• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

焦ると男性は逃げてしまうもの。焦らずに彼の心をゲットする方法

Date:2013.12.25

気になる彼の行動や言動を見ていると、どうやらあちらもまんざらでもない様子。でも、確信はつかめない。彼からの告白もない。友達以上、恋人未満のままなんてつまらない。早く堂々と恋人同士になりたいのに、なかなか進まない。

だからといって、こちらから仕掛けると、相手は逃げてしまうかもしれません。『急いては事を仕損じる』です。こちらが焦れてはいけません。こちらが焦らして、彼から告白してもらいましょう。そうするためには、どんな態度で接していればよいでしょうか?

好き好きオーラは控え目に

男性は追われれば逃げるもの。また、この女性はもう自分のものだ、と思ったら興味を失ってしまうこともあります。好き好きオーラ全開では、相手の気持ちが盛り上がる前に、冷めてしまうかもしれません。

「自分のことを好きなのかな?違うのかな?」と思わせておくことが大事です。好きな気持ちを全部出してしまわずに、小出しにすることが必要ですよ。

常に女性を意識させる

友達のように一緒にいる機会も多いと、危険なのはそのまま緊張感のない友達になってしまうことです。そうすると女性として見てくれなくなる危険性もあります。

本人もつい女性らしさを忘れてしまったら、恋人になれる機会を失い友達のままで終わってしまうかもしれません。いくら仲が良くても、常に女性という意識を忘れずに、相手にも女性であることを意識させましょう。

メイクには手を抜かず、洋服にも気を遣い、立ち居振る舞いもガサツにならず、女性らしい配慮を忘れないようにしましょう。

常に余裕の笑顔

大切なのは余裕です。気持ちが焦るあまり、他の女性と仲良くしているところを見て嫉妬心をあらわにしたり、友達の前で彼女気取りの態度を取ったりしないように気をつけましょう。常にこちらは気持ちに余裕を持って、いつも笑顔でいましょう。

ここぞという時のボディタッチ

ボディタッチは男性をドキッとさせるテクニックの一つです。しかし、いつもベタベタと触っていては効果も半減。ボディタッチは、『不意に』『そうせざるを得なくて』といった状況で使いましょう。

例えば、彼が「ちょっと熱っぽいんだ」などと言ったら、すかさずおでこに手を当ててみたり、ほっぺを触ってみましょう。普段はベタベタせずに、ちょっと席を立つ時に背中に触れたりするのも効果的。さりげなく、自然にできるといいですね。

ちょっとだけ焼きもちを焼かせる

焼きもちというのは、上手に焼かせることができれば相手の心に火をつけることができます。さりげなく、彼に「○○くんからよくメールくるんだ」とか「なぜか知らないけれど、○○くんて私の誕生日知ってるのよね」と、ちょっとした男性がらみの話をしてみましょう。

ちょっとしたことでも、彼の中では「自分が一番仲がいい女性」として見ているのであれば面白くないはず。また、うかうかしていると、誰かに取られてしまう、という焦りも生じるはずです。でも、やりすぎると「節操のない女性」と思われてしまので、注意しましょう。

自分の時間を持つ

彼と一緒にいるだけではなく、自分の時間を持つ女性でいましょう。お稽古事でも、資格の勉強でも、エステでも、自分の好きなことや興味のあることを楽しめることが大事です。

彼中心ではなく、彼に依存しない女性でいること。恋人にするならそういった女性がいいと思っているはずです。また、自分の時間を楽しめることで、彼とのことばかり考えずにすみます。それも余裕につながりますよ。

ちょっと遠ざかってみる

いつもそばにいると、彼は安心してしまいます。その安心感をちょっと刺激して焦らすことも必要です。時々メールの返信をしなかったり、お出かけするのを断ってみたり、ちょっとだけ彼のそばを離れてみましょう。

追われると逃げたくなりますが、逃げると追いかけたくなるものです。でも、やりすぎは禁物ですよ。

自分に自信を持つこと

焦らないコツは自分に自信を持つことです。彼が私のことが好きに違いない、と思うことも大事です。そのためには、外見も中味も磨くことを忘れずに、自分が幸せな気持ちでいることが必要です。

彼の行動や言動ばかりに気を取られていると、不安な気持ちで一杯になってしまいます。何かあると悪い方に考えてしまい、やっぱり彼は自分のことを好きじゃないのかも、と思うと表情も暗くなり、魅力的ではなくなってしまいます。

自分に自信を持ち、気持ちに余裕を持って、彼と一緒に入る時には楽しい時間を過ごしましょう。自分が楽しければ彼も楽しいはずです。そんな時間を過ごせる女性なら、ずと一緒にいたいと思いますよね。

この記事をシェアする

関連記事