• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【簡単DIY】アロマを楽しむ安全な手作り石けんの作り方

Date:2013.07.10

石けんのもと石けん素地とは

石けんの作り方といえば廃油で作るのが一般的と思われている方もいるかもしれませんが、これは顔や体を洗えません。

顔や体を洗うのであれば安全なものだけを使って作りたいですよね?今回紹介するのは、顔や体、髪の毛など何でも洗えてしまう万能な石けんの作り方です。

材料は石けん素地が主な材料となっています。石けん素地と言うものを始めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんので説明しますと、石けん素地とは脂肪酸と水酸化ナトリウムまたは水酸化カリウムを混ぜて化学反応をさせたものです。

一見、 水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなんて危険だと思われるかもしれませんが、ずっと昔から人々に利用され続けてきた安全性が確認されている物で、販売されている全ての石けんはこの石けん素地から作られています。

一番簡単な石けんの作り方は、この石けん素地と水を混ぜるだけ。これが完全無添加石けんと呼ばれる物です。

販売されている物はここに、肌に良さそうな成分を加えて作っていくのですが、化学添加物が入っているものが多く無添加と呼ばれる物は少ないので顔や、子供の肌、アレルギーをもった方には心配です。自分で安全な石けんを作って大切な人のお肌を守りましょう。

安全な石けんの作り方

この石けん素地と水を混ぜただけの物も良いですが、実際使ってみると、手など肌がカピカピになってしまうほど保湿力がゼロです。そこに保湿力をプラスしてくれるのが、ハチミツです。

安いものでハチミツもどきが売っていますが、今回はお肌に付けるものなので安心できる国産の100%はちみつを使いましょう。このハチミツを入れるのと入れないのとではだいぶ違います。口に入れることの出来るハチミツですから安心ですね。

石けん素地と水、ハチミツで十分な石けんが出来上がりです。もちろんこれだけでも良いのですが、もう一つ加えるとさらにステキな石けんに仕上がります。

エッセンシャルオイルです。これは、たくさんの植物からほんのわずかしか抽出されない貴重なもので、自然そのものでもあります。なのでもちろん体につけても大丈夫ですし、料理に加えることもできます。

ですが、種類によっては料理に加えることも出来ないものもありますので、料理するときはきちんと調べてから行ってくださいね。

このエッセンシャルオイルを数滴たらすだけで好みの香りの石けんの出来上がりです。エッセンシャルオイルとこれに似せて作った名前の違うオイルは全く別物で、石けんに入れるには心配ですので、エッセンシャルオイルとかいてあるものだけを加えるようにしましょう。

作り方は大きめの袋を2重にし、石けん素地500gを入れます。そこにお湯100cc、ハチミツを大さじ2杯、お好みのエッセンシャルオイル10滴〜15滴(顔にも使うのであれば)。これをよーく混ぜ合わせることでお好みの石けんが出来上がります。

エッセンシャルオイルは自分の好きな香りで構いませんが、どれにすれば良いか分からない方は、ラベンダーが一般的なので試してみると良いかもしれません。リラックス効果がある香りですので、お風呂タイムには最適です。

材料をまぜあわせたら、好きな形にします。お子さんがいるのであれば、型抜きで抜いてみるのも良いですが、四角などの方が使いやすいかもしれません。形をつくったら湿気の少なさそうなところにおいておけば次の日にはもう石けんとして使えます。

久しぶりに粘土遊びをするような、楽しく石けんを作ってみるのもリラックスできて良いですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事