• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝洗顔は肌質で方法を変えよう、本当に自分に合った朝洗顔とは

Date:2014.06.08

洗顔方法、特に朝の洗顔に関してはいろんな意見があり、どの情報を信じた方がいいのか分からないという女性が多いといいます。

確かに雑誌やテレビ、美容家によって朝の洗顔方法に対する意見が正反対で本当はどれが正しいのかというのが分からない状態です。この朝洗顔、テレビや雑誌などの意見はどうしてこうも違うのでしょうか。

朝洗顔はした方がいいのか・しない方がいいのか

少し前に「年齢を重ねても肌が綺麗な人の秘密を探ったら実は朝は洗顔をしないことが分かった!」といったような美容特集を見たことがあります。

この内容というのは夜は普段通りのスキンケアをするけれど朝は洗顔をしないで水(ぬるま湯)で洗うだけのケアをして美肌を維持しているというものでした。

確かに日中のように夜は寝るだけなので日中のような埃や汚れがある環境ではないので朝から洗顔フォームなどは使わないで水で大丈夫というのは理に適っていると思います。

そして雑誌で見たのは「夜寝ている間の皮脂で毛穴が詰まるから朝は洗顔フォームで顔を洗おう」というものでした。これは顔の表面につく埃や汚れは少ないけれど皮脂の分泌で毛穴に皮脂が残るのでしっかりと洗顔フォームで朝洗顔をしようというもの。

これも確かに分かります。特に皮脂の分泌が多い場合などは毛穴をスッキリさせたいというのはあると思います。

この2つを見て、朝洗顔をした方がいいのかそれともしない方がいいのか分からないですよね。そのくらい朝洗顔の美容法は正反対の理論がたくさん出ているんです。

自分の肌質をしっかり知って朝洗顔をしよう

この朝洗顔、雑誌などの美容特集を真似るのではなく肌質によって変えることが大切なようです。

肌が乾燥しやすい人が朝から洗顔フォームで顔を洗うと洗った後に肌にツッパリ感が出てその後に化粧水やクリームをたっぷりつけなくてはいけないということがあります。

こういう肌質の場合は朝は水やぬるま湯での洗顔、もしくは濡れたタオルなどで拭き取りを行うというだけでも十分だと思います。

水洗顔などをした後に拭き取り化粧水を使えば寝ている間の毛穴の皮脂も取り除くことができるので、洗顔フォームは使わなくても大丈夫です。

反対に皮脂の分泌が多い人はやはり洗顔フォームでしっかりと朝洗顔をする必要があります。肌に余分な皮脂が残っていると化粧崩れにも繋がりますし、べたつきがあるとメイクもしっかりとできません。

朝なので潤い効果の高い洗顔フォームなどを使うと化粧ノリも良くなります。このように、「朝洗顔」に関してはまずは自分の肌質をしっかりと見極めてから行うといいようです。

体験談 混合肌の私の洗顔方法

ここでは私の洗顔方法を紹介します。私の肌は混合肌、季節によっては乾燥したり皮脂が多く出たりもするのでとても面倒な肌です。朝は洗顔フォームを使って顔を洗っています。

といっても液体の洗顔フォーム(マジックソープ)を泡の出るディスペンサーに10倍に水で薄めて入れ、それを使って洗顔しています。泡立てなくても泡状で出てくるので楽だし、朝はそこまで肌も汚れていないので薄めた洗顔料を使うようにしています。

これでも顔の余分な皮脂はしっかりと落ちていると思います。洗った後に皮脂特有のべたつきもまったくありません。皮脂が多い時は、この後に拭き取り化粧水を使ってお手入れをしています。

皮脂の量や乾燥具合によって洗顔方法は毎日変えてもいいくらい敏感なものだと思います。雑誌などの情報にこだわらず、まずは自分の肌に合う洗顔方法を見つけてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事