• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

落ちない襟汚れのあるシャツをリボンを使ってオシャレにリメイクする方法!

Date:2012.11.03

外見は全く古びていないのに、襟が黄ばんだり黒ずんで着られなくなったシャツはありませんか? 気に入っているからこそ何回も着てそうなってしまう訳です。だから捨てるのはおしい! できれば、そのままのカタチで復活させたい!ということで考えたアイデアがこれ。リボンやレースを貼るだけなので超簡単だし、可愛い柄を使えば差し色にもなっておしゃれ気分を盛り上げてくれます。

シンプルなワイシャツの襟編

まずは基本パターンとなるシンプルなワイシャツのリメイクからご紹介します。用意するものは、

襟の汚れたワイシャツ
アイロン接着のネームテープ
そのほかアイロン、アイロン台、ハサミなど。

アイロン接着のできるネームテープは100円ショップにいろんな幅、大きさのものがありますのでリメイクするシャツに合わせて選んでください。

実はネームテープの素材というか質感は一般的な白いワイシャツのものとそっくり!違和感なく使えるんです。

ドライの中温くらいで10~15秒ほどプレスするようにアイロンをあて、ネームテープを熱で接着させます。

普通はネームテープがしっかり接着するよう10分ほど置くのですが、今回は仮接着くらいで次の工程に進みます。

襟の前面にきてネームテープが目立つ場所はテープを目立たない場所、例えば縫い目の所まではがします。首の後ろも目立つようなら襟汚れギリギリまではがしてください。

わかりにくい時は鉛筆などでアタリをつけ、はがした線に沿ってハサミでカットします。カットしたら、もう一度アイロンをしっかりあててください。

接着効果が安定するよう、しばらく置きます。こんなふうに襟汚れが見えないようにカバーできたら完成です。

襟汚れがカバーできただけでなく、接着剤がのりの役目をするので襟がピンと張ってきれいになりました。

女性用ブラウスのおしゃれ襟カバー編

次は女性用ブラウスなどの襟汚れををおしゃれにカバーする裏ワザです。用意するものは、

襟の汚れたブラウス
花柄のバイアステープ
アイロン接着テープ
そのほかアイロン、アイロン台、ハサミなど。

バイアステープもアイロン接着テープも100円ショップで買えます。リメイクするブラウスの襟の幅に合わせたものを用意してください。また、さすがにバイアステープの色や柄は手芸店の方が豊富ですのでチェックしてみてくださいね。

襟の長さに合わせて少し長めにバイアステープをカットします。

バイアステープに合わせてアイロン接着テープの幅や長さをカットします。

ブラウスの襟の上にアイロン接着テープ、バイアステープの順にのせて中温のアイロンをプレスするように15~20秒かけてください。

襟汚れが目立っていたブラウスの襟もとがカバーできたのはもちろん、こんなに可愛くアレンジできました。薄手のレースを使ってもいいし、ワイシャツにストライプやチェックのバイアステープを合わせるなど、お好みでアレンジしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント