• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

週に1回のあつ~いお風呂で肌をリカバリー

Date:2013.10.11

疲労回復にはお風呂が一番。疲労を回復する入浴法といえば、ぬるめのお湯でゆっくり半身浴というのが主流になっていますが、実は効率よく疲労回復するには、熱めのお風呂が効果的なんです!

細胞を修復するヒートショックプロテイン

人の体を構成する約60兆個もの細胞の中身は、ほとんどがタンパク質。心理的ストレスや寝不足といった身体的ストレスを受けていると、タンパク質が傷つき、だるい、疲れる、気分が落ち込むといった心身のトラブルが増えていきます。

もちろん美容にも影響をおよぼし、肌に元気がなくなったり、太りやすくなったりと、いいことはありません。

そのように傷ついたタンパク質を修復してくれるのが、ヒートショックプロテインというタンパク質。傷んだ細胞を修復したり、免疫細胞の働きを強化して、丈夫で健康な体へとリカバリーしてくれます。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法

ヒートショックプロテインを増やす方法は、その名の通り、熱ショックを与えること。風邪などで高熱が出た時には、ヒートショックプロテインが大量に作られて体をめきめき修復しているのです。とはいえ故意に熱を出すわけにもいきません。

手軽に体温を上げられる方法といえば、もちろん入浴です。40~42度に設定した熱めのお湯に10~15分ほどつかればOK。たっぷり汗をかくので水分補給をしてから入りましょう。

また、入浴中も浴槽にふたをして湯温が冷めないように注意し、入浴後も10~15分は保温性の高い服(あればサウナスーツなど)を着て熱をキープすること。

毎日そんなに熱いお風呂に入れないという人でも大丈夫。ヒートショックプロテインは1週間ほど体の中に残っているので、週に1~2回程度行えばいいのです。

ここぞという日のためにヒートショックプロテインを増やしておきたいという人は、入浴して2日後から増え始めるので、2日前に行っておくのがポイントです。2日前にしっかりヒートショックプロテインを増やしておけば、運動をしても筋肉痛が起こりづらくなります。

冷え症改善にも役立ち、代謝もアップしてキレイにもなれるので、ぜひ継続してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事