• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪に爪に肌に!全身綺麗になるアルガンオイルの効果と使い方

Date:2016.03.22

top画像2毎日のヘアケアやボディケア、フェイシャルケアにアンチエイジング対策。仕事や家事に疲れた夜や忙しい朝に、それぞれのパーツごとのケア用品を使い分けるのは面倒な人もいるのではないでしょうか。

そんな人にはアルガンオイルを使ったケアがおすすめです。なんとアルガンオイル1本で、全身のケアをすることができます。

しかもアルガンオイルは食用として使うこともできます。料理に取り入れることで、体の中から肌の老化を防ぐアンチエイジング効果も得られるのです。

アルガンオイルは原生する木々から取られた貴重なオイルで、モロッコでは昔から健康や美容の様々な用途に使われてきました。

アルガンオイルは、自然の脂肪酸や強い抗酸化作用のあるビタミンEを多く含んだ非常に珍しいオイルです。この記事ではアルガンオイルの美容と健康への効果・効能と、その使い方についてご紹介します。

アルガンオイルに含まれる成分の効果・効能

shutterstock_355781813

アルガンオイルには美容や健康に嬉しい、様々な成分が含まれています。アルガンオイルの主な成分とその効果・効能をご紹介します。

成分 アルガンオイルの効果・効能
ビタミンE 活性酸素で細胞が酸化するのを防ぎ、肌の老化や生活習慣病を予防する
オレイン酸 悪玉コレステロール値を低下させ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防する
リノール酸 血圧を下げ肌を保湿し、高血圧や頭皮の湿疹・抜け毛・白髪を予防する
リノレン酸 血液をサラサラにし、動脈硬化や心筋梗塞など心臓血管系疾患を予防する
パルミチン酸 皮脂腺が増えるのを抑え、過剰な皮脂の分泌を防ぐ
ステアリン酸 水と油を乳化させ、肌を保湿・抗菌し、シワを防ぐ

このように、アルガンオイルでスキンケアをすることで、肌を保湿したり老化を防止するアンチエイジングなどの美容効果・効能があります。

さらに料理に取り入れることで、血圧を下げたり、血液をサラサラにして心筋梗塞や動脈硬化などの様々な病気を予防する、健康への効果・効能もあるのです。

アルガンオイルの使い方とその効果・効能

さきほどご紹介したように、アルガンオイルは美容や健康に様々な効果・効能をもたらします。しかし、どのように使ったらいいのか分からない、という人もいるのではないでしょうか。

そこでアルガンオイルの使い方とその効果・効能を詳しくご紹介します。

頭皮マッサージ&トリートメントでしっとりまとまりのある髪に

アルガンオイルはヘアケア用品としても人気です。ドライヤーの熱やヘアカラーなどパサパサになったり枝毛がひどくまとまらない人におすすめです。

髪につけると、傷んだ髪に栄養を与え、ダメージから保護します。そのため髪全体がしっとりと柔らかになり、まとまりのある美しい髪になります。

さらにアルガンオイルで頭皮マッサージをすると、頭皮が潤って、ビタミンEやオレイン酸により血行がよくなるため、頭皮の湿疹や乾燥、抜け毛を予防することができます。
アルガンオイルを使った頭皮マッサージの仕方
入浴の後、髪が濡れた状態で、アルガンオイルを数滴手に取って、頭皮と髪の毛にマッサージしながら塗りこむ
アルガンオイルを使ったドライヤー前のヘアケアの仕方
朝、ドライヤーを使ってセットする前に毛先を中心につける

このようにアルガンオイルでヘアケアをすることで、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ってくれるため、しっとりまとまりのある美しい髪を保つことができます。

