• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

細いだけじゃセクシーじゃない!脚の肌ケアで綺麗な脚を作る方法

Date:2014.03.11

細くてすらりと伸びた脚は女性皆の憧れですよね。でも、脚の太さを気にしても、脚の肌のケアには顔のケアのようには気を配っていないなんてことありませんか?

パンツをはく機会が多いとあまり気にしなくなってしまいますが、意外と脚の肌はケアしないと荒れてしまいがちなのです。

例えば老廃物と脂肪が原因でできるセルライト、一度太ってやせたときにできるストレッチマーク、しみや血管の浮き等はよく見ると意外と目立つものです。そこで、お悩み別に脚の肌ケアをしてみませんか?

1. セルライト

脚を触ってみてください。貴女の脚はむくんだ感じになっていたり、肌のたるみが感じられたりしませんか?むくみはセルライトの原因となります。むくむことで老廃物を体内に溜め込んでしまい、それが脂肪と結合してセルライトを作りだしているのです。

それで、肌が更にたるんで、はりがない肌となってしまうのです。そこで、まずはお風呂の時にへちまたわしで脚をこすってあげましょう。これで十分に血行をよくしてあげるのです。

その後お風呂上りにクリームで両手を使って強めにマッサージをしてあげましょう。リンパを流すように足首からひざまで、そしてひざからももの付け根という順序でマッサージをしてください。

なお、クリームはコラーゲンの再生を促してくれるレチノールベースのものがお勧めです。その後、カフェイン配合のクリームで上からコーティングしてあげましょう。

カフェインは血行をよくし、余分な水分を排出する助けをしてくれます。これを一日2回行うのが効果的です。

2. ストレッチマーク

太っていた脚がやせることでできてしまうストレッチマークはできると正直消すのは難しいものなのです。でも、新陳代謝を促したり、保湿をすることでかなり改善され、目立ちにくくなります。

そこで、ストレッチマークができてしまったと気づき次第、またはできてしまいそうとなったらすぐにでも、クリームで保湿をしてあげましょう。

特にたまねぎの抽出液が入ったものは、ストレッチマークの赤みを減らしてしわを改善してくれるということでお勧めです。1日2回を3ヶ月続けるようにしましょう。

3. 脚のしみ

脚のしみは紫外線にさらされて肌が老化してしまうことが大きな原因となります。そこで、日ごろから顔や腕だけでなく、脚にも日焼け止めをつける習慣をつけましょう。できてしまった人も、まだ予備軍の貴女もぜひ今日から始めてください。

そして、できてしまったら、美白化粧品を根気よく使うようにしましょう。3ヶ月くらいがんばって使うと、かなり改善するはずです。重度のものはレーザー治療も考慮しましょう。

4. 下肢静脈瘤

脚の血管が何か浮き出てぼこぼことした感じになってしまった、なんて場合は要注意です。

これは下肢静脈瘤と呼ばれるもので、立ち仕事や運動不足などが原因で血液がうまく流れず、心臓に血液を送り返すことができなくなって、下半身に血液が溜まるようになってしまうものです。

これは放っておいても治らず、加齢とともに悪化するばかりです。これを治すには手術が手っ取り早い方法です。でも、手術に思い切れない…そんな方はベインクリームや弾性ストッキングを試してみてもよいでしょう。

今症状が現れていない人は、ぜひ対策をとるようにしましょう。下肢静脈瘤は軽度のものも含めれば成人のまさに40%に症状が見られるというとても身近なもので、特にハイヒールをはいたりと脚に負担をかけやすい女性に起こりやすいものです。

これを防ぐためには定期的にウォーキングをするなどエクササイズを心がけ、脚がむくまないようにマッサージすることが大切です。

お風呂上りなどにクリームをたっぷりつけてマッサージするのを習慣にすれば、肌もきれいになり、一石二鳥ですので、ぜひとも今日から始めてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事