• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

厚化粧から徐々にすっぴん素肌メイクに戻していくテクニック

Date:2013.01.17

男性はスッピンが好き、とよく言われます。スッピンでなくでもナチュラルメイクが好きですよね。厚化粧の女性は好まれません。化粧を落とすとどんな顔になるのだろう?と不信感がつきまとうようです。確かに女性は化粧で化けます。メイクのテクニックを駆使すれば、元の顔が変わってしまうくらい変化することができます。

しかし、彼と一緒に過ごすようになれば、いつかは化粧を落とさなければならない日がやってきます。そのときに、幻滅されるのはいやですね。そうならないためにも、徐々に厚化粧をやめてナチュラルメイクにしておくことが必要です。まずはどんなことから始めればいいでしょう?

ポイントメイクを薄くする

まずは自分の化粧をした顔を見て、薄くできるポイントを探しましょう。コツはポイントメイクです。マスカラ、アイシャドウ、口紅、といったポイントメイクを薄くする、色を変えてみましょう。

例えば口紅が濃い色だったら少し色を落としてピンクベージュにする、アイシャドウの色がブラウンだったら、オレンジ色にしてみる、といったように一段軽い色に変えてみましょう。それを一つずつ行います。口紅の色が変わるだけでもナチュラルな感じになりますよ。

アイシャドウの重ねづけをやめる

アイシャドウは数色の色をグラデーションにしてつける、というメイクの方法がありますね。でも、グラデーションは厚化粧に見えやすいものです。グラデーションをやめて、アイシャドウの色を1色にしてみましょう。

チークは健康的に入れる

ピンクのチークを頬全体にのせるのはいいのですが、色がつきすぎると厚化粧に見えてしまいます。また、オレンジのチークなどを頬骨の下あたりに入れるのも、しっかりメイクに見えますね。チークはつけているかつけていないか分からないくらいの色で。頬ぜんたいにほんのりとつくようにのせるのがポイントですよ。

アイランをペンシルで描く

目の下の際のアイラインはペンシルで描くとナチュラル感が出ます。リキッドで描くときっちりメイクに見えるので、ペンシルで描くようにしましょう。

つけまつ毛をやめる

つけまつ毛をしている場合はそれをやめましょう。つけまつ毛は厚化粧のイメージを強調させます。つけまつ毛をやめて、自分のまつ毛をビューラーでしっかりとカールさせたり、まつ毛パーマなどでまつ毛をしっかりカールさせ、マスカラを塗るようにしましょう。

眉毛はぼかす

眉毛をペンシルできっちり描くと化粧をしっかりしている、という印象になりがち。ペンシルで描いたらぼかすようにしましょう。または、アイシャドウを使ってブラシで描くと自然な眉毛になりますよ。厚化粧に見えるのは人工的な手が加わっているからです。自然な感じを出すようなメイクを心がけましょう。

ファンデーションの厚塗りをしない

ファンデーションの塗り方に注意します。首と顔の色が違うまで色をのせないようにしましょう。また、シミやそばかすを隠すためにファンデーションを重ねづけしてしまうと厚塗りになってしまうので、シミやそばかすはコンシーラーを使います。

厚化粧をやめるには、ファンデーションを厚くぬらなくてもキレイな肌でいることが必要ですね。そのためには日々のスキンケアが重要です。正しい洗顔、水分補給、保湿ケアを欠かさないようにして、美しい素肌になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事