• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

リラックス効果で綺麗になろう。アロマオイルの力とは

Date:2012.09.29

疲れた時や少しリラックスをしたいなぁと思った時に、皆さんは、どんな方法でリラックスしますか?最近では、アロマオイルがとても人気になっています。種類も豊富に揃っています。

色々な方法で、リラックス効果が得られるというアロマオイルですが、何故アロマで癒されるのかご存知ですか?

癒し効果絶大のアロマオイルとはどのようなものか、どんな時にどの香りが良いかをご紹介しましょう。

アロマオイルとは

アロマオイルとは、木や花から抽出した芳香成分を、アルコール等で薄めて、香りを楽しむオイルの事をいいます。

抽出された芳香成分は、濃度が高い為に、直接肌に触れてしまうと荒れてしまいます。その為、安全に使用出来るように、アルコール等で薄めるのです。

このアロマオイルを用いて、行われるのがアロマテラピーです。アロマテラピーには、色々なやり方があります。

入浴剤の代わりに湯船に入れてみたり、又身体に直接付けてマッサージをしてみたり、ハンカチ等に付けて香りを楽しむのも、アロマテラピーになります。最近では、アロマキャンドルや芳香剤なども市販されていますよね。

良い香りでとても癒されますが、何故アロマの香りで癒されるのかをみてみましょう。

癒される秘密

熱により、蒸散したアロマは、香りとなって人間の体に入り込みます。香りは、嗅覚を刺激して、大脳に到達します。ここで重要なのが、香りは最終的に大脳に届くという事なのです。

脳に届いた香りは、人間の感情を引き起こす部分を刺激し、視床下部に影響を与えるのです。

視床下部は、身体の機能を調整している部分の為、香りで感情をコントロールし、リラックスする事で、身体への機能調整に役立つという事なのです。これが、アロマの香りでリラックスをする仕組みです。

花や木の香りは、自然の香りでホッとしますよね。森林浴と同じような状況になるので、アロマオイルは香りを嗅ぐとリラックス出来るのです。

又、皆さんも香りで、記憶が蘇るなんて事を経験した事はありませんか?嫌な思い出の香りを嗅ぐと、その時の情景を思い出すという方もいると思いますが、同じような作用で、アロマの香りを嗅ぐと、自然とリラックスしてきてしまうというのです。

リラックス出来る香りを脳が記憶する事で、更にリラックス効果が上がるという事です。

このように、香りによって身体の機能調整までしてしまっていたんですね。色々なアロマテラピーの方法がありますので、自分が一番リラックス出来る方法で試してみて下さい。

又購入する際には、午前中が良いそうです。体調の良い日を狙って、好きな香りを探しに行きませんか?

こんな時には、この香りを!

アロマオイルは約200種類もあるといわれています。柑橘系やフローラル系やハーブ系と、大きく分けて7種類の香りに分かれています。

まずは、何系の香りが自分が一番リラックス出来る香りなのかを決めて、効能を確認しながら選ぶのが良いでしょう。

ではここで、何種類かのアロマオイルをご紹介します。

イライラする時や、月経前で身体の調子が上がらない時にお勧めなのが、イランイランというオイルです。フローラル系で、若干甘い香りがします。イライラ等、神経系を落ち着かせるのに効果を発揮するオイルです。

又、眠れない方や不安などを抱えている方にお勧めなのが、ローマンカモミールです。リンゴに似ている甘い香りが特徴的なオイルになります。

鎮痛作用があるので、筋肉痛や歯痛などの痛みを和らげる効果も期待出来、お子さんにもお使い頂ける優しいオイルになっています。

最後に、神経を集中させて何かをしたい方、車の運転が多い方などにお勧めなのが、ローズマリーです。

器官の働きを活発にしてくれますので、冷え性でお困りの方などにもお勧め出来ます。ハーブ系のオイルで、さわやかな香りがします。収斂効果もあるので、運動後のマッサージにも効果を発揮するオイルになります。

ここでは、3種類のオイルをご紹介しましたが、まだまだ様々なオイルがあります。自分の好みや効能を合わせながら、あなたに一番合ったアロマオイルを見つけて、是非リラックスしてみて下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント