• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

通勤もバッグは二個持ち!初心者の二個持ちコーデ3つのポイント

Date:2015.04.25

shutterstock_126126110 - コピー

数年前、雑誌のある見出しに「バッグの二個持ち」というフレーズを見たときはさすがに「わざわざ二個持つの?!おかしくない?!」と衝撃を受けました。

それが今やバッグの二個持ちは当たり前の時代。周りを見渡すと実に上手く二つを組み合わせて使っていてオシャレ!この2個持ち、機能的であることはもちろんのこと、使い手によってはその人のセンスがぐっと光るオシャレポイントでもあります。

今日はそんなバッグの二個持ちについてのお話です。

バッグ2個持ちが流行りだした背景

shutterstock_226532104 - コピー
そもそも一つのバッグに収まるような荷物をなぜわざわざ二つ持ち歩くようになったのでしょう?

その背景にはクラッチバッグや肩からチェーンストラップをかけて使うポシェットタイプなどのミニバッグの爆発的な流行が考えられます。

ハイブランドは競ってデザインの優れたミニバッグを出し、そのちょこんとした可愛らしい出で立ちや、その小さいスペースに控えめに光るブランドロゴなど、「これみよがしではない、でもさりげなくいいもの」が好きな日本人女性のオシャレ心を虜にしたのです.。

このミニバッグを贅沢に普段使いしたい!でも入る荷物には限界がある。そこでサブバッグとの二個使いがメジャーになってきたのです。

ポシェットタイプのバッグにはお財布こそ入らなくても現金と定期、携帯に鍵にリップと必要最低限のモノだけは入りますよね。とりあえずこのバッグさえあれば困りません。

そこにサブバッグを用意し、お弁当やお水、書類や化粧品といった大きいモノを入れて持ち歩きます。

通勤中は二個使いをして、昼休みや会食のときはミニバッグだけを持って出る、、、。そんな使い方もできるし、二つ持ちが邪魔に感じればミニバッグをサブバッグに入れてしまうこともできますよね。

アフターファイブには小さいバッグ一つで飛び出せるのも嬉しいところです。

小さい子供連れのママのオシャレもやっぱりバッグの二個持ちが常識。東京の都心など歩いていると、まずは肩から小さいショルダー、そしてベビーカーに下げたサブバッグ(ママバッグ)に紙おむつやミルクなど赤ちゃん用品を入れています。

今人気のサブバッグはこんなもの

shutterstock_212679562 - コピーさてメインのミニバッグを主役に使いたいものの、サブバッグをどんなものにすればいいのか迷うところですよね。

街を見渡せばサブバッグとして圧倒的に支持率が高いのはキャンバストートですね。「ラルフローレン」や「DEAN&DELUCA」はもちろんのこと、今は流行もあってかアパレルブランドからもオリジナルのキャンバストートバッグが沢山出ています。

地面やデスクに平置きしてもポイポイとモノを出し入れできるのが魅力ですし、ある程度形がしっかりしたものであれば会社に持って行っても周囲から浮くこともありません。

リッチなコーディネートになると「ヴィトン」や「ゴヤール」といったハイブランドの幾何学模様のトートバッグ。

ブランドのミニバッグにブランドのサブバッグは一歩間違えるとギラギラしたコーディネートになってしまいますが、センスよく組み合わせているのを見かけると「こなれてるなあ」と見とれてしまいます

もちろんトートバッグのみならず、用途やTPOに合わせて縦長のトートバッグ、巾着型のバッグ、かごバッグとの二個持ちというのもオシャレですよね。

センスよくまとめるための3つのポイント

そんな機能的でオシャレなバッグの二個持ちですが、アイテムが増えるだけにバッグの組み合わせに違和感があったりコーディネートから浮いてしまうのが怖いところ。

洋服にもミニバッグにもなじませるサブバッグを選ぶポイントはこの3つです。

  • 装飾や部品が少ないプレーンなものを選ぶ
  • ブランドのロゴが目立たないものを選ぶ
  • 色の取り合わせを意識する

以下、順番に見ていきましょう。

サブバッグは部品の少ないプレーンなものを

通勤バッグと言えばレザー素材にファスナーやバックルといった金具が光るものを使っている人が多いかと思います。

もちろん革のしっかりした鞄を使うのはいいのですが、これだとこのバッグが主役になってしまい一個持ちで十分。

形としては表にポケットなどついていないプレーンなトートバッグなどがおすすめです。

ミニバッグと違い、モノをポンポン入れやすいバッグと考えれば平置きできて口がパカっと空いたバッグが使いやすいですよ。

ブランドのロゴが目立たないものを選ぶ

ミニバッグに加えサブバッグが主役級に目立つと足し算&足し算の賑やかなコーディネートに。もしブランド物のトートバッグを使う場合はブランドのロゴが大きくないものや無地のもの、主張しすぎない幾何学模様がおすすめです。

そもそも会社に持っていくバッグにでかでかとブランドのロゴが光ったモノは持っていきにくいですよね。

カラーのバランスを考える

バッグを二個持つとなると一番気を使うのは色の相性。色については、たとえばこんなところを意識してみましょう。

  • コーディネート全体に占めるバッグの色の割合を計算する
  • バッグ同士の色に共通点をもたせる

具体的にみていきましょう。

コーディネート全体に占めるバッグの色の割合を計算する

洋服のコーディネートを考えるとき、基本的に使う色を3色にし、全体のうち6割がベースカラー、3割がミドルカラー、そしてそこに差し色を1割程度入れるのが良いとされています。

たとえば

  • ミニバッグ→鮮やかなブルーやピンクといった差し色
    サブバッグ→洋服で使うベースカラーやミドルカラーになじむ色にする
  • ミニバッグ→黒など地味な色
    サブバッグ→コバルトブルーなどの差し色に

といったところでしょうか。

バッグの色や柄に共通点をもたせる

ミニバッグとサブバッグの色の相性がいいものを選んだり、コーディネート全体のバランスがとれているなら共通の色・同系色を選ぶというのもいいでしょう。

例えば

  • 洋服はモノトーンでまとめ、ミニバッグとサブバッグに赤色を持ってくる

あるいは

  • ミニバッグ→黒×白のストライプ柄
    サブバッグ→ベージュのキャンバス地に黒のロゴ入り

色は同じでも柄が違うというものも素敵です。

オシャレ上級者ともなると

  • ミニバッグ→オレンジのストライプ柄
    サブバッグ→ブルーの太いストライプ柄

という組み合わせも。これは色は違えど柄が共通するもの。

ただしそれぞれ違う色を合わせるときはその色の持つ明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)のどれかに共通点を持たせるといいでしょう。

ミニバッグが数色使われているマルチカラーであればそれに使われている色のどれか一色をサブバッグに取り入れてもいいですね。

残念な二個持ちにはなっていない?

いかがでしたか?そう大胆な冒険をしなければ二個持ちなんて簡単にトライできそうですね!

ただし時々残念な二個持ちになってしまうことも。街で見かける残念な二個持ち、あなたは大丈夫?

サブバッグがクタクタに使い込まれている

よく何年も使われているようなクタクタになったキャンバストートをサブバッグに使っている人がいます。

サブバッグは使い勝手が良く、つい乱雑に扱いがちですし、洗濯をすればすぐに形が崩れてしまうもの。それだけにすぐくたくたになったり角に汚れが目立つようになってきます。

キャンバストートはまだシワも入っていないカチっとした状態が一番綺麗に見えるもの。使い込まれて古びてきたらそろそろ新調しましょう

ミニバッグとサブバッグに格差がありすぎる

ミニバッグはハイブランドの高いチェーンショルダーでもサブバッグが1000円の薄いテロテロのバッグだとバッグの持つそれぞれの「格」のバランスに欠けてしまいます。

1000円という価格が悪いのではなく、サブバッグの質感にそれなりの値段が現れてしまっていることがNG。

もしミニバッグがそれなりに値段のするものであれば、サブバッグもそれなりにきちんとした作りのものを選びましょう。

決してサブバッグも革製のものを!と言っているわけではありません。キャンバス地であれば布地が厚くて平置きしたときにバッグが自立できるようなものを選びましょう。

ミニバッグが小さくない!?

斜め掛けしたミニバッグがもはやミニではなくしっかりした大きさのバッグだとただの「荷物がやたら多い人」に。もはやサブバッグの立ち入るスキもありません。

例えば「セリーヌ」のラゲージナノの愛称で知られる斜め掛けバッグを使っている人もいますが一つ持つだけで存在感も大きいもの。それにサブバッグを持っていると「もっと大きなバッグ一つにまとめては?」と言われそうです。

ミニバッグはあくまでも貴重品が入る程度の大きさにとどめましょう。

最初はやっぱりキャンバストートが無難かも?

shutterstock_168808964 - コピーいまから二個持ちを始めようとするあなた、最初にどんなバッグで二個持ちしたらいいか分かりませんよね。

まずはベージュやグレーなど控えめな色のキャンバストートを合わせれば無難にまとまると思います。

価格帯でいうと5000円以上するものを選べば生地や縫製もしっかりしていて重宝しそうですよ。

そこからライフスタイルや自分の好みに合わせて好きなサブバッグをそろえていくと素敵ですね。

この記事をシェアする

関連記事