• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎日使うものだから・・靴とバッグの上手なクリーニングの方法

Date:2012.11.22

靴やバッグは洋服とは違って、流行に左右されにくい1品でもあります。だからそれなりに高価なものもありますよね。使えば使うほど本人に馴染みますので、できれば長持ちさせたいものです。

そんな時には普段の何気ないちょっとしたアイディア次第で、靴もバッグも格段に長持ちをさせる事ができますよ。長持ちさせて使いこむことにより、独特の味も出てくるのが魅力的ですよね。

まるで所有している人の人間性がそのまま反映されている、みたいな。ここでは長持ちに必須なポイントをまとめてみました。

靴は1日履いたら2日のお休みをさせましょう

まずは帰宅したら、履いていた靴を拭き、前日の靴を下駄箱にしまう習慣をつけましょう。そうする事により、靴の湿気もとれ、玄関に靴があふれるなんてことから開放されます。革靴はツヤがなくなればクリームで磨きましょう。

革靴の雨の日の対策は?

防水スプレーや靴カバーを使って予防をしましょう。濡れてしまったら、充分に水気を取り、靴クリームを塗っておくことをオススメします。新聞紙を丸めて靴に詰め、陰干しをしましょう。

直射日光だけは絶対にやめてください!確実に痛みます。日焼けもしてしまうし。革製の靴やバッグのお手入れには専用クリームがありますが、昔のおばあちゃんの知恵をここで1つ。

なんと!牛乳がよいのです!タオルに牛乳を染み込ませ、革を磨くように拭きましょう。仕上げは乾いたタオルでカラ拭きすると汚れも取れ、ツヤもでるのです。どうやら牛乳の水分が汚れを取り、脂分が革の表面に皮膜を作ってくれるのです。

バナナの皮で革製品を磨いてみましょう

バナナの皮の白い部分を使ってください。仕上げは柔らかい布でカラ拭きをします。バナナの皮に含まれるタンニンが革製品の表面に作用し、汚れも取れてピカピカになります。

これからは食べたバナナの皮をすぐに捨てるのはなく、お手入れに使ってみてはいかがでしょう?エコにもなりますよね。また、応用として、革のスニーカーやソファにも磨けますよ。こちらも是非ともお試しあれ。

バッグのお手入れと保管方法

毎日のお手入れは、革なら柔らかい布で磨くように拭きます。布製は、ブラシでホコリを払います。汚れが目立つようになったら、革製は専用のクリーナーを使いましょう。

ビニール製やビニールコーティングなら中性洗剤を使います。布製なら消しゴムが良いです。雨に濡れたら、乾いた布で水分を取り、形を整えて陰干しにします。普段使うものは、フックにかけて、クローゼットか押入れにしまいましょう。

大切なバッグの保管は、新聞紙を無地の包装紙で包んだものを詰め、布袋に入れます。大きなバッグに小さなバッグを入れてしまえば、スペースを選ばないので、何かと良いですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント