• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝ごはんを食べないと太るってホント?朝ごはんはとっても重要です

Date:2012.10.29

皆さんは朝ごはん、きちんと食べていますか?朝は食べたくないから食べない、時間がないから食べない、という人も多いでしょうね。しかし、朝ごはんを抜くと美容と健康、精神的にも悪いことばかりだということ、ご存知ですか?特に女性にとってはダイエットに大きな影響が。

1食でも抜けばカロリーが減るだろうという考えは、朝食にいたっては通用しません。空腹のまま午前中エネルギーを消費し、体は栄養を欲しています。その分、昼に食べたカロリーがそのまま体の栄養になってしまうのです。他にも朝食には大切な役割があるのです。それを知っておかないと、もしかしたら大変なことになるかも…?!

朝ごはんは太りにくい体をつくる

朝起きた時には体も脳もしっかりと目覚めていません。その状態で仕事をしても効率が上がらないし、エネルギーの消費も少ないだけ。朝ごはんを食べることで、脳や体に栄養が行き渡り、しっかりと目覚めることができます。その状態でガッツリと働き、動くことでエネルギーも脂肪も消費されるのです。

また、食事の間隔があいてしまうと、体は体内にエネルギーを貯めておこうとするのです。さらに朝食をとることで、腸内の運動が活発になり便秘の解消にもなります。反対に朝食をとらないと便秘になりやすくなるので、注意しましょうね。

仕事や勉強の効率アップ

朝食を食べることで寝ている間に下がった体温を上げることができます。体温が下がったままだと効率は上がりませんね。

また、朝食をとらないとブドウ糖も摂取することができず、集中力にも欠けてしまうのです。やる気が起きなかったり、だるかったりするのは、朝食をきちんと取っていないからかもしれませんよ。

1日2回の食事は肥満になりやすい?

朝食を抜いて1日2食しか食事をしないと、インスリンが働きにくくなるといわれています。そうなると、糖尿病の可能性も高くなるとともに、肥満になりやすくなるとも言われています。朝食は生活習慣病の予防にもなるのです。

朝食では何を食べるのがベスト?

では、朝食にはどんなものを食べればいいのでしょうか?理想としてはブドウ糖、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを基本的に摂るのがいいとされています。ご飯やパン、シリアル、卵や乳製品、肉、魚、豆類、野菜や果物、海藻類などをバランスよく摂るのが理想です。

理想メニューとしては、和食の場合は玄米か雑穀米に野菜やきのこ、海藻などのお味噌汁、納豆や豆腐。洋食なら食パンや玄米パン、野菜サラダ、豆乳かフレッシュジュース、といったメニューがおすすめです。

朝ごはんを食べられない人は?

朝ごはんを食べられない理由はいろいろあるかもしれません。しかし、それを克服していくことが必要です。朝は食欲がないという人は、野菜ジュースやお味噌汁、などドリンク類だけでも摂るようにしましょう。

また、時間がないという人は、チーズと果物、ヨーグルトと果物、おにぎりとお味噌汁、パンとヨーグルトなど食べやすいものや作る手間のないものを選んで食べるようにしましょう。

さらに、夜は遅い時間にご飯を食べないようにする、大量に食べないようにするということも大事です。朝はギリギリまで寝ている人は15分でもいいので、早く起きるようにしましょう。

1日3食バランスよく

朝食をたくさん摂って、夕食は控えめに。食事の間隔はできるだけ等間隔で。これがダイエットにも健康にもいい食事のバランスです。最初は無理だと思っても、人間の体は慣れていくものです。それに慣れていく頃には、便秘の悩みも解消し、体重も減って、お肌もキレイになっているかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント