• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝、服選びに困った時!色から組み立てるセンスあるコーデイネート術

Date:2013.07.16

時間がないのに着る服が決まらない!

洋服のコーデイネートに悩んでいませんか?あれこれ試した挙句に、うまくまとまらず、遅刻ギリギリに結局ヘーヴィーロテーションのコーデイネートでまたまた外出なんてこと・・よくあると思います。

コーデイネート迷った時、時間がなくてあせっている時など、頭を整理しやすいコーデイネート方法です。

おしゃれ・服装の第一印象はやはり色です。コーデイネートに迷いやすい朝、時間がない時はまずは色だけ考えて組み合わせてみましょう。

「その日着たいアイテム」を一つ選びます

まず、始めに、「その日着たいアイテム」気になるアイテムを一つだけ選びます。トップスでもボトムスでも、シューズでもバッグでも構いません。今日、会う人が好きなブランドのスカートや、最近プレゼントされたネックレスやストールでもいいです。

雨だったら、レインブーツをまずチョイスするのもいいかもしれません。何でも、今日はコレ!というのを決めてください。

「その日着たいアイテム」と合う「ポイントカラー」のアイテムを選びましょう

○「その日着たいアイテム」は何色ですか?もし、そのアイテムが落ち着いた色(黒、白、ベージュ、グレーなど) でしたら、それに合う「ポイントカラーのアイテム」または「キラキラのアイテム」を一つ選びます。

例えば、ベージュのサマーニットだったらブルーの籠バッグ、黒のワンピースだったらシルバーのスワロフスキーのベンダント。グレーのパンツだったら、ゼブラプリント柄のストールといった風に。

○もし、「その日着たいアイテム」が、「ポイントカラー」や「キラキラアイテム」でしたら、逆に落ち着いた色のアイテムを一つ選びます。

真っ赤のバッグでしたらベージュやグレーのワンピース。グリーンのプリントシャツだったら、白や紺のパンツなど。

○また、「その日着たいアイテム」がプリント柄のものでしたら、その中の一色をとったアイテムをえらんでも素敵です。

「ポイントカラー」「キラキラアイテム」は一色で。それを邪魔しないアイテムでコーデイネートを整えていきます

次に、「ポイントカラーを邪魔しない」アイテムをそろえていきます。同じ色の「ポイントカラー」をどこかもう一箇所リフレインしても素敵です。白のアイテムはすべての色に馴染み色と色をつなぐ効果があるので有効利用できます。

できれば、「ポイントカラー」は一色のほうが、まとまりのいいコーデイネートになります。

ポイントカラーのないモノトーンのコーデイネートも素敵ですが、その場合「キラキラポイントのアイテム」は、是非加えていただきたいです。

ラインストーンの入ったバッグ。シルバーのバングル。モノトーンのコーデイネートでは「キラキラのアイテム」の存在感は高く、より上質に見えます。

急いで服を選ぶと、だいたい無難なものになってしまいます。「ポイントカラー」と「キラキラアイテム」を中心に組み立ててゆくと、時間がないときでも頭を整理しながらコーデイネートがしやすいです。また、いつも通りのコーデイネートにエスプリとセンスが加わっているのが分かるはずです。

この記事をシェアする

関連記事