• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ワイルドで男らしいけど・・・アウトドア男子と結婚して後悔した瞬間

Date:2013.12.05

アウトドアな趣味を持つ男性ってワイルドでカッコよく見えますよね。私の周りの独身女性の中には「アウトドア派しかダメ!」「結婚するなら、キャンプやバーベキューが得意な男性じゃないと嫌!」なんて人もいるぐらいです。

しかし、実際にアウトドア男子と結婚した奥様たちに聞くと、良いことばかりではないよう。自分自身もアウトドアが好きでアウトドア男子を理解しているつもりで結婚していても、「アウトドア男子を選ぶんじゃなかった…」と後悔してしまう瞬間があるのだそうです。

カッコいい部分だけでなく、これからのことも考えてみる必要があるかもしれませんよ。

山好きと結婚したAさんの場合

Aさんの夫はまさにアウトドア男子。スノーボードを担いで雪山に登って滑り降りたり、マウンテンバイクで山下りを楽しんだり、たくましくて男らしい彼に独身時代のAさんは夢中でした。

Aさん自身もキャンプなどが好きで、彼の趣味を理解して一緒に楽しみながら生きていけると思っていたそうです。そんな思いが変わり始めたのは結婚して子供ができてから。赤ちゃんの世話に毎日必死のAさんはもちろんアウトドアどころではありません。

そんなAさんと赤ちゃんを置いて、夫は相変わらずのアウトドア三昧。崖から落ちてケガをして帰ってきたり、天候が悪くて帰宅が遅れるようなことが続くと、Aさんはだんだんと夫を無責任だと感じるようになりました。

「自分がケガをすると妻と子供を養えなくなるかもしれないから、危険な場所は避けようと思わないのか?」「休みの日は妻と子供と一緒に過ごそうと思わないのか?」とアウトドア男子を選んだことをとても後悔したそうです。

「子供が大きくなれば家族でアウトドアを楽しめるはず!」と今は我慢の毎日なのだそうです。

バーベキュー好きと結婚したBさんの場合

Bさんの夫はバーベキューが大好き。仕事柄休みが少ないためキャンプなどは難しく、バーベキューでアウトドア気分を味わうのが好きなのだそうです。マイホームを購入する時には、夫の強い希望で庭にバーベキューコンロを設置しました。

夫の休みの日は友人達を呼んでバーベキューがお決まりになりました。はじめは楽しんでいたBさんも、毎週のようにバーベキューの準備をしたり友人達をもてなすのもだんだんとお疲れ気味に。

そんな頃、ご近所さんから「洗濯物にニオイがつくし、窓も開けられない!バーベキューをするならせめて事前に言ってほしい!」と苦情を言われてしまいました。

毎週のようにご近所に頭を下げて回るのにも嫌になり、子供が生まれて育児に忙しくなってからも相変わらずバーベキューをしたがる夫にイライラはMAX。バーベキューが好きすぎる夫と結婚した事をとても後悔しているそうです。

この記事をシェアする

関連記事