• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人気の色は試したい・新しいチークに次々と挑戦できるコツを伝授!

Date:2014.04.28

女性の化粧品ってたくさん種類があって、何を選ぶかとても悩んでしまうと思います。とくにチーク。チークにはたくさんの種類と色がありますから本当に自分に合ったものを探し出すのは至難の業。

どれかひとつでも気に入った商品があると長年、同じものを買ってしまう癖がついて、新しいチークが出ても、「失敗するのが怖いから」とその新商品を買わないまま、またいつもと同じチークを買ってしまう…という人がほとんどだと思います。

やはり、お金を出して買うものですから極力失敗はしたくないですもんね。気持ちはわかります。それにチークって、ファンデーションと違って色が顔の一番目立つところに塗られるものですから、気に入らない色は本当に塗りたくない!

となってしまうんですよね。でも、意外と普段買わない色を試しに買ってみたらけっこう気に入ってしまった!という話もあります。さらに可愛く、きれいになるためにはチークへの挑戦は必要不可欠なものと考えてまず間違いないでしょう。

化粧品への挑戦は勇気が要りますが、ぜひチークをたくさん試してみてください。ここでは新しいチークに次々と挑戦できるコツをご紹介したいと思います。

種類はあればあるほどいいと考えましょう

チークですが、種類はあればあるほどいいと考えるようにしましょう。基本、お気に入りの一個だけを大切に使うというスタンスの人が多いとは思いますが、チークは何個あってもいいんです。

化粧ポーチには一個か二個しか入らないと思いますので、自室のメイク代、ドレッサーの上に数種類のチークを置いておくと、本当にメイクの幅も格段に広がります。

つまり、持ち歩くのは一種類か二種類。自宅に置いておくのが何種類か豊富なものを…と考えるようにすれば、チークをたくさん買い込んでも罪悪感にはなりません。

絶対に一長一短あります

さて、チークにはその種類によって絶対に一長一短あります。このチークは可愛い色だけど、すぐに落ちてしまう。このチークは発色は綺麗だけれど値段がちょっと高い…など。

いいところと悪いところが必ずセットでついてくるのもチークの特徴です。そのことをしっかり理解しておけば、次から次へとチークを購入しても罪悪感にはなりません。

むしろ「いいところと悪いところ」を把握して化粧品を使い分けているという感覚が、メイクの楽しさにつながるはずです。

お洋服のチョイスによってチークの色にも幅を持たせましょう

お洋服のチョイスによっても選ぶチークも色は変わってきます。ガーリーなお洋服であれば思いっきりピンクのチークをチョイスしてお人形さんのような仕上がりにしてもいいでしょう。

また、元気さをアピールするのであればオレンジ系のチーク、キリッとした印象にしたければ頬に対して斜めに入れたり…といった具合に、基本的な使い分けでも、こんなにも多様なチークの選択方法があります。

お洋服に合わせてチークを選ぶことで、毎回違う自分になれるというのもなかなか楽しいものです。これなら、たくさん次から次へとチークを買ってしまっても、使いこなせずに終わるということはありません。

むしろ、自分がどんな色を頻繁に使う傾向にあるのか、自分の本当に好きな色は何なのか、ということが少しずつわかってくると思います。

色を混ぜてみたりするのも楽しい

一個のチークを使うのもいいですが、複数のチークを混ぜてあなたオリジナルのチークを作ってみるのも、また楽しいですよ。一個のチークだけだとどうしても単純な仕上がりになり、いつも同じ顔の印象になります。

でも、何個か混ぜてみましょう。複雑な色のグラデーションが出来上がったり、自分でも試したことのない濃い色や、絶妙の混ざり具合の色が試せるいい機会になるでしょう。ブラシは混ぜるための専用のブラシを一本用意することをおすすめします。

もし色が気に入らなければきょうだいや友人に

さて、新しいチークを買って、もしその色が気に入らなかったとき。チークはほかの化粧品と違って、一回や二回使ったくらいではそんなにたくさん汚れることはありません。基本、粉でできているわけですから不潔な印象も少ないでしょう。

もし新しく買ったチークが気に入らないのであれば、きょうだいや友人に使う人がいないかどうか聞いてみましょう。

相手がよほどの潔癖症である場合はやめたほうがいいかもしれませんが…。チークって自分じゃ買わない色を一度は試してみたいと誰しもが思っていますから、あなたがそのチークをあげたところで「いらないものを押し付けられた」と思う人は少ないでしょう。

もちろんよっぽど汚れている品物をあげるのはルール違反ですが。チークひとつで顔の印象って本当に見事に変わるものです。新しい色に挑戦したいと思う気持ちがあるのであれば、やってみなければ損です。挑戦してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事