• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

外見年齢は「肌のツヤ」次第!朝の肌ケアと下地作りで若返り!

Date:2015.05.11

shutterstock_259984706 - コピー

肌のツヤやハリ感は美しい肌の必須条件であるほか、見た目の年齢にも大きく関わってきます。

昼間の肌を誰もが羨むツヤ肌にする、朝のスキンケアとメイクの下地作りとはどんなものでしょうか。

見た目年齢は“肌のツヤ”次第

実年齢よりも外見年齢が気になる歳になると、十代の若い肌と自分の肌の違いについて考えてしまいます。

すると気付くのが、若い女性の肌はパンとハリがあって、ツヤツヤと光り輝いているように見えるということ。

逆に、年齢を重ねた女性であっても若々しく感じる場合、その印象がどこから来るのか考えてみると、ほとんどの場合、ツヤツヤした頬の皮膚の質感だったりするのです。

そう、つまり外見の年齢は、肌のツヤ感が大きく左右しています。

ツヤの正体とは?

若さの証拠であり、若々しさの要である“肌のツヤ”。これはずばり、下記2点がポイントです。

  • 肌の水分
  • 肌の皮脂

健康で若い肌は、その内部にコラーゲンをたっぷり含んでおり、水分を十分に保持しています。この肌の水分が、みずみずしさや透明感の正体です。

また、若い体は新陳代謝が良いため、皮脂をたくさん分泌します。この皮脂が肌を守るベールとなり、肌の水分を保持するのに役立っています。この皮脂が、ツヤツヤした肌の輝きです。

年齢を重ねれば重ねるほど、肌内部のコラーゲン量は減少し、皮脂の分泌は少なくなり、乾燥しやすい状態になります。すると、くすんで見えたりたるみが出てきて、見た目年齢も重ねていくことになります。

誰もが老いからは逃げられません。しかし、落ち込むのはまだ早いのです。肌のツヤ感さえ手に入れれば、実年齢よりも若く見られる“若見え肌”になることは可能なのですから!

“朝のケア”で昼間の肌が変わる!

人に会う昼間の時間の肌をツヤツヤにするためには、朝で勝負が決まります。ツヤ肌にするための朝できるスキンケアをチェックしていきましょう。

洗顔をしないという選択

筆者が数年前から続けているのが、“朝の洗顔をやめる”というケア方法です。

朝顔を洗わない、と言うと抵抗を感じる人も多いかと思いますが、「洗顔フォームや水を使わない」という意味で、汚れを落とさないわけではありません。

朝の洗顔で洗い流したいものはと言えば、夜の間に分泌された皮脂や汗です。しかし、よく考えてみると、それだけを落とすために洗顔フォームが必要でしょうか? 答えはノーです。

洗顔フォームや泡を洗い流すために使うお湯は、肌に必要な潤いも一緒に洗い流してしまいます。ツヤ肌を手に入れたい時は、できるだけ肌の乾燥の要因は避けるべきです。

朝は洗顔をするのではなく、コットンに化粧水をたっぷりと取り、優しく肌の上を拭いて皮脂や汗をとるだけで十分です。化粧水で拭くことで、肌への負担も少なく、水分補給もしてくれる一石二鳥テクです。

テカリを恐れない保湿を

朝のスキンケアは、その後のメイクを考えて夜よりも控えめにしている、という方が多いのではないでしょうか。

しかし、日中をツヤ肌でいるためには、朝のスキンケアがとても大切です。寝るだけの夜とは違い、日中は肌にかかるストレスがたくさんあります。

太陽からの紫外線や、オフィスの空調、メイク自体も肌にとっては負担になっています。その肌ストレスを、朝のスキンケアで軽減させてあげる必要があるのです。

  • 化粧水はたっぷりと肌に浸透させる
  • 乳液を省略しない
  • メイクの邪魔になる油分は軽くティッシュオフで

夜のスキンケアと同様にしっかりと保湿をし、メイクの前までしっかりと肌に染み込ませたら、メイクよれの原因になる余計な油分を極軽いタッチでティッシュオフしましょう。

べたつくから、日中にテカるから、と乳液を省略するのはNGです。肌は乾燥すると余計に皮脂を分泌します。日中のテカりは朝のスキンケア不足による乾燥が原因である可能性もあるのです。

ツヤのある肌を作る化粧下地とは

shutterstock_99018788 - コピー
スキンケアを完璧に終えたら、いよいよメイクです。化粧下地は、素肌の美しさを演出するとても大切なアイテム。若見えするのに適した化粧下地とは、一体どんなものなのでしょうか。

時短メイクとテカり防止は卒業

忙しい朝、時短メイクができると人気の“オールインワン”アイテムで済ましているという人は少なくないはずです。

最近の時短メイクアイテムがとても優秀であることは周知の事実ですが、とは言え、基本的な化粧下地+日焼け止め+ファンデーションの役割だけでは、ツヤを手に入れたい女性には機能が足りません。

最近の下地はとても機能的で、肌のツヤを増す効果があるタイプがたくさん出ています。なりたい肌を作ってくれる下地をつけ、BBクリームなどのオールインワンアイテムは遅刻しそうな朝用にまわしてしまいましょう。

また、テカり防止機能のある下地は不要です。先にも書いたように、ツヤの正体のひとつは皮脂です。

皮脂を抑えるマットな仕上がりは、若見えを目指す女性には肌が乾燥して見える可能性があります。

毛穴やくすみは“光”で飛ばす

ツヤ肌を目指すなら、化粧下地を選ぶポイントは“毛穴カバー”と“光”です。

朝のスキンケアによって一見ツヤツヤした肌であっても、毛穴が開いて肌に凹凸がある状態では、ツヤ感は半減です。毛穴を埋め、肌をなめらかな質感に整えてくれるタイプの化粧下地がおすすめです。

パールやラメが入った化粧下地は、上からファンデーションを重ねることで、肌の内側から光り輝くような質感に変化させてくれます。

シルバー系のコントロールカラーを頬にポイントでなじませるのも良いでしょう。

潤うツヤ肌を末永くキープして

shutterstock_155805380 - コピー
朝からしっかりと肌に潤いを与え、化粧下地によって光を集めるようにしておけば、肌のツヤはぐっと高まります。

そして、ツヤ肌をキープすることは、一時の若作りなどではなく、今後の肌を良い状態にキープさせることにも繋がります。

ぜひ、実年齢を告げて驚かれるような、若見えするツヤ肌を手に入れてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント