• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子育て期間も過ぎ、必要なくなったベビーベッドの再利用方法を紹介!

Date:2014.04.09

お子さんがいるお母様!毎日の育児、家事、本当にお疲れ様です。お子さんは大きくなりましたか?赤ちゃんだった時期はあっという間に過ぎて、次の成長段階に合わせた洋服や雑貨などを買うのも大変ですけど、また楽しいですよね。

さて、ベビーベッド、どうされていますか?赤ちゃんの時期も過ぎ、下の子も大きくなって、周りの友人たちもベビーベッドはすでに自分たちで購入済み…。捨てるには思い出が詰まりすぎていて忍びないし、かと言って家に置き続けるにも部屋が狭くなるし…。

バザーに出したくてもそう都合よくバザーなんてやっていないし、そもそもバザーをやっていたとしても運ぶのが大変ですよね。引き取りにきてもらうのもお金がかかってしまう場合があるし…。

そんなベビーベッドですが、新しい活用法が実はあるのです。ここでは置き場に困っている思い出のベビーベッドの再利用方法を伝授したいと思います。きっと大きくなったお子さんも喜んでくれるはずですよ。

誰かに譲るという一番手っ取り早い方法がとれない場合

ベビーベッドの一番いい処理方法は、やはり周りに赤ちゃんが生まれた夫婦に譲るという方法だとは思いますが、そんなに都合よく周りにベビーベッドを必要としている人たちがいないのが現実ですよね。

いたとしてももうすでに購入済みと言われてしまったり、おじいちゃんおばあちゃんが張りきって買ってくれたという家族も多いでしょうから。もし譲るという方法が不可能だった場合、以下の利用方法を試してみてくださいね。

本棚として

使わなくなったベビーベッドの周りを囲んでいる枠を一箇所、はずしてみましょう。そして、その枠のなくなった部分からどんどん本を入れて、本棚にする。これはかなりいい再利用方法です。

本がたくさんあったり、漫画が好きなご家庭、雑誌が多くたまっているご家庭では、かなり有効的な使い方となります。ベビーベッドは一定の大きさがありますから、置ける本の数もかなり多いです。

赤ちゃんが寝ていた部分に、少し固めの板や天板を引くことをおすすめします。床の部分をしっかりとした板などの材料で固めてから本を並べるようにしてください。

安く売られている小さめのカラーボックスなどをベッドの枠の中に設置して、そのボックスの中に本を入れるのもいいでしょう。

ベビーベッドはそんなに背の高いものではありませんから、本棚の代わりにすれば、お子さんでも簡単に本を取り出すことが出来ます。

お子さんが小さいころに読んでいた絵本や、お母さんが読んでいた育児雑誌など、簡単に捨てるのは忍びないと思いますので、そういったものもこのベビーベッドの本棚に収納してしまいましょう。

防災リュックやシーズンオフの洋服を

さて、ベビーベッドは時期が過ぎれば本当にうそのように使わなくなってしまいますよね。では、日常において、ベビーベッド以外に頻繁に使わないものと言ったら何でしょうか。

それは、防災リュックや防災グッズ、またシーズンオフの洋服などですよね。タンスの中に入れておくのはスペースをとってしまうし、かといって防災リュックを用意しておかないといざというときに不安です。

そういった、無いと困るけど毎日使うわけではない物を、ベビーベッドにまとめて置いておくというのも、とても有効的な再利用方法です。人間の生活と物は切っても切り離せられないものです。

けれどうまい具合にスペースを活用しないと、いつか置き場所はなくなってしまうものです。うまくベビーベッドを活用しましょう。

捨てるに捨てられない記念品、トロフィー、シーズンオフの雛人形、兜、スキー関係のグッズ、など家族にとって大事な物をひとまとめにしてベビーベッドの中に収めるのもいいかもしれません。

ただ、気をつけなければならないことがあります。ベッドには重量制限があります。あまりに重いものを乗せすぎて、底が抜けてしまわないように注意しながら扱いましょう。

お庭やベランダに出して植木鉢を置いてガーデニンググッズに

子育てから少し手が離れ、趣味に費やす時間を少しずつ手に入れている人も多いのではないでしょうか。もしガーデニングなどをされる方がいたら、ベビーベッドは立派なガーデニングのための飾り棚になります。

枠の一部をとりのぞいて、布やマットをとりのぞき、新しい耐水性の板を敷き詰め、そこにお気に入りの植木鉢を並べてみましょう。日々、水をやらなくてはいけませんから、部屋の中ではなく必ず庭やベランダに出してから行いましょう。

飾り棚にもなりますし、スペースを無駄なく飾ることができますから植物が増えていっても大丈夫です。ですが、木製のベッドの場合、ベッドに水をかけすぎるとだんだんと痛んできてしまう場合もありますから、水やりは慎重に行ってください。

工夫次第でいくらでもベッドは活用可能なのです。

この記事をシェアする

関連記事