• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寒い季節に飲みたい!体ポカポカ美容系「アルコールメニュー」

Date:2014.01.01

冷たいビールをぐびぐび・・・暑い日ならそれもよいですが、寒い日体を温めたい時には気が進みませんよね。そんな時には、暖かい部屋でホットなアルコールドリンクはいかがでしょうか?

日本では熱燗やお湯割りがメジャーですが、緯度の高い寒い国々では、体の芯まで暖めるメニューがたくさんあります。しかも、どれもおうちで楽しむことができるのです。今回は、おうちで簡単に作ることができて体に嬉しい、ぽかぽかメニューをご紹介します。

ホットカクテルの定番と言えば『ワイン』

ホットアルコールドリンクの定番と言えば、ホットワインは多くの国で愛されています。各国、各地域で呼び方もアレンジの仕方も異なるホットワインですが、今回は北欧フィンランドで飲まれているホットワイン、グロッグをご紹介します。

本格的なものだと、スパイス数種を用意してブドウジュースを入れ一晩寝かせて…と手間がかかるのですが、思い立った時にすぐに飲みたいという人のために、簡易版レシピにします。

グロッグ

耐熱グラスにレーズンまたはプルーンを刻み、シナモン(スティックだと本格的でかわいいですが、パウダーでもOK)を入れます。そこへ、沸騰しない程度に温めた赤ワインを注ぎ入れます。お好みで砂糖を加えても美味しいです。

冷えた体を温めるスイーツ系ドリンク

体の冷えが気になったり、風邪を引いた時に飲むものと言えば、日本では玉子酒、欧米では「エッグノッグ」がありますよね。このエッグノッグ、名前の通り、卵を入れた甘く温かなドリンクですが、アルコールを入れた大人バージョンもあります。

卵と砂糖をよく混ぜ合わせるなど、やや手間が必要ですが、クリーミーでスイーツのような風味で美味しいですよ。

ブランデー・エッグノッグ

卵ひとつと砂糖(大さじ半分)を泡だて器で、卵の色が薄くなるまで混ぜます。そこに、牛乳(カップ2/3)と、ブランデーまたはラム酒を大さじ2杯を温めて、ゆっくりと溶かし入れていきます。熱すぎると卵が固まってしまうので、沸騰する前でとめましょう。

飲みすぎは冷えのもと

いくらアルコールが体の冷えを改善する効果があるとは言え、それは適量を守って飲めばという前提ありきの話。飲みすぎると、一時的には体温が上がりますが、代謝が落ちるので冷えやすい状態になります。

体をぽかぽか温めるのに留めるなら、食後や寝る前に一杯という飲み方が一番ですね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント