• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

簡単楽しいバスタイム!お風呂のお湯にちょい足しするとイイもの

Date:2013.12.13

入浴剤だけが美肌アイテムではありません!

毎日のバスタイム、美肌のためや疲労回復のために入浴剤を使用している人も多いですよね。でも、入浴剤も毎日使用するとコストがかかります。肌の弱い体質の人は、余計な成分の入っているもので痒みや肌荒れを起こすことも。

実は入浴剤でなくても、健康や美容にいいお湯を作ることができるんです。家に今あるものや、安値で手に入る物をちょい足しすることで、あなただけの天然バスが完成します!

天然塩をお風呂にひとつかみ入れれば、美肌と疲労回復効果が!

天然塩をお風呂にそのまま入れるだけで、天然のバスソルトに変わります。塩は保温効果を高めてくれるので、寒い季節の入浴に最適です。血行を促進するので、肩こりや疲労回復にも効果を発揮します。

抹消血管の血流を促進する効果があるので、発汗量がアップして代謝も上がります。お湯から上がってもしばらく温かさを感じることができ、湯冷めの心配もありません。

また、発汗パワーによって毛穴がしっかりと開くので、美肌効果も期待できます。毛穴をしっかり開かせてから洗顔することで、毛穴のつまりやくすみも改善できるでしょう。お風呂に使用するのは、粗塩(自然塩)が適しています。

塩だけでは香りがちょっと足りないな・・・。そんなときは、好きな香りのエッセンシャルオイルを数滴入れましょう。量は6~8滴程度で十分、入れすぎると危険なので注意しましょう。

緑茶を入れれば美白効果や殺菌効果がアップ!

緑茶は、美肌や美白に効果的だと言われています。全身の美肌を目指す人は、お風呂に緑茶を入れてみましょう。

緑茶葉を大さじ3杯、市販のお茶パックに入れてそのまま湯船に入れるだけ。しばらく置けばお湯がきれいな緑色に。緑色には人精神的に癒しの効果を持っているとも言われています。

また、緑の色は目にも非常に良い効果があるので、半身浴などで長時間入るとリラックス効果が高まります。

もちろん緑茶だけではなく、紅茶やはと麦茶、どくだみ茶など、それぞれの効能によってお好みで変更してもOK。日変わりでお茶風呂を楽しむのもおもしろそうですね。

はちみつ風呂で全身プルツヤになれる?

はちみつは、女性の間では定番の保湿剤になっていると思います。はちみつもお風呂にダイレクトに入れて、全身保湿のできる入浴剤としてしようすることができます。そのまま肌に塗っても刺激が薄いと言われていますよね(アレルギーパッチテストは必要です)。

量は、大さじ3杯程度でOK。あまりたくさん入れてしまうとベタベタしてしまいますし、髪の毛につくと面倒なことになりますので注意して下さいね。肌が柔らかくなるのをすぐに実感できると思いますよ。

柑橘系の果物は美容風呂に最適です!

冬至にはゆず湯に入って体を温めるという習慣がありますね。柑橘系の果物はゆずだけでなく、グレープフルーツやミカン、レモンなどが入浴剤として使用できます。

グレープフルーツの香りにはダイエット効果やリラックス効果が高いと言われています。また、レモンを使った美容法も最近注目されていますね。

レモンに含まれる漂白効果は肌を白く美しくしてくれるのです。肌の黒ずみや毛穴の汚れも、使用を続けることで目立ちにくくなっていきますよ。

また、ミカンを入れるときは乾燥させた皮のみを使用するようにしましょう。ミカンのお湯は保温効果が非常に高くなり、温まった体の温度が50分程度維持されるんです。ビタミンAやビタミンCには血行促進効果もあるので、肌にも体調にも効果抜群です。

試行錯誤で毎日のお風呂が楽しみになる!

いかがでしたか?低コストでもこんなにたくさんの効果を発揮するお風呂を楽しむことができます。好きなものをブレンドして、自分だけの入浴剤を作るのも楽しいですよね。

「今日は何を入れよう?」「今日は疲れているからコレを試してみようかな?」と考えるだけでも気分が上がります。案外、市販の入浴剤よりもはっきりした効果を実感できるかもしれません!

この記事をシェアする

関連記事