湯船に入れる&入浴後の全身マッサージですべすべ肌に

アルガンオイルには肌の潤いを保護する、

  • オレイン酸が45%
  • リノール酸が35%

アルガンオイルに含まれているため保湿効果が高く、ボディーオイルとして使うことができます。

またアルガンオイルにはコラーゲンの生成や新しい肌ができるターンオーバーを促進する効果もあり、ニキビ・やけどの跡やシミを消すためにも使われます。

さらにアルガンオイルはドライオイルと呼ばれているため、オイルのべたつきが気になる人におすすめです。ベトベトとせず、速やかに肌に吸収されながらも、しっかりと潤いを与えてくれるのです。
アルガンオイルを使って乾燥が気になる部分をケアする方法
乾燥が気になるひじやひざ、爪、かかと、唇につけ保湿する
バスオイルとしてのアルガンオイルの使い方
湯船に数滴垂らしてから入浴する
アルガンオイルを使ったボディマッサージの仕方
入浴後にアルガンオイルを5~6滴、体全体に馴染ませマッサージをしながら塗りこむ

このようにアルガンオイルでボディケアをすることで、全身をしっとりすべすべな肌にすることができます。

洗顔後や化粧水に混ぜ、顔の保湿&シミ・シワを予防

アルガンオイルには保湿作用や抗菌作用もあるため、顔のスキンケアに取り入れることで、しっとり清潔な肌になります。また肌との親和性が高く、水分と油分のバランスを整えて肌にハリが出ます。

またサンオイルなどのイメージから「オイルをつけると日焼けをしてしまうのでは」と不安になる人もいるかもしれません。

しかしアルガンオイルは酸化しにくいため、日焼けはしないので安心して使うことができます。むしろ日焼け止めクリームほど強くはありませんが紫外線防止効果もあるのです。

さらにシミやシワを予防する効能もあります。アルガンオイルは肌の老化を防止したり、コラーゲンの生成や新しい肌ができるターンオーバーを促進するからです。

アルガンオイルで顔のスキンケアをする方法
  1. 洗顔後にアルガンオイルを2~3滴手のひらに取る
  2. 顔、首をマッサージするように優しく刷り込む
  3. 化粧水にもアルガンオイルを1滴まぜて保湿

このようにアルガンオイルで顔のスキンケアをすることで、しっとり若々しい肌にすることができます。

料理に使って体の中からアンチエイジング

アルガンオイルは料理にも使うことができます。ヘーゼルナッツのような香りがあって、そのままでも、熱を加えても食材を選ぶことなく使えます。

アルガンオイルを使ったレシピの例
  • 食材を炒めるときに使う
  • サラダのドレッシングとしてかける
  • バゲットにつける
  • アイスクリームにトッピングする

1日の摂取量の目安はスプーン1杯です。摂り過ぎるとお腹をゆるくしてしまう可能性があります。料理に使い体内にアルガンオイルを取り入れることで得ることができる、様々な美容・健康への効果・効能をご紹介します。

  • ビタミンEやリノール酸、リノレン酸の作用で動脈硬化や関節炎、高血圧、がん、心臓血管系疾患の予防
  • オレイン酸の腸を整える作用で、便秘の解消
  • ビタミンEの抗酸化作用で体のサビを防止し、体の内側から肌の老化防止を促す

またアルガンオイルには「食用」と「化粧品用」があります。それぞれの効果を最大限に引き出す加工をしています。

パッケージの裏にどちらの用途か書いてあるので、確認して買うのをおすすめします。

アルガンオイルの選び方と使うときの注意点

shutterstock_324533981

アルガンオイルは希少で、生産にも手間がかかります。そのためすでに酸化していたり、新鮮ではない低品質のオイルも売られているのが現状です。

「アルガンオイルは値段が高いという」イメージがある人もいるかもしれませんが、他の良質な美容オイルと比較してもあまり値段に差はありません。

商品名 50mlあたりの価格
ジョンマスターオーガニック「ARオイル」(アルガンオイル) 約4150円
ナチュラルオーケストラ「オーガニックホホバオイル」 約4070円
DHCプチ「オリーブバージンオイル(S)」 約6195円

