• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一度発生すると完治しにくい大人アトピー予備軍の特徴と予防策

Date:2013.10.10

大人アトピー?アトピーなんて関係ないわなんて思うことがほとんどではないでしょうか?ですが現代はストレスとともに食生活の変化などで、アレルギー体質に知らぬ間になっている方も多いのです。

アトピーはアレルギーの一部ですから、アレルギー体質の方は、アトピーになる可能性を秘めているということになりますから、予防していくことが大事になります。ではどのようなタイプの方がアトピーになりやすいのでしょうか?

もともと敏感肌の方

化粧品かぶれなどで一度は皮膚科を受診されたことのある方は、化粧水の成分に対するアレルギーがあるということになります。このような方は要注意です。

アレルギー性鼻炎や結膜炎が重症のかた

眼科や耳鼻科でアレルギーの程度が甚だしいといわれた経験のある方は、それだけアレルギー体質であるということになりますから要注意です。

お酒を飲めない人

お酒が嫌いな人は別ですが、お酒は好きなのに、飲むと翌日が一日台無しになるくらい2日酔いが激しい人は要注意です。それだけ胃や肝臓が弱いことを表しています。

甘いものに目がない人

甘いものをとりすぎて虫歯になりやすい人や、どうしても甘いもをを欠かさずに食べてしまう人は要注意です。いつか過剰摂取しすぎてアトピーの症状を発生させてしまうかもしれません。

脂肪などの油っぽいものが好きな人

スナック菓子、牛肉やてんぷら、おいしいものの過剰摂取は胃や肝臓に負担をかけ、アトピーの発生原因になる可能性があります。

ストレスフルな生活をしている人

お昼をとるにも夕食をとるにも仕事をしながらの人は、ストレスを食べていることになり、ここにアレルギー物質が加われば、アトピーになる可能性が大きくなります。ストレスをかかえながらの食事はやめましょう。

健康にいいからといって過剰に運動をする方

運動をするのはいいことですが、それを日課にすることで、それがストレスとなることがあります。

ストレスとアレルギー物質の反応が大人アトピーの発症で、大人アトピーは一度発症してしまうと完治しにくいものですから、ストレスをできるだけ感じないような運動方法に切り替えましょう。

生活のリズムが不規則な方

昼と夜が逆転しているストレスフルな生活を送っている人は、日中の日光でさえアレルゲンとなり、日光というアレルゲンとストレスが反応してアトピーを発生してしまうことがあります。睡眠時間は確実に確保し、できるだけストレスを感じない生活リズムに変換しましょう。

完璧主義な方

自分でストレスを作ってしまうタイプです。自分でストレスをつくるという観点から完璧主義になりすぎないようにしましょう。自分でストレスフルになる方はいつのまにか何時間も同じことをしていたりします。自分でも気づかないところが特徴です。

打破するための一つの方法として、強制的になりますが、時間をきめて、水分補給をするということをお勧めします。

携帯のアラーム機能を利用して、30分に一度水分を口に含ませる程度でも構いませんから、水分を胃に入れてあげることで、自律神経を穏やかにし、ドライマウスも減少でき、ストレスをリセットできます。

妊娠中の方

いつの間にか体に抵抗力がなくなっていることがあります。このようなときにアトピーになりやすい体質になっていたりします。普段よりより慎重に日常生活をこころがけましょう。

これらのケースがいくつか当てはまる人は、アレルギー内科などで、血液検査をしてIge値などを調べてもらうのが好いかもしれません。Ige値が高いことは必ずしもアトピーになるとは言えませんが、アトピーの方はほとんどがIge値が高いといわれていますから。

いかがですか?大人アトピーと生活う習慣病の予防は似ていますよね。ストレスと健康的な生活習慣。アトピーも生活習慣病といえるのかも知れせんね。

この記事をシェアする

関連記事