• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎朝のランニングで有酸素運動+リフレッシュ!意外にはまるマラソン

Date:2013.10.24

小学校から高校までの間マラソン大会や持久走大会等に苦い思い出がある人いませんか?苦しくて、辛くて、冬になると体育の授業が嫌で逃げ出したいかった人は、昨今の市民ランナーブームを他人事と思っているのでは無いでしょうか。

実際私は大の運動苦手で、マラソン大会では歩いているかの様な速度で走っていました。それが今では若干虜の様に毎朝のランを楽しんでいる状態です。

では何故虜になるのでしょうか。その答えは、市民ランナーの皆が持つ共通の心理が働いているからなのです。みなさんもこの記事を読んで是非一度ランニングをしてみたいと思ってもらえたら幸いです。

朝早く起きることから始めましょう

朝が苦手な人はまず、6時でも良いので朝早く起きる事から始めましょう。毎朝早く起きて、YouTubeやテレビの録画でも構いませんのでラジオ体操をきちんと行ってみて下さい。ラジオ体操を行うとすっきりして肩こりや腰痛から解放されたり、血行が良くなるのも分かってくるでしょう。

まずは、近場を一周してみましょう

例え500メートルでも構いません。自分の家の周りをゆっくりランニングしてみて下さい。辛い人はウォーキングでも構いません。

車や自転車に乗っていると気が付かない発見があるかと思います。出来ればそれを毎日続けて貰いたいのです。1週間で良いので近場を一周してみて下さい。

毎日走らないとモヤモヤする様になったら成功です

どんなに短い距離でも構わないのですが、毎日走っているとその時間や流す汗が癖になって病み付きになってくるのです。「走らなきゃ」という焦燥感があると、どの市民ランナーも口を揃えて言う位で、走らないとモヤモヤしてくるのです。

副産物としてのダイエット効果を期待する

ダイエット目的でランニングすると、その消費カロリーの少なさに愕然とするでしょう。しかし、毎日継続して走っていれば腸の動きが活発になり、便秘が解消されて更に発汗する事で新陳代謝が良くなったり、足や腕や腹筋に筋肉が付き緩やかに体重が減少していくことでしょう。

決して一週間で数キロも痩せる訳ではありませんので、副産物としてのダイエット効果に期待しましょう。

一番大きいのはリフレッシュ効果です

人は忙しすぎ、頭を空にする時間がありません。スマートフォンに操られるかの如く通信機器から目が離せずにいる人もいるでしょう。しかし、朝のランニングでは例え10分でも「無」になれてリフレッシュ出来るとする人が多くいます。

ランニングは、何処でもいつでも運動靴さえあれば走る事が出来る単純なスポーツです。あまり窮屈に考える事無く気楽な気持ちで是非始めてもらいたいと思います。

この記事をシェアする

関連記事