全身に使うことができ、美容にも健康にも様々な効果が高いアルガンオイルは、コスパがいいと言えます。

しかし酸化したオイルを使ってしまうと、肌荒れの原因になったり老化を進めてしまうので、良質なオイルを見極めて買うことが大切です。

アルガンオイルはオーガニック認証表示&淡い黄色が良質の証

ここでは良質なアルガンオイルの見分け方をご紹介します。

良質なアルガンオイルの特徴

  • EUが定めた「IGP」という品質保証がついたものか、「オーガニック認証」の表示があるもの
  • ほんのり黄金色(淡い黄色)
  • ナッツ調の香り
  • さらっとした手触りナッツ調の香り

粗悪なアルガンオイルには、他のオイルが混ぜられていたり、新鮮ではないものがあります。その場合は色が薄く透明だったり、ほかの色をしています。

また酸っぱい匂いがしたり、いつまでもベタベタしていたりします。このようなアルガンオイルは使わないようにしましょう。

またアルガンオイルの使用期限は、未開封で製造から2年間、開封から2ヶ月程度です。30度未満の暗所で保存し、開封したらなるべく早く使い切るようにしましょう。長持ちさせるために、冷蔵庫(野菜室)で保存するといいですよ。

「IGP」や「オーガニック認証(USDA/ECOCERT)」など、国や機関の認証を受けているアルガンオイルは、厳しい品質基準をクリアしているので、信頼性が高く安心して使うことができます。これらのマークは以下のウェブサイトで見ることができます。

「USDA」
Organic Regulations – Agricultural Marketing Service
https://www.ams.usda.gov/rules-regulations/organic
「ECOCERT」
Ecocert – Certification body
http://www.ecocert.com/en/natural-and-organic-cosmetics

良質なオイルを使うことで、美容や健康への良い効果・効能を得ることができるので、選ぶときには注意して選ぶようにしましょう。

上記の認証を受けている商品を一部ご紹介します。

全身使う

顔のケア用

食用

ここでご紹介した商品は一部で、他にも多くのアルガンオイルが専門店や雑貨店、百貨店、インターネットで売られています。選ぶときの参考にしてみてください。

使用前にパッチテストやアレルギー検査でアレルギー反応を予防

どのオイルにも言えることですが、アルガンオイルに対してアレルギーの反応が出る人もいます。

髪を染めるときにパッチテストをするのと同じように、敏感肌だったりやアレルギーが気になる人は、ヘアオイルを使う前にパッチテストをするか病院でのアレルギー検査を受けることをおすすめします。

ここではパッチテストの仕方をご紹介します。

パッチテストの仕方

  1. 腕の内側に10円硬貨大に薄く塗って48時間おく
  2. かゆみや赤み、水泡、発疹、刺激など皮膚の異常があればすぐに洗い流し、使用は控える
  3. もし皮膚に異常が現れたときは、皮膚科を受診する

美容・健康のために使うものなので、アレルギーで体に負担がかからないよう、事前にアレルギー反応が出るかどうか知っておくことは大切です。

美容・健康に効果・効能ありのアルガンオイルを使ってみよう!

shutterstock_291176792

アルガンオイルには美容・健康に様々な嬉しい効果・効能があり、しかもアルガンオイル1本で全身に使うことができるとご紹介してきました。

ここでもう一度その効果・効能をまとめました。

  • 髪のダメージを補修したり頭皮の環境を改善してまとまりをよくする
  • 顔だけでなく全身の保湿ができる
  • 肌の老化(シワ)の防止に役立ち、ハリのある肌になる
  • ニキビ・やけどの跡、シミが消えるのを促すここに文章を入れる
  • 動脈硬化や関節炎、高血圧、がん、心臓血管系疾患の予防や便秘の解消ができる

いかがでしたか。良質なアルガンオイルを使うことで、様々な効果・効能を得ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント