• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性を上品に演出するバイカラーの魅力

Date:2013.09.17

脱・無難色のススメ

オシャレに悩む女性が迷うことのひとつに、色の組み合わせがあります。そして、色の組み合わせに迷う人は、白、黒、グレー、ベージュ、カーキなどの、いわゆる無難色ばかりを選んでしまう傾向があります。筆者自身も、以前はその一人でした。

例えば、カーディガン。ある日、持っているカーディガンがすべて黒だったことに気づきました。形や素材、用途が違うとはいえ、いくら何にでも合う色だからといって黒ばかり選ぶなんて…。

そのことに気づいてから、他の色のカーディガンも少しずつ揃えて着るようになりましたが、なんでもかんでも無難な色を選んでいるようでは、オシャレに楽しみがありません。

その無難色ばかり着る習慣から、あなたも抜け出してみませんか。さらに、オシャレにもう一歩踏み込みたいあなたにオススメするのが、今年のトレンドであるバイカラーを取り入れたアイテムです。

バイカラーとは

バイカラーの意味は、2配色です。ツートンカラーも同じ意味ですが、今年のトレンドとして使われている用語として、バイカラーと呼ばれることが多くなっています。

最近のトレンドでは、上下、左右、斜めにブロックして配色されているアイテムが多いようです。また、ワンピースやブラウスなどでは、襟や襟、ボタンの部分などだけに別の色を使うことで、バイカラーにしているものもあります。

2色がもたらす特殊効果

例えば、白は膨張色ですが、黒と組み合わせると引き締まって見えますし、ピンクと組み合わせるとより甘さが強調されます。このように、バイカラーには、単色では表現できない特殊効果があるのです。

バイカラーが使われたアイテムのいいところは、2配色なので1つあるだけで存在感が出るところです。そして少し派手かなと思う色でも、配色され次第で使いやすくなります。

初心者にオススメするバイカラーアイテム

バイカラーを取り入れたい初心者にオススメしたいアイテムは、トップスです。バイカラーのトップスを1枚着るだけでインパクトがあるので、ボトムスや小物が無難色であってもオシャレに見えます。

次にオススメしたいのが、バイカラーのワンピースです。今年のバイカラーは特に、明るい色を暗い色で引き締め、落ち着かせることで上品に見せる配色が流行しているので、女性らしさを強調するワンピースと相性がいいのです。

バイカラーはファッションだけのものではない

バイカラーを取り入れたものは、他にもあります。例えばスマートフォンのケースや財布などの雑貨。オシャレ上級者は、バイカラーのネイルやメイクにも挑戦しているようです。バイカラーは、シンプルながらも気軽にオシャレを楽しむきっかけになってくれそうですね。

この記事をシェアする

関連記事