• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

同じ「ごめん」でも天と地の差!彼への正しい謝り方・間違った謝り方

Date:2013.12.13

彼を大切に思っていること、そして愛していることをきちんと伝える、正しい謝り方とは?

「ごめんなさい」たったの一言、言ってしまえば良いだけなのに、何かが邪魔をする。怒っているから?負けず嫌いだから?いろんな理由があると思います。でも、きちんと伝えなくてはならないこの言葉。

同じ「ごめん」の言葉でも謝り方によって、相手の受け取り方には天地の差があるのです。とりわけ、カップルにとっては、「どれくらい愛してくれているか?」という指標にもなりえます。謝り方によっては、謝らない方がまだマシだった、なんてこともあるかもしれません。

あなたならどのように謝りますか?いつもの言い方で「ごめん」と言う前に、こちらを是非チェックしてみてください。

彼にきちんと謝るためのチェックリスト

1.相手の目をきちんと見ること。
2.純度100%の正直さで。
3.自分のしてしまったことに、きちんと責任を取ること。
4.悪い点を改め、これからはこう変わる!と宣言する。
5.「ごめんなさい」のあとに「でも」は絶対に禁句。

○良い例

例えば、あなたはお昼ごはんを食べ損ねてしまいました。お腹がすいて血糖値が下がるせいか、イライラしてきました。

そんな時に運悪くあなたと居合わせた彼に、八つ当たりをしてしまったとします。数分後、あなたはやっと彼に対して申し訳ない事をしたのだと気付きました。

その時、あなたがすべき行動例はこれです。彼の傍まで行き、彼の腕に手を重ねて、きちんと目を見つめながらこう言います。

「私のしたことはひどいことだって、気付いたの。きっとムカついたよね?本当にごめんなさい。自分でも、わかってるの。機嫌が悪かったのはお昼ごはんを食べてないせい。おなかがすいててイライラしてたの、あなたからしたらとばっちりだよね。

勿論、これからはちゃんとごはんを食べるようにして機嫌悪くならないようにする、八つ当たりしないようにしっかり気をつけます。本当に後悔してる、ごめんなさい」

この謝り方なら、きちんと誠実さが伝わるでしょう。自分がしたことをちゃんとわかっているし、今後同じ事が起こらないように気をつけることもわかっています。

×悪い例

同じ状況で同じ「謝る」という行為でも、これだと、どうでしょうか?

「ごめんなさい。八つ当たりしてしまって、きっとムカついたよね?でも、わたし何も食べてなかったの。それに、わたしがお腹すくとイライラするってこと、あなたも知ってるでしょ?」

自分のしたことに責任を持たず、「でもでも」と言い訳。これでは「悪いことをしたのは私だけのせいじゃありません」と言っているようなもの。それに反省の色も全く見えません。

このような謝り方では、却って彼の気分を逆なでするだけです。状況を悪化させてしまいます。

もしあなたが、彼に「ごめんなさい」と謝る機会があれば、その時には絶対に“でも”は言わないこと!そして上のチェックリストをきちんとチェックしてから、謝りましょう!こうすることで、ケンカがこじれてしまう前に摘み取ることが出来ます。

彼の気分も良くなることでしょう。そしてその分、楽しい幸せな時間をより多く過ごせるようになることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事