• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつも身軽でいるための持ち歩きバッグの中身と選び方

Date:2012.11.13

女性は荷物が多くなりやすいもの。日常で持ち歩いているバッグも重かったりしますね。でも、中身をよく見ているとほとんど使わないものや、捨ててもいいものが入っていたりするもの。

確かに小さすぎてお財布も入らないようなバッグでは困りますが、必要以上に大きなバッグを持っていると、何でも入ってしまうため不必要なものまで入れてしまうことに。力持ちならいざ知らず、重い荷物は肩こりの原因になります。

さらに片方の手ばかりで重い荷物を持っていると、姿勢が悪くなったり、骨盤のゆがみの原因にも。重い荷物はあなどれません。必要なものは持ち歩き、不必要なものは持ち歩かないコツと、それに適したバッグの選び方を紹介しましょう。

ゴミは捨てよう

え?ゴミなんてバッグに入っていないわ、という人も、再度バッグの中を確認してみましょう。チケットの半券、ガムやチョコレートの銀紙、ゴミ箱が見つからず捨てられなかったティッシュ、街頭でもらったチラシ、などが入っていませんか?まずはバッグの掃除をしましょう。

重複しているアイテムを削る

街頭でもらったポケットティッシュがたくさん入っていませんか?ティッシュばかりそれほど持っていても使わないですよ。手帳や筆記用具は1つあれば間に合います。2つも3つも入っている場合は削りましょう。

カードケース、定期、お財布、小銭入れなどいくつも持ち歩くのは普通かもしれませんが、荷物をなるべく少なくしたい場合は、どれかを一緒にしてみては?電卓なども携帯の機能にあるので持ち歩かなくてもいいですよね。

持ち歩きコスメグッズの整理を

化粧直しを考えてのコスメグッズはきりがありません。口紅、クリーム、ファンデーション、グロス、マスカラ、アイシャドウが最低限ですね。しかし問題は何色も持っている場合。

口紅を何本も持っていても使わないですよね。アイシャドウもその日にイメチェンすることがなければ、その日に使っている色だけを持ち歩けばいいのです。

クリームなどは携帯用ものを持つようにしましょう。小さいサイズのものがなければ、小さな携帯用ケースに入れて持ち歩きましょう。

バッグの中は常に整理整頓

バッグの中身がごちゃごちゃしていると、自然といらないものが増えていきます。どこに何があるのか、ぱっと分かるように整理整頓を常に心がけましょう。バッグに詰めるときには、できるだけ縦に収納すると、どこに何があるのか一目で分かりますよ。

バッグの中身の整理は定期的に行いましょう。余裕があるなら、バッグの中身を毎日点検し、入れっぱなしになっているものがないかを確認しましょう。

最低限のものだけを持ち歩く

その日にお出かけするために必要なものだけを持ち歩く、という習慣をつけましょう。お財布と口紅だけ、とかお財布と携帯とハンカチだけ、など本当に必要なものだけを持ち歩く習慣をつけると、身軽なことがとてもうれしく感じます。

基本的に必要なものだけをバッグに入れて、その日に必要なものを足して持ち歩く、という方法がおすすめです。

できるだけ小さめのバッグを

バッグが大きいと、いろいろなものを詰め込みたくなります。そうならないためには、できるだけ小さめのバッグを持ち歩くようにしましょう。

さらに、収納があちこちについているものだと、便利で、収納もしやすく、生理整頓もしやすいですよ。また、バッグ自体に重みがないものを選ぶのもポイント。バッグだけでも重い、というでは肩こり解消になりませんからね。

この記事をシェアする

関連記事