• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌スキンケアにアジアンビューティメイクの方法はこれで決まり!

Date:2014.11.25

ハーフや外国人女性のルックスに憧れを抱き、髪をライトブラウンに染めてカラーコンタクトをしているなんていう女性も多いかもしれませんが、そういう女性達はまだ自分が本来持っている本当の美しさに気付いていないのかもしれません。

今や世界も認めているアジアビューティー、あなたが本来持っている美しさにスキンケアやメイク法を活用して、磨きをかけてみませんか?

スキンケア

外国人女性に比べると日本女性の肌はキメが細かく繊細に出来ていると言われています。 よって、海外ブランドや輸入物の基礎化粧品は香料がきつ過ぎてカブレやアレルギー反応を起こしてしまう事も少なくありません。

そこで、なるべく無香料で保存料の少ない基礎化粧品で繊細な私達の肌を守ってあげる事が大切です。安全で手軽、そしてなによりお財布に優しい方法で繊細な肌のスキンケアを紹介します。

ミントの葉

鉢植えで簡単に栽培できるミントの葉をすり鉢ですりペースト状にして顔に塗り15分程度放置してから洗い流すというミントフェイスパックを何度か繰り返すと、シミ・ソバカスやニキビの跡などを薄くする効果が有るそうです。 

お米のとぎ汁

おばあちゃんから「お米のとぎ汁で顔を洗うとつやが出る」と聞いた事が有りませんか?私達の先輩たちがしてきたスキンケアを復活させて、是非ツヤ肌を取り戻しましょう!

緑茶・抹茶

緑茶は抗酸化作用が期待できると共に、アンチエイジングには欠かせない肌細胞の修復や再生を手伝ってくれる働きがあるので、飲んでも良し、また緑茶成分の入った基礎化粧品を使っても効果が期待できます。

アジアンビューティメイク術

まだ、毎朝アイプチにアイテープで二重まぶたを作ってからじゃないと家を出られませんか? もう“ニセモノ二重まぶた”を卒業して、そろそろアジア人女性としての真の美しさに目覚め、本当の自分を見直しましょう!

アイライナー

瞳をパッチリ見せたいが為にいつもアイライナーで濃いラインを上と下の目のふちにクッキリと描くのは東洋人女性特有の小さい瞳には余り効果的とは言えません。

特にペンシルタイプのアイライナーだと滲んでしまい、目の輪郭が余計にボケてシャープなラインを描く事が出来ないのです。

もし、ペンシルアイライナーを使うのでしたら、冷凍庫に保存しておくと割りとシャープな線が描ける様になります。

でも、アジア人女性の目をより美しく見せてくれるのは黒のリキッドアイライナーです。しかも、リキッドライナーを目の上のふちだけにクッキリと描くと色持ちも良いですし、長時間滲まず、東洋人女性特有の切れ長の美しい瞳を強調できますよ。

アイラッシュ

また、私達の直毛まつ毛をビューラーで上手にカールするのも悩みの一つではありますが、これもホットビューラー(カーラー)を使うとキレイにカールできます。

普通のビューラーをお湯やヘアドライヤーで温めてから使うと即席ホットビューラーに早変わり!簡単に低コストで美しいカールしたまつ毛を作り上げられますよ。(但し、暖め過ぎには要注意!)

チークカラー

何かと顔にオウトツの少ない東洋人の顔…。なのでオレンジやコーラルピンクのチークカラーを使いオウトツを作ろうと試みたりもしますが、私達の黄味掛かった肌には似合わない事も多く、かえって張り出した頬骨を強調してしまう可能性も有ります。

ベージュ系の肌に近い色を選び頬骨からこめかみに向かってのせ、色のトーンを変化させる事で影を作り立体感を出しましょう。

口紅

アジア人女性は西洋人の女の人に比べ口や唇が小さいので、真紅や深い赤を使ってもそれほど派手には見られる事もありません。それにレッド系のルージュは東洋人女性の肌には良く映えるのでイチオシカラーです。

ヘアケア

朝のヘアスタイリングで、ドライヤーで毛先や前髪を完璧に仕上げても、午後になると何となくペッタリと顔や地肌に張り付いてボリュームが無くなっているなんて事ありませんか?

これは地肌から自然に出てくる皮脂や湿気の多いアジア特有の気候の影響でもありますが、この影響を最小に抑える為に、朝のドライヤーの前にドライシャンプーをしておきましょう

ドライシャンプーのパウダーが余分な皮脂を吸収してくれるので、一日中頭皮や髪がサラッとしたままの状態で、朝のフワッとしたボリューム感のあるヘアスタイルが保てます。よって、湿気が多いからとボリュームを抑えるオイルやクリームの使い過ぎには要注意です。

「本物の美」を目指して

自分には無い美しさを持っている海外セレブやファッションモデル達に憧れるのは女性の心理からすると当たり前の行動ではあるのですが、無い物を求めるより自分が持っている美しさを見直し、引き出して“本物の美”に磨きをかけましょう!

この記事をシェアする

関連記事