。

さて、もう最後の工程です。早い!グログランリボンを付けていきます。まずは7cm、5cm、3cmに切ります。そして5cmに切ったものを、先ほど縫い合わせた所に巻きます。

先端は内側に折り曲げます。マチ針で留めました。

継ぎ目は布の継ぎ目と同じ側です。こちらも、縫い合わせていきます。

これでも充分だけど、もう少し可愛くしていきます♪7cmにカットしたリボンを輪にして、中心を縫いとめます。

適当に、2~3針で大丈夫ですよ。更に、3cmのリボンを中心に巻いて、裏で縫い合わせます。先ほどと同じく、端は内側に織り込みましょう。

これを、アームバンド本体の外側に縫い留めたら、できあがり!縫うのが面倒なんだよ~!な方は、最後の工程だけは布用のボンドでも。

あっという間にできちゃった~!もう一本、同様に作ってくださいね。

できあがり。

太めのゴムを使っているので、痛くなる心配もありません。片方を無くしても、すぐに作り足せるから気にしなくてOK!15分ほどで、両腕分ができちゃいました。早速今からすぐに活躍しそうなアイテムです。

長袖での家事のお供に、ぜひご利用くださいね♪
最後までご覧いただき、

ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事