• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝の美容は「手抜き洗顔」普通の洗顔より何倍もキレイになると話題に!

Date:2014.06.30

お肌の老化は年齢が関係していると思われがちですが、自分よりも年上の女性が美肌の場合があります。年齢がアップするのは仕方ありませんが、お肌がボロボロなのを年齢のせいにすることはできません。

若い頃はしっかりと洗顔をしないと毛穴つまり、ニキビなどの原因になると言われていました。しかし、年齢を重ねた今でもしっかりと洗顔をしないといけないかと言うとそうでもないのです。

むしろ洗いすぎのために自分で自分のお肌を窮地に追いやっている可能性の方が高いのですよ。

しっかり洗顔は間違い

お肌はしっかりと洗ってあげないと汚れが落ちないと思っている女性、結構いますよね。朝も夜も洗顔料をしっかりと使って洗顔をしている・・・。お肌のことをいたわっていない行動だともいえるこの行為がお肌ブスの原因のこともあります。

洗顔料は汚れを落とすチカラもありますが、お肌に必要なものも洗い流すチカラもあります。お肌に必要なモノは水分、そして、ニキビの原因と思われがちな油分です。

油分は過剰すぎればニキビや毛穴つまりの原因になりますが、少なすぎれば乾燥の原因になります。水分・油分、この二つのバランスがちょうどよくないと美肌から遠くなってしまいます。

朝はぬるま湯でサッと程度で十分

夜、メイク落としや洗顔を使って汚れをきちんと洗い流しているお肌は朝はサッと洗う程度で十分なのです。眠っているだけでお肌は洗顔料を使わないといけないほど汚れません。ぬるま湯でサッと洗うくらいでほこりや多少の皮脂は落とすことができるのです。

美肌の女性は朝のお手入れは手をかけていないとよく言われます。夜と同じような洗顔方法を朝には行いません。美肌のためには手を抜くことも必要だと言うことをわかっているからです。

手をかけすぎてお肌がボロボロ

お肌は手をかけなくても手をかけすぎてもよくないと言われています。肌膜はとても薄く繊細なモノ。洗顔のしすぎで乾燥すればクリームや美容液を必死に塗ると思いますが、この塗る行為も美肌から遠ざかる一因です。

優しく塗っているようでもお肌をこすってしまったり余計な圧力がかかってしまいお肌には負担がかかっています。疲れたお肌は美肌になるチカラをもっていません。元気なお肌だからこそ美肌になろうとするチカラを発揮できるのです。

誰よりも美肌になるために

誰よりも美肌になるためにはお肌を洗いすぎないことと、お肌に余計な負担を与えないことです。夜、しっかりと洗ったお肌にはお肌に必要な水分と油分を優しく与えてあげましょう。

朝はサッと汚れを洗い流す程度で洗顔料は必要ありません。チカラを込めたお手入れをするのではなく、お肌をいたわってあげるお手入れを心がけましょう。そして、中からもお肌のためになるような食事をとることも大切です。

美肌美人は意外と簡単に手にすることができるのでぜひ実践してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事