• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2015年、秋メイクのトレンド色はブラウン系の「地味色」

Date:2015.09.01

shutterstock_90206206 - コピー

毎年、春と秋はメイクの色が様変わりします。その時に販売されるアイテムの中で多く取り上げられている色がその時のトレンド色と言われていて、年齢関係なく女性はそのトレンド色にはとても敏感になっています。

今年の秋冬のメイクアイテムも既に多くの種類が販売されていますが、その中で多く取り上げられた色が「ブラウン」でした。

昨年までは赤やボルドーといった少し派手目な色がトレンドになっていたので、今年の秋冬のトレンドカラーであるブラウンはかなり衝撃的だったようで、地味色であるブラウンをどうメイクに取り入れたらいいか、迷っている女性も多いようです。

アイシャドウはブラウンでも「赤み」のあるものがトレンド

今年の秋冬はアイシャドウもブラウンが注目を集めています。今まではブラウンアイシャドウというと締め色や部分的に使うものが多かったのですが、今回のアイシャドウはアイホール全体にブラウン系のシャドウを使うのがポイントです。

アイシャドウの場合、普通のブラウンではなく赤みのあるオレンジに近いブラウンに注目です。赤みのあるブラウンの場合、アイホールに塗った時に自然な血色のようになり重たい印象は全くありません。このブラウンアイシャドウの付け方にはポイントがあります。

  1. 指にアイシャドウを付け、それをアイホールのくぼみに沿って付ける
  2. 指に残ったアイシャドウとアイホールのアイシャドウを目の際に向かって伸ばしていく
  3. 目の際にムラがある場合、指で目の際をすっとなぞって馴染ませる
この方法だとアイホールに色が濃く入ることもなく、自然になじむのでブラウンでも違和感なく綺麗に仕上がります。

このアイシャドウの場合は、普通のアイシャドウのように締め色などは使わず単色使いがオススメです。

マスカラは黒でシンプルに仕上げるのが今年流

マスカラは今年の春から流行り始めた「セパレートまつ毛」が今年の秋冬もトレンドになっています。アイシャドウにブラウンを使っているので、マスカラは黒でシンプル仕上げるのがポイントです。「セパレートまつ毛」の塗り方と同じで、

  1. ビューラーでまつ毛にカールをつける
  2. マスカラを根元からしっかりと付ける(1度塗り)
  3. ホットビューラーで軽くカールをプラスする
  4. 毛先のみ再度マスカラをつける
何度も重ね塗りをしなくても、これだけでシンプルだけどまつ毛が綺麗に見える「セパレートまつ毛」を作ることができます。

アイシャドウ・マスカラがシンプルな分、アイラインで遊ぶ

shutterstock_197572610 - コピー
今年の夏の終わりぐらいから流行っているのがメタリック色のアイライナーです。アイシャドウやマスカラがシンプルなので、アイラインにメタリックを入れても違和感がなく、ラメなどと違ってギラギラとしたものではないので普段使いもできます。

特に押さえておきたい色は

  • ボルドー
  • シルバー
  • ネイビー
  • カーキ

の4色です。どの色も普段使いもできるし、アイシャドウを付けなくてもメタリック色のアイライナーを使えばシンプルだけど華やかに仕上げることができます。基本的に普通のアイラインと描き方は同じなのですが、下記がポイントとなります。

  1. 目頭からしっかりとラインを入れる
  2. 目の際ギリギリを少し太目にラインを入れる
  3. 目尻は少し長めに描く
目尻を少し長めに描くとアクセントにもなりますし、目力もアップします。日頃、アイラインが苦手な人でもラインを太めに入れても大丈夫なのでチャレンジしてみましょう。

チークはヌーディーカラーを併用して艶のある肌に

チークは肌の血色をよく見せるためにピンクやオレンジといった色を使っていましたが、今年の秋冬はここに「艶」をプラスするのがトレンドになっています。

その艶を出すのに使うチークがヌーディーカラーといったベージュに近い色のものです。このヌーディーカラーは付けるだけで頬の立体感も出してくれます。

血色を良くしてくれるチークと併用して使うと艶のある色っぽい仕上がりになります。付け方は、

  1. ヌーディーカラーを頬の高い部分からこめかみに向かって斜めに入れる
  2. 頬全体に馴染むように指でチークの輪郭を馴染ませる
  3. 血色カラーを頬の高い位置に軽く入れる
  4. ヌーディーカラーの付いたブラシで血色カラーを馴染ませる
こうすることでどちらかのチークだけが際立つこともなくなり、全体的に艶があってほんのり色づく頬を作ることができます。特に冬はこのチークは血色だけではなく温かみを感じるメイクになるので、覚えておくといいかもしれません。

ボルドーより女性らしいブラウンリップを上手に使う

shutterstock_138963125 - コピー
秋冬の流行りのリップと言えばボルドーや赤といった色がはっきりしたものでした。今年もボルドーは流行ると言われていますが、大人女性にオススメなのがブラウンリップです。

「ブラウンって色がはっきりしなさそう」という印象がありますが、ベージュではないので色もしっかりと付きます。

ブラウンの中でもオススメなのは少し赤みのあって深い色のミルクチョコレートのような色合いのブラウンです。

実はブラウンの口紅は目立たないような感じがしますが大人っぽく見せてくれる効果があり、口元だけ浮くということもないので顔全体のメイクバランスも取りやすくなります。

リップはしっかりと筆などを使って塗るのではなく、直塗りをするのがポイントであまり輪郭をしっかりと描かない方が色気もさらに出ます。

今年のメイクは地味色で色気を出すのがポイント

色気のあるメイクと言うとどうしても派手な色をイメージしてしまいますが、ブラウン系も上手に使うと色気を出すことができます。

ブラウンにもいろいろな種類があるので、自分に合ったブラウンを見つけて色気のあるメイクを作り上げてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事