• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ただのデコとは一線を画す、可愛いバックハンガーの作り方

Date:2014.06.01

カフェなどに入った際に、置き場所に困るのが、バッグ。荷物用のカゴを貸してくれるお店ばかりではありません。椅子の背もたれと自分の間に置いてもいいけど、もっといい方法がありますよ。

といっても、便利さが浸透してきたのか、最近では持っている人を良くみかけます。あーあのよくキラキラとデコってあるあれね~と思ったそこのアナタ、違います!違うんです!

そう、私が目指すのは「人と違う」ことと「オリジナリティ」、そして「可愛い」こと。それをすべてを兼ね備えたバッグハンガー、できちゃいました。バッグチャームとして使って、お店に入ったらバッグハンガー、一粒で二度オイシイ!

<準備するもの>

・リール式 バッグハンガー 丸 ニッケル
・スワロフスキー・エレメント #4120 グレージュ/F 14×10mm
・石座 #4100(#4120)/#4128用 ロジウムカラー 14×10mm

・スワロフスキー・エレメント #4470 ヴィンテージローズ/F 12mm
・石座 #4470用 ロジウムカラー 12mm
・スワロフスキー・エレメント #1088 Lt.シルク/F

・石座 #1028/#1088用 ロジウムカラー SS39(8mm)
・スワロフスキー・エレメント #5810 Lt.クリームローズ 6mm
・スカシパーツ 楕円 約20×31mm ロジウムカラー

・ニコイル ニッケル 1.0×15mm
・回転カン K-25 ニッケル 10×24mm
・丸カン ロジウムカラー 1.0×6mm

・チェーン BFG180BF ロジウムカラー:15cm
・グログランリボン 7000 No.78(ペールピンク)18mm:20cm

※ 上記すべて一つ、一本ずつ。貴和製作所さんで購入。
・ペンチ
・UVレジン
・針
・糸

1.下準備

まずは、石を台座に。

こちらは「スワロフスキー・エレメント #4120 グレージュ/F 14×10mm」。石座にのせ、ペンチで爪を倒します。

これは爪を2本、倒した状態です。数字の順番に倒していくと、遊びなくキッチリ嵌めることができますよ。同じように、残り2つの石も台座に納めましょう。

こんな感じかな~と、リールの上に載せたところ。

さて、こちらはこのままにして、リボンに取り掛かりましょう。こちらのリボン。

ほつれてきたら悲しいので、端を留めましょう。貴和さんのリボンは火で溶かして留めることができるので、とても便利です。

ライターを近づけて

サッとあぶる程度で大丈夫。端が少し溶けて固まるのがわかります。火傷と火事には注意してくださいね。私の手荒れは見なかったことに…だれか手荒れ対策、おしえて~!(笑)…とそれはともかく、これでリボンの準備完了、

次は針と糸で、

端から約5mmの所を波縫いです。お察しのとおり、適当で大丈夫。

最後まで行ったらギュッと糸を引いて、玉留め。

リボン完成。なんだか既に可愛い予感がしませんか?さて、ここまでは下準備、いよいよ用意したパーツを取り付けます。

2.パーツを取り付ける

まずはバッグハンガー本体に、

こちらのスカシパーツを載せて、その上に先ほどの石とリボンで飾りたいと思います。なぜかというと、これが敷いてあるだけで隙間が空いていてもなんだか素敵だからです。そんなズボラな理由ですみません。

出来上がりを予想しながら載せてみると、こんな感じ。あらあら素敵じゃないの、と、我ながら思ってしまいましたよ。この形を目指して、くっつけていきましょう!

まずは、陽の当たらない場所へ移動。途中でUVレジンが固まってしまっては困るのです。そしていらない紙の上で作業します。後で移動することを考えて、お菓子の缶の蓋やお盆などの上に紙を敷いて作業すると便利ですよ。

こちらのUVレジンを使用しました。出しすぎないようにご注意。

少々塗り拡げて、

スカシパーツを載せます。

レジンが全体に行き渡っていなくて大丈夫です。なぜなら、上からまた塗るから。

こちらも、あまり出しすぎると垂れてしまうので気を付けつつ。
リボンを載せて

石を載せて

パールを載せて。

パールの穴が見えないようにすると仕上がりがきれいです。また、レジンが足りなさそうなところには足して下さいね。私は、パールの下へ一滴ほど足しました

この時点では、まだいくらでも動かすことができるので、ここ!と思える形に調整してください。位置が決まったら、そのまま窓辺など、陽の当たる場所へ移動させましょう。転んだり落としたりにご注意くださいね。

そのまま、レジンの説明書に書いてある時間で硬化させます。

硬化完了!バッグに入れて持ち歩く方は、これでできあがりです。

3.バッグチャームに進化!

そうです、バッグハンガーだけど、バッグチャームにもなっちゃいます。
こちらのニコイル

チェーンの先端に通し、更にバッグハンガーのカンに取り付けます。

丸カンをペンチでスライドさせるように開き、チェーンの反対側の先端・回転カンを通したら閉じます。

これでバッグチャームに進化しました!

完成です!

バッグハンガーとして使うときはこんな感じに…

「思ったよりいいんじゃないの~」

私もそう思います!…このやりとり、自作自演だけど。
そして、バッグチャームのときはこんな様…

こんなカジュアルなバッグにも

こんなおカタメなバッグにも、合う合う♪

毎日バッグに付け替えるのが楽しくなっちゃいます。バッグハンガーにするもよし、バッグチャームにするもよし二度オイシイ、優れものアイテムです♪作り方も見た目よりだいぶ簡単。ぜひぜひおすすめしたい一品になりました。

この記事をシェアする

関連記事