• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もやしやアルファルファだけではない!スプラウトの魅力

Date:2012.12.09

スプラウトってご存知ですか?そうです、日本語で「芽」という意味です。何かスプラウトというとかっこよく聞こえますが、日本で一番有名で、一番食されるのはスプラウトは大豆のスプラウト、つまりもやしです。

もやしは昔から「もやしっ子」という表現があるように、青白くて、ひょろひょろしていて栄養がなさそうな感じなのですが、実は驚くほど栄養満点なのです。

それと同じように、新芽の野菜、つまりスプラウト野菜はどれも身体に良い、健康効果があるのです!現在はもやし以外にも数多くのスプラウト野菜を手に入れることができますし、自分で簡単に栽培することもできます。

ここでは発芽、成長することで、更に栄養素が満点となり、一番効果的に栄養を摂取することができる、スプラウト野菜の種類と健康効果をご紹介していきます。

1. 大豆もやし

ご存知、大豆の新芽です。たんぱく質が非常に豊富で、ビタミンA、C、カリウム、葉酸、繊維質が豊富に含まれています。低カロリーで栄養満点なのに、安価なため、食卓に是非取り入れたい野菜です。

もやしといえば、大豆が一番一般的ですが、緑豆、ブラックマッペというも一般的で、地域によって出回っている豆の種類は違ってくるようです。だめになりやすいので、できれば購入した当日、そうでなくても数日中に使い切ることをお勧めします。

2. アルファルファ

和名をムラサキウマゴヤシといい、マメ科ウマゴヤシ科の多年草です。ビタミンA、B6、K、リン、カリウム、そして繊維を多く含み、ダイエットにも適しています。

更年期障害の症状、骨粗しょう症、がん、心臓病にも効果があるといわれている、栄養たっぷりの健康食品です。食感が良いので、生でサンドウィッチやサラダに利用したりするのがお勧めです。

3. かいわれ大根

大根の発芽直後のスプラウトで、大根の辛味を持つのが特徴です。安眠効果があるメラトニンの他、ビタミンC、K、鉄、マグネシウム、カリウムも含みます。解毒作用、殺菌作用、抗酸化作用もあり、がん予防にも適しており、健康効果が非常に期待できるスプラウトです。

ちなみによく噛むことで効果が増すとも言われています。サラダ等の生食が一番適しており、刺身のつまとして利用することで、抗菌効果としても期待できます。

4. ブロッコリースプラウト

名前の通り、ブロッコリーの新芽です。やんわりとした辛味があるのが特徴です。サラダで食べるのが一番適しています。

スルフォラファンと呼ばれる物質を含み、抗酸化作用が非常に高く、成長したブロッコリーの約20倍もあり、更には効果が3日間も持続するとも言われています。更には、抗がん性も期待できるスプラウトです。生でサラダとして食べるのがお勧めです。

5. クローバースプラウト

クローバーの新芽で、レッドクローバーが多く出回っています。クローバースプラウトはイソフラボンを多く含んでいます。イソフラボンは抗がん物質として知られています。サラダとしての生食がお勧めで、サンドウィッチにはさんでも美味しくいただけます。

6. レンズマメスプラウト

あまりなじみがないかも知れませんが、レンズマメの新芽となります。これは約26%ものたんぱく質を含んでいます。生食もいいですし、調理しても美味しくいただけます。蒸し野菜やスープなどの調理法がお勧めです。

7. ラディッシュスプラウト

ラディッシュの新芽で、和名をハッカダイコンと呼びます。かいわれ大根と似た風味があります。牛乳の29倍のビタミンC、4倍のビタミンAを有しています。

更には、ジャガイモの10倍以上のカルシウムとパイナップル以上のビタミンCを含んでいます。デリケートな食材で、調理は向いていないため、サンドウィッチにはさんだり、サラダにして、辛味を楽しむのがお勧めです。

8. ひまわりスプラウト

あまりなじみがないとは思いますが、ひまわりの種の新芽です。血中のコレステロールを調整してくれる作用のあるレシチン、そしてビタミンDを多く含んでいます。

クリスピーでナッツのようなフレーバーが特徴で、脂肪酸を分解して、水に溶けやすく、消化しやすいように助けてくれる効果があります。サラダやスムージーとしての調理が適しています。

9. マスタードスプラウト

カラシナの新芽となります。小さくて、ぴりっとしたスパイシーさが特徴のスプラウトです。ほんのちょっとでかなり辛いので、辛味が苦手な人は沢山料理に入れるのはおすすめしません。

ビタミンB群やミネラル、鉄分が豊富で、アトピー等の皮膚炎にも効果が期待できます。マスタードみたく、ホットドッグやサンドウィッチにはさんでみたり、卵に入れてみたり、サラダに入れてみたりして楽しむことができます。

10. オニオンスプラウト

たまねぎの新芽です。あの涙を誘う刺激を抜いた、たまねぎのフレーバーが特徴です。たんぱく質を20%も含み、ビタミンA、C、Dの摂取に適しています。サラダに混ぜたり、サンドウィッチにはさんだりするのがお勧めです。

11. マングビーンスプラウト

マングビーン、いわゆる緑豆のスプラウトです。たんぱく質が豊富で、ビタミンCや繊維質も沢山入っています。

消化がよく、血流を良くする作用もあるため、肌のきめも整えるといわれており、更にはカロリーも低いため、ダイエットにも良いとされています。アジア系の料理に良く合い、軽くいためたりといった調理が向いています。

この記事をシェアする

関連記事