• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スマートで、女性らしく見えるバッグの持ち方と選び方

Date:2013.04.06

仕事用のバッグ、お出かけ用のバッグ、スポーツジムに持っていくバッグ、お買い物袋、などさまざまなシチュエーションでさまざまなバッグを持ちますよね。

バッグを選ぶときには、用途も含めてファッションに合わせたバッグを選ぶことが多いと思いますが、せっかくファッションなどに合わせてバッグを選んでも、それを生かした持ち方や姿勢をしていないと、せっかくのバッグのおシャレも台無しです。

また、スマートにバッグを持つことで、さっそうした感じや品のある感じなどを出すこともできますね。女性の魅力をアップさせるのもそうでなくさせるのも、バッグの持ち方や選び方次第ということも言えますよ。

バッグを肩にかける場合

女性で多いのがこの持ち方ですね。肩にバッグをかけるのは楽だし、少しくらい重くても平気です。

肩にバッグをかけて持つときに注意したいのは、肩からバッグのヒモが垂れ下がっていないようにすること。また肩も下がらないようにすることです。肩が下がっていると、バランスが悪く見えてしまい、格好悪いですよ。

そうならないためには、必要以上の荷物をバグに入れないようにして、重くならないようにしましょう。重い荷物を肩から下げているのは肩こりの原因になりますからね。また、片方の肩ばかりではなく、左右の肩を使うようにしましょう。

バッグを腕にかける場合

バッグを腕にかけると上品な感じになりますね。より品よく見せるには、バッグを持った腕を内側に曲げ、ヒジを体にくっつけるように持ちます。手は軽く握って胸のあたりにくるようにします。

あまり大きなバッグではこの持ち方をしても様にならないので、小ぶりのバッグのときにしましょうね。

手にさげる持ち方

バッグを手にさげて持つと「だらん」とした感じになり、あまり美しくないですね。特に大きめのバッグを手にさげて持つと、いかにも重い荷物を持っています、という感じになります。

小さめのバッグなら後ろ手に持つとかわいらしい印象に、体の前で両手で持つと女性らしい雰囲気になりますよ。

クラッチバッグの持ち方

持ち手のないクラッチバッグは、親指以外の4本の指をそろえて両手で持つとエレガント。ヒジを少し曲げて持つとより上品に見えますよ。

姿勢には注意を

どのような素敵な持ち方をしても、姿勢が悪いと貧層に見えたり、疲れて見えたりしてしまいますね。

基本は背筋を伸ばして、肩を下げ、首を長く見せるような姿勢を保つこと。首が前に出ないように注意することも必要です。猫背の人は首が前に出やすいですから、意識して姿勢を保つようにしましょう。また、顎が前に出すぎないように注意しましょう。

バッグの選び方の注意

バッグはファッションに合わせたものを選びたいですから、カジュアルなもの、フォーマルのもの、などさまざまなタイプのバッグを用意しておきたいですね。

その日持ち歩くバッグをファッションによって変えることが多いと思いますが、それだけで選ぶと不便を感じることもあるので注意しましょう。

その日のバッグ選びのポイントとして、どれくらいの時間持ち歩くのかというのは重要です。ずっとバッグを持って歩かなければならないのであれば、持ち疲れないタイプ、邪魔にならないサイズのバッグを選びましょう。

また、何が必要なのかを考え、足りないものがないように、または余計なものは持たないようにしましょう。

バッグの整理整頓のコツ

いつも同じバッグを持ち歩いていると特に、バッグの中には必要のないものが入っていたりしますよね。気をつけないとゴミなどを持ち歩いていることも。そのようなことがないように、バッグの中はできるだけ毎日整理整頓をするようにしましょう。

またできりだけ仕切りがあるバッグを選ぶと、中身が整理しやすいですよ。もしくは物をバラバラにしてバッグの中に入れるのではなく、小さなポーチなどに分けて入れておくと、バッグの中でものがなくなることもないし、バッグの中身を他のバッグに移すときも便利ですよ。

バッグの持ち手のお手入れ方法

バッグの持ち手の部分は汚れやすいものです。一番負担がかかる部分なので、普段からのお手入れが必要。

お手入れの方法は中性洗剤を少しだけタオルにつけて、拭き取ります。その後、濡れたタオルで洗剤を拭き取り、風通しのいい場所で乾かしてクリームを塗りましょう。手についた汚れや垢、皮脂などをキレイに取り除くことが大切ですよ。

この記事をシェアする

関連記事