• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝型美人は余裕美人!生活を切り替える簡単で効果的な方法

Date:2014.09.03

朝日の差し込む部屋で鳥のさえずりとともに目覚める。目はぱっちり、気分はさわやか!さあ、今日は何をしようかな!・・・こんな朝が来ればいいのに。実際はぎりぎりまでベッドにしがみついて寝ていたいのが本当ですね。

朝型人間になりたい人のために、この記事ではいくつかの方法をご紹介します。

まず、朝型人間について知りましょう

「早起きは三文の徳」、これを体現しているのが朝型の人たちです。こういった人たちは前向きで、自信がある人が多いよう。彼女たちは自分たちが人生をコントロールできると知っていて、大小関わらず夢をかなえることができる人たちです。

一方朝早く起きることができない人たちは、常に時間が知らないうちに過ぎ去っていると感じていて、何もなすことができないまま、一日を送っている焦燥感があります。結果、やる気がなくなって夢をあきらめてしまいます。

これは自信の喪失だけでなく達成感も低下するため、常に手に入らないものに向かって無益な努力をしている気持ちになりやすいという心理学的見解があるそうです。

何時に起きたいですか?

たとえば今は7時に起きているけれど、本当は6時に起きたいと思っている場合、10分ずつ起床時間を早めていきましょう。

早めるタイミングは、目覚ましよりも前にぱっと目が覚めるようになったら。いきなり大幅な早起きはきついですが、10分ずつなら気持ちも楽です。

夕ご飯の内容から考えよう

良質なタンパク質と脂肪、精製度が低い炭水化物、葉物野菜やその他の野菜などをゆっくりかんで食べましょう。

胃もたれはしないけれどお腹は空かないという夕ご飯が食べられれば、夜中に空腹や胸やけなどで目が覚めることがなく、朝までぐっすり眠ることができます。

寝る前の準備がカギ

朝型人間になるためには、準備が大切です。まずは早めにベッドに入ることが優先事項です。

そして朝、目が覚めて目を開ける前に、あなたが感謝していること、楽しみにしていることについて考えてみましょう。淹れたてのコーヒーの香り、友人や家族、読みかけの本、あなたのペット。なんでもいいので、笑顔になれるようなことを考えてみて。

このイメージをより具体的にするために、コーヒーを淹れるためのお気に入りのカップを用意したり、ちょっとしたおやつを用意したりしてもいいでしょう。楽しいことを考えられれば、また夢の世界に戻るよりも、早く起きて一日を始めたいと思うはず。

これを習慣にするために、21日間毎日頑張ってみて。なぜ21日間かというと、人が新しい習慣を身に着けるのには最低3週間続けて行うことが大切だと言われているから。

1週間でも、2週間でもなく、3週間。長いと感じるかもしれませんが、そこから朝型生活が始まると思えば・・・やれそうじゃないですか?

お気に入りの歌をオン!

目覚まし時計代わりに、お気に入りの曲をアラームにしましょう。音楽がかかった瞬間にわくわくっと目覚めるような元気のある曲がおすすめ。はじけるリズムに楽しく目覚めることができるでしょう。

まずはストレッチ

起き上がったら、ベッドサイドで柔軟体操をしましょう。頭からつま先までゆっくりとほぐし、体中を血液が巡るのを感じましょう。体操をしているうちに頭も気持ちよく目覚めていきます。

お水を飲んで

ストレッチが終わったら、常温のお水をコップ2杯ほど飲みましょう。普段はコーヒーをぐいっと飲む習慣がついている人も、慣れてくればお水がおいしいと感じられるようになるはず。

交じりっ気のないお水を飲むことで、寝ている間に体にたまった老廃物がきれいに流れていきます。

エクササイズを組み入れて

朝から精力的に動くと、一日が充実したものになります。ヨガやウォーキングなど、あなたが楽しみに思えるようなエクササイズを取り入れてみましょう。

朝はできるだけ寝ていたいと思っていた人も、試しに一度運動してみて。体を動かした後のすっきり感と一日のすがすがしさを体験したら、きっと気持ちが変わるはず。

ヘルシーでおいしい朝ごはん

野菜たっぷりのヘルシーな朝ごはんや、グリーンスムージーなどがおすすめ。すっきり目覚めた体に、さらにさわやかな朝ごはんをチャージすることで、体にいいことしている!という気持ちがさらに湧いてくるはず。

いかがでしたか?だんだんと、早起きしてみたいなという気持ちになってきたでしょうか。

早起きをすれば、それだけ自分の時間が増えます。自分の時間が増えれば、自分のしたいことができます。自分のしたいことができれば、自分の夢が叶います。

わくわくした気持ちで朝が迎えられるように。がんばりましょう!

この記事をシェアする

関連記事