• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アウトドア派はきれいになれる夏でも輝く女性になるために

Date:2013.07.05

夏だから外へ出ない・・・本当にそれでいいの?

夏が近づきました。20代以降の女性にとっては、日焼け止め、日傘の欠かせない季節です。それでも、やはり多少は日焼けもするし、暑いから、外へは出ない。そうすれば日に焼けることもなく、涼しい部屋の中で、白い肌を保てる。

しかし、本当にそうでしょうか?女性の美しさは、肌の白さだけなのでしょうか?

外に出ることで、女性は輝く!

よく、子供のいる主婦は、同世代の働いている女性より、老けて見える、という声を聞きます。生活に疲れているからかな・・・と多くの人は思いますが、決してそれだけではありません。「家の中にいること」これが大きな原因のひとつだと、私は考えます。

外に出ていると、やはり女性の心には、人に見られている、という意識が生まれます。たとえデートや合コンでなくても、それなりに服装や化粧、髪型に気を遣い、「まわりから見た自分」を演出します。

そしてそれは女子力と呼ばれるものに近くなり、自然とあなたを魅力的に見せます。これが毎日となると、なおさらです。

逆に家の中にいると、見られている意識は激減します。ノーメイクで、服装もパジャマのまま、髪もひとつにまとめて、宅配便がくればどうしようとあわてる。そういう毎日を過ごしていると、どうでしょうか。

時々外に出たときも、「誰かに見られているわけじゃないし」と思うようになるのです。これは意識してそうなるのではありません。無意識の中で、自分の感覚がそうなるのです。

そしていきいきとした輝きを失い、他の人に見られているという意識を失い、女子力は下がります。1日家でのんびりしたい、この程度ならまだ大丈夫でしょう。でも、それが、3日、4日と続くとどうでしょうか。あなたの内面は、外見に現れ、以前の魅力は失われます。

夏でもアウトドアになろう!

先ほども書きましたが、日焼け止め、それでも足りないという人には日傘も欠かせません。出発前にしっかりと日焼け対策をし、いざ出発。

お金がない・・・そうであれば、近所を散歩しましょう。近所、と言っても、あなたの知らない場所を散歩するのです。可愛いカフェを見つけたり、こんなところに公園があったんだ、とびっくりしたり。きっと楽しいはずです。

涼しいところが良ければ、図書館、映画館、博物館、美術館・・・日本には、たくさんの魅力的な場所があると思いませんか。そういう場所であれば、夏でも日焼けの心配はありませんし、この季節にとても適しています。

お金があれば、遠出をしてみるのもいいかも知れませんね。山は暑いですが、海はベストシーズン。川辺を自転車で散策したり、釣りも良いかも知れません。

もちろん好きなスポーツに没頭するのは、ダイエットにもなりますし、女子力アップとしてとても良い方法です。新しい趣味を見つけて、パートナーや友人とチャレンジしてみると、それは次へ繋がり、あなたがアウトドアになるステップアップに繋がります。

帰った後の、日焼け止め方法

そして楽しんだあなたは、家へ帰り、日焼け止めを落とします。もっと肌を大切にしたい!と思うあなたは、タオルを氷をとかした水につけておき、洗顔の後にそれを顔に当ててください。

20分ほどが妥当かと思います。日傘をさしたり、日焼け止めを塗っていても、紫外線は容赦なくあなたの肌を襲っています。それを意識しながら、アウトドアで美しくなってